任意整理をして一括返済をすることについて、どのような場合が想定されるか?意味があるのか?などについてお伝えします。

任意整理の条件として一括返済するメリットはあるか?

このページの管理人が実際に見た案件ですと、借金自体は債務整理するが親が一括して支払う、妻に内緒で借金していた夫が妻が貯めていたお金で一括して支払う、というようなケースです。

このような場合にメリットがあるのでしょうか?

元金の減額は見込めない

昔は一括返済をすれば元金の減額を認めてもらえる業者もありましたが、最近では元金を減らしてくれる業者はほとんどいません。

ですので、「一括返済する資金を用意するから元金を減らしてください」という方向性での一括返済には意味がないと考えましょう。

短期分割・将来利息・遅延損害金の主張をされている場合

借入の期間の浅いなどで、短期の分割・将来利息・遅延損害金の一部を認めるように迫られている場合に、一括弁済をするのでこれらの主張をしないでくださいという交渉には効果があります。

交渉が難しい債権者が居るような場合には一括弁済もやむをえない場合が出てきますので、こういう場合に一括弁済できる原資があるのであれば積極的にするとよいでしょう。

任意整理後の一括弁済

任意整理後に一括弁済できるような資金ができた場合にメリットはあるのでしょうか?

和解した内容は覆せない

一括弁済できる資金ができたので任意整理の内容より軽くしてほしいという交渉は通常通らないことが予想されます。

このような方向性では無意味と考えてください

信用情報登録期間を短くしたい

信用情報機関によっては「任意整理の返済が終わってから〇年」としているところもあります。

はやく信用情報の回復をしたいのであれば一括返済も有効であると考えられますので、このような場合には意味があるでしょう。

この意味では、繰り上げ返済を積極的にすることにも意味があるといえるでしょう。

任意整理の一括返済のまとめ

このページでは、任意整理の前後で一括返済ができる事情がある場合にどのような影響があるかについてお伝えさせていただきました。

結論としては、交渉が多少有利に進むのと信用情報登録(いわゆるブラックリスト)の期間が短くなる程度なので、住宅ローンや自動車のローンを早く組めるようにしたいなどの事情がない限り無理をして一括弁済はしなくてもよいということになります。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る