Q:

私は正社員ではなくアルバイトとして勤務しており、今借金に悩んでいます。なんとか支払いたいので、任意整理を希望しているのですが、アルバイトでも任意整理はできますか?

A:

任意整理においてアルバイトやパートでも可能です。弁護士・司法書士の事務所に相談をしてください。

結論からいうとアルバイト・パートでも任意整理という方法は可能

そもそも債務整理手続き(任意整理・自己破産・民事再生)に言えることなのですが、正社員として収入を得ていなければならないとする法律はどこにもありません。

任意整理手続きは法律上は民法の和解契約というものを結ぶ手続きです。弁護士や司法書士があなたに代理してローン会社やカード会社債権者と減額交渉してくれるものです。

和解契約の条件にアルバイト・パートであってはいけないとする法律はありません。

気を付けなければならないのは、任意整理は返済を続ける手続きであること

気を付けなければならないのは任意整理は返済を続けることを前提とする手続きになります。

債務の総額が確定した場合にのこった債務を弁済できないほどの収入しかない場合には正社員でも任意整理はできません。

この場合には自己破産や個人再生の利用を検討することになります。

アルバイト・パートが任意整理において気を付けるべき点

アルバイト・パートでも任意整理はできるのですが、気を付けるべき情報が一つだけあります。

それは、収入の見積もりをなるべく低いところでしておくべきという事です。

Aさんのケース

Aさんはアルバイトとして事務職で勤務をしていましたが、多重債務に悩んでいました。

そこでAさんは弁護士に相談してみたのですがその時に先月の収入で支払える額を根拠にギリギリ任意整理できそうなので依頼をしました。

しかし、支払える根拠となった月は休みが少ない月だったので、年末年始やゴールデンウイークなど、収入が少なくなってしまう月には約定通りの支払いができませんでした。

Aさんは内緒にしていた家族に相談し、収入が少ない月は補ってもらってなんとか任意整理を完済できました。

アルバイト・パートの収入の捉え方には注意

たとえば、Aさんの事例のように年末年始や夏休み、GWやシルバーウィークといった休みがあるときに収入が減ってしまうような職業についている場合には注意が必要です。

任意整理においては、月々いくら支払えるかということを確認した上で任意整理をします。

そして任意整理をして和解を組んだのちはその毎月の支払いを継続する必要があります。

正社員のように毎月決まった給料をもらっているならこの辺の計算もしやすいのですが、時給や日給で働いているアルバイト・パートの場合、休みが増える月には収入が減るということを忘れがちです。

任意整理においては通常2か月支払いが遅れると一括請求の対象となってしまいます。

収入がいいときを基準にぎりぎりの和解案を組んでしまうと、下手すると年末と年始の休みで収入が下がってしまい、2ヶ月払えないという事態にもアルバイト・パートの場合にはなりかねないのです。

まずは相談してみることが重要

そもそもあなたの債務がいくらなのか、弁護士や司法書士に無料の相談をしてみると、借り入れ期間が長いような場合には、過払い請求ができる場合もあるかもしれません。

そのような場合には過払い金の中から弁護士・司法書士費用をもらうという場合も出てくるでしょう。

まずは弁護士・司法書士に無料相談をしてみることが重要です。

世の中には様々な体験談がありますが、あなたの場合に当てはまるかはわかりません。あなたの状況にあった解決策の提案を受けることも必要なことになります。

闇金融からの借入にお困りの方はこちら


天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る