任意整理にはどのような費用がかかってくるのでしょうか、他の借金整理の方法と比べながらお伝えします。

まず司法書士や弁護士に任意整理の依頼をするとかかる費用を知る

どのような債務整理方法をとるにしても弁護士・司法書士にまかせる以上報酬が発生します。

弁護士・司法書士の報酬には次のように分かれます

相談料

一般的な法律事務所ですと、30分5000円程度の相談料が発生することが多いです。

しかし、任意整理を得意としている事務所は相談者がおかれている状況をよくわかっているため、無料としているところが多いです。

このページの末尾にお勧めの弁護士・司法書士の事務所をご紹介していますが、そちらは任意整理の相談料は無料のところばかりです。

着手金

任意整理に着手することによって発生する報酬の事をいいます。

任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理手続きにおいては、依頼者はお金のないことが多いので、多くの事務所では着手金はとらないであったり、分割してもらうという措置をとっていることが多いです。

成功報酬

任意整理に成功したことによって発生する報酬のことをいいます。

たとえば、500万円の借金が弁護士・司法書士が和解で400万円に減った場合を想定してみてください。

100万円は弁護士・司法書士の努力によって減っているので、その100万円に対して何パーセントかの報酬が発生します。

200万円の借金が調査の結果100万円の払い過ぎであったとわかって、過払い金の返還請求を行った場合には、減額に成功した分よりも多くの報酬が発生します。

これは過払い金返還請求のほうが難しいから、という理由です。

実費

依頼者との連絡・債権者への通知などにかかる郵送代等がかかる事務所もあります。

債務整理に慣れている事務所は多くの依頼者の通知を一斉に行うことが多いので、実費はとらないという対応をしているところが多いです。

自己破産や個人再生と違って任意整理は費用が少ない

自己破産や個人再生においては、裁判所への申立を行うことから、印紙代が発生したりします。

また自己破産でも少額管財という手続きを利用する場合や個人再生手続きを利用する場合には、破産管財人・再生委員という人への報酬が発生するため、費用が多くかかります。

裁判所への申立書類の作成などの手間がかかるため、弁護士・司法書士の報酬も多くかかります。

これに対して任意整理は債務の調査・貸金業者との交渉のみなので、印紙代などの実費がかかりません。

また手続きも自己破産・個人再生より簡易な手続きになるので、手間がかかりません。ですので報酬が安いのです。

任意整理の費用の支払い方法

事務所によって運用が違うと思うのですが、以下の2つに分かれるでしょう。

任意整理と並行して支払う

受任してすぐに業者と和解をし、業者への返済と同時に報酬の入金を平行して行う方法があります。

報酬を先に分割して支払う

任意整理を受任してから分割して報酬を受け取って、その報酬を全額受領してから業者との和解を行う方法です。ほとんどの事務所がこちらの方法をとると思われます。

ただし債務の状況や取り立て方法が強硬な貸金業者がいる場合には、先にその業者だけを和解してしまって平行的に支払うこともあるようです。

実際任意整理ってどれくらいの費用になるの?

弁護士報酬は自由化されており、いくらにするかは基本的には事務所の方針によります。

しかし弁護士・司法書士の債務整理案件についての報酬については指針が示されており、ほとんどの事務所がそれに従った形で支払いをしています(弁護士について司法書士について)。

これによると、相場は和解相手1社につきだいたい2万~5万円が相場ということになるでしょう。

任意整理の費用が払えない

任意整理の費用が払えないが任意整理で借金を楽にしたい、と感じている方は法テラスの利用も考えられます。

弁護士・司法書士に問い合わせをする際に法テラスの利用を打診してみましょう。

しかし、任意整理の費用も払えない状況であるならば、和解後の支払いもかなり難しいのではないでしょうか?

しっかり相談して、自己破産・個人再生の利用も考えておきましょう。

まとめ

このページでは、任意整理における弁護士費用をまとめてお伝えしました。

肝心の「私の場合、結局いくらかかるの?」ということについてははっきり申し上げて「事務所によって異なるので聞くのが早い」ということになります。

下記に債務整理を得意にしている事務所を挙げておきますので、任意整理の費用についてだけでも問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る