任意整理を弁護士・司法書士におまかせする…するとどのような流れで結論として何をしてくれるようになるか?ということをこのページで把握していってくださいね

任意整理で弁護士・司法書士は何をするか

任意整理とは、業者と債務の再計算をして、残った金額について和解をすること、ということになります。

弁護士はこの代理人として、銀行や消費者金融と交渉をしてくれることになります。

弁護士が任意整理をする流れ

では任意整理が終わるまで、債務者・法律事務所・貸金業者等が何をするかの流れをみてみましょう

受任通知の発送(弁護士)

弁護士は任意整理を引き受けると、受任通知というものを貸金業者に発送します。

これが届くと、貸金業者は債権者に直接取り立てをすることが原則できなくなります。

取引履歴の開示(貸金業者)

前述の受任通知には今までの取引履歴の開示を要求する文言がかいてありますので、これに応じて貸金業者は取引履歴を開示します。

開示は義務なのですが、ごくまれに「自社まで訪問してくれば開示する」といった困った業者もいます。

利息制限法に基づく引き直し計算(弁護士)

取引履歴をもとに利息制限法に基づく引き直し計算という作業を弁護士側でおこないます。ここで計算された元金が和解の基準になるので間違えられない重要な作業になります。

和解案の作成

すべての利息制限法に基づく引き直し計算が終わると、弁護士はどの債権者とどのように和解をするかの案を作ります。

弁護士によっては事務所に来所してもらったり、パラリーガルと呼ばれる事務員さんが依頼者と電話をしたりして、方針の最終確定をします。

和解交渉

任意整理案を貸金業者に提案します。通常は書面で行います。

貸金業者の返答

貸金業者はこれに応じるかどうかを法律事務所に返答をします。

合意

弁済開始月、月々の支払額等の条件がととのえば、弁護士は債務者の代理人として債権者と和解契約を結びます。ごくまれに契約書の名前が準消費貸借契約書となる業者もいます。

弁済月からの弁済開始

和解書の内容を履行してゆきます。

弁済代行という弁護士事務所がとりまとめて弁済をしている場合には依頼者は弁護士・司法書士に支払いをします。これを確認して弁護士・司法書士は業者に対する支払いを行います。

弁済代行をおこなっていない場合には、各債権者に毎月きまった日付までに支払うこととなります。

任意整理で弁護士が何をしてくれるかのまとめ

このページでは、弁護士・司法書士が依頼者の依頼に応じてどんなことをしてくれるかをお伝えいたしました。

これは典型的なケースがすんなり通った場合です。あなたのケースではどうなるか?ということは、弁護士・司法書士に相談してみてください。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい