任意整理をするにあたってクレジットカードがある場合には特別な注意が必要なのでしょうか?任意整理後のクレジットカードを持つには?

このページでは任意整理とクレジットカードとの関係についてお伝えしたいと思います。

クレジットカードも任意整理ができる

銀行や消費者金融からの借り入れについて任意整理ができることはなんとなく想像できると思うのですが、クレジットカードでのショッピングをローンにした場合には任意整理できるのでしょうか?という質問を何度も受けたことがあります。

生活に窮すると、借り入れの限度額だけでは足りない場合がでてきます。

ショッピングローンというと車やブランド品や宝飾品などを創造する方も多いと思いますが、最近では枠があいているショッピング枠でコンビニやスーパーでの買い物をなんとかしているような場合も見受けられます。

中にはショッピング枠を利用して新幹線のチケットや家電等を買わせて換金する、いわゆるクレジット枠現金化業者などもよく見るようになります。

このようにショッピング枠での債務を負った場合であっても任意整理自体はすることができます。

ですのでクレジットカードで任意整理が難しくなったと感じる場合でも心配せずに弁護士・司法書士に相談するようにしましょう。

クレジットカードはいつまで使える?

では任意整理をする場合にクレジットカードはいつまで使えるのでしょうか。

クレジットカードの会社を任意整理の対象にしている場合

この場合には弁護士・司法書士の受任通知が信販会社に届いたときにもう使えなくなると考えておきましょう。

当然ですが任意整理をするのに与信を与えるはずがありません。

クレジットカードの会社を任意整理の対象としなかった場合

この場合任意整理をしたからといってすぐにクレジットカードが止まるわけではないようです。

信用情報に任意整理をした旨の記載(いわゆるブラックリスト)は当然に信販会社も見ております。

一番多いタイミングはクレジットカードの更新の時が多いようです。この時に信用情報を見てブラックリストに気づき、更新されないことがあるようです。

クレジットカードを任意整理する場合に気を付けなければならない点はあるのか?

銀行引き落としについて

クレジットカードを任意整理する場合には通常の銀行や消費者金融と違う配慮は必要なのでしょうか?

ほとんどの人がクレジットカードを利用する場合には、銀行や消費者金融へのATM等への返済とは異なり、銀行引き落としになっていると思われます。

任意整理をしたとしてもこの銀行引き落としのシステムはすぐにストップしない仕組みになっております。

ですので、当該銀行の預金残高を引き落としがかからないように預金を限りなく0円にしておく必要があります。

その銀行が電気・ガス・NHK等の公共料金の引き落とし口座になっている場合には、引き落とし日を確認しながらお金を出し入れする必要があります。

もし引きととされた場合には任意整理では「もったいない…」だけで済むのですが、借りに受任後に自己破産手続きに移ったような場合には、債務整理後の1社への返済ではなく、誤って引き落とされた旨の説明をする必要があります。

商品の引き上げについて

ブランドや宝飾品など高価なものが手元にある場合には、信販会社はその物を本人から引き揚げてお金にかえれ債務に充てることが契約上認められています。

高価なものがある場合には、お金がないからといって質屋にもっていくことは控えましょう。

任意整理後のクレジットカード利用について

クレジットカードの利用ができないと生活に不便をきたしますね。

よくある例としては、自動車に乗られる方がETCの利用をする場合に、クレジットカードがないと使えないであったり、インターネットでの買い物をよくされる方があてはまります。

任意整理をしている状況でインターネットショッピングに関しては賛否の声があるのですが、ETCの利用などは特にトラック運転手などの場合には不便になることは間違いないでしょう。

このような場合には、デポジット制のETCパーソナルカードの利用を検討してみましょう(詳細はこちら

また、私個人の話になるのですが、海外のサプリメントなど、VisaかMasterがないと買えないものは存在します。

そこで、こちらは銀行預金の残高から引いてくれるVisaデビットの利用を検討しましょう(詳細はこちら)

クレジットカード会社から過払い金はとれるのか?

クレジットカード会社から過払い金を取りたいという質問もまれに受けますが、クレジット契約単体では無理なのが現状です。

なぜならショッピングローンが利息制限法以上のものはまず無いと考えてよいからです。

ただし、クレジットカードの利用とともに、単純な貸し付けもついている場合にはそちらが過払いになっていて、払いすぎていた利息のほうが多い場合には過払い金の対象になりえます。

任意整理後いつになったら再度クレジット会社と契約できる?

信用情報機関への登録は任意整理の場合5年~7年とされております。

信用情報機関によって違うものの一番長いのは完済後からカウントするところがあるので基本的には完済から7年という風に考えておくとよいでしょう。

総額の返済に5年かかって7年後に借り入れができるとなると任意整理より自己破産・民事再生のほうが早い場合もありうるということです。

任意整理の信用情報が消えたら絶対にクレジットカードをもう一度使えるか?

任意整理が終わり信用情報の任意整理の情報が消えればクレジットカードはもう一度「絶対に」使えるのでしょうか?

これはその時のあなたの状態によります。

任意整理が終わると信用情報はどのようになっているかというと債務額がまったくないという状態になっています。

たとえば、30歳のときに任意整理をして、33歳で完済、7年たった40歳の人がクレジットの審査をするとしましょう。

普通の40歳といえば、クレジットカードの1つや2つ、住宅ローンなどを抱えているのが当たりまえのところ、信用情報が真っ白だ…という事態に審査の担当はあたるわけです。

そうすると過去に債務整理をしたことがあるのではないか?という判断をした場合に、クレジットの審査がおりないという可能性は十分にあります。

また、任意整理をした可能性に気づいたとしても、年収や勤続年数等を多少厳しくみる程度にとどまるところもありえますので、あとは本当に審査をする人の判断次第というのが正しいでしょう。

任意整理とクレジットカードのまとめ

いまや日常生活に密着しているクレジットカードと任意整理による影響についてお伝えさせていただきました。

ネットでお伝えできる情報には限りがあります。できれば気軽に下記の専門家に相談するなどしてください。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る