任意整理にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?自己破産・個人再生他の手続きと比較をするとよくわかりますので、比較しながら考えてみたいと思います。

債務整理手続きに共通するデメリット

債務整理手続をとると共通していわれるデメリットとしては、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうこと、通称「ブラックリスト」と呼ばれる状態になることです。

これにより、あらたに消費者金融で借り入れをするであるとか、クレジットカードの申し込みをするのに審査の段階でまずもって通らないという事になります。

その期間は任意整理で5年~7年、自己破産・個人再生で7年~10年といわれています。

これが顕著に困るという方は、私の経験からいうとほとんどが次の2つのシーンにあてはまる人だと思います。

1:自動車をローンで買いたいと思っている

車の調子がおかしいなど、近々ローンで自動車を買いたいと思っている方にとっては、ブラックリストで借りられないというのは困ったことになるでしょう。

特に、自動車がなければ不便な地域にお住まいの方にとっては生活の足がなくなることを意味します。

しかし、このデメリット次のように考えてみませんか?

今現在債務の支払いが苦しくなるくらい借り入れがあるということは、自動車ローンを組むともっと厳しい状態となります。

ならば一緒任意整理をして支払いの状態を楽にして、お金をためて一括で買えばいいのではないでしょうか?

2:住宅ローンを組みたいと考えている

信用情報期間に登録されて借り入れができないと考えている方のうち次に多いのが、住宅の購入を検討されている方が住宅ローンが組めなくなるというデメリットが困るということです。

多いのが家族に内緒で借金をしていて、家族はもう住宅ローンで家を買おうと考えているけど、本人は債務があるという場合です。

正直申し上げますと、このような場合頭金も用意できず、住宅ローンの審査も通らないという可能性が高いです。

はやく任意整理をして、借入額次第では自己破産をしてしまって、信用情報にのっている期間頭金をしっかり貯めるほうがよいのではないのかな?という提案をさせていただきます。

任意整理のメリット

ここからは任意整理自体のメリットを見てみましょう

メリット1:通常の返済よりも完済が早くなる。

通常の返済をしていると、利息制限法に基づいた利息を含めた支払いをしなければ完済までたどり着きません。

任意整理を利用すると、利息の支払いが免除されますので、完済にぐっと近づくことになります。

メリット2:そもそもの債務の総額が減る可能性がある

借り入れ期間が長い方にあてはまる傾向にあるのですが、利息制限法を超えて出資法の範囲内の利息で支払っていた時代がある方がいらっしゃいます。

この場合、利息制限法を超えて払っていた利息は違法となりますので、残っていた債務と相殺という形で差し引き計算が任意整理を利用するとされます。

その結果、債務が減額…場合によっては払いすぎていた利息のほうが多いという場合には過払い金として返還請求をできる場合が出てきます。

メリット3:借金の整理をする相手を選べる

自己破産・個人再生の手続きはすべての債権者を平等に扱わなければならず、そのため自動車ローンや住宅ローン・連帯保証人や不動産担保のついている借り入れなどの区別なく(個人再生の場合は住宅ローンを除くことができます)、手続きの対象としなければなりません。

これに対して任意整理は個別の債権者との和解です。

自動車を維持しなければならない、住宅ローンを維持しなければならない、自宅兼店舗を担保に入れておりこれを売却されてしまうと商売ができない…などの事由がある場合には任意整理は利用しやすい手続きです。

任意整理のデメリット

これに対して任意整理にはデメリットも存在します。

デメリット1:大幅な借金の減額は見込めない

自己破産は税金等一部の債権を除く全額が免除、民事再生手続きは債務額によりますが、約1/5程度に減額をして支払う手続きです。

これに対して任意整理の場合は、利息制限法以上に借り入れをしていた場合に減額があるだけで、借り入れが浅いなどで利息制限法以上の借り入れをしていない場合には、ほとんど元金の金額そのまま支払いをしなければなりません。

この部分が自己破産・個人再生と比べた場合のデメリットになりえます。

デメリット2:あくまで和解なので貸金業者の態度次第

任意整理は、貸金業者との和解です。法律で元金を分割して払うように強制的にする手続きではありません。

任意整理に応じる・応じない、また応じるとしてどのような形で和解をするか?という事は貸金業者の判断の部分があります。

ですので、任意整理をしたいと思っていても本当に任意整理ができるのかを依頼をする事前に無料相談等で聞いてみることは必須だといえるでしょう。

デメリット3:140万円を超えると司法書士は扱えない

司法書士の代理権は限られています。140万円以下の簡易裁判所で扱える案件しか扱えないのでこれを超える場合の取り扱いは弁護士しかできないということになります。

任意整理のメリット・デメリットまとめ

このページでは任意整理のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

認識しておいてほしいのは、今どこからいくらどれくらいの期間借りているか?人によって任意整理が向いている、使えるなど異なってくることです。

債務整理の相談は無料で行うことが可能です。ですので、自分にはどの手続きが向いているのか?ということをストレートに聞いてみることは借金問題の解決に一番近いといえます。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士



おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る