Q:

私は借金をしています。もう払えないので任意整理をしようと考えていますが、貸金業者から嫌がらせを受けるようなことはないでしょうか

A:

相手が通常の貸金業者であれば、嫌がらせをするようなことはありません。ただしヤミ金融に借りたような場合には別だと思ってください。

貸金業者ができることは貸金業法に定められている

任意整理をすると貸金業者は貸金業法21条で、取り立てのために出来る行為が限られており、それに対しては罰則をもって禁止をされています。

貸金業者はお金を貸して金利を取ることが仕事であり、その仕事をする以上、一定程度債務整理をする人が出てくるのを想定して営業しています(企業会計上は貸倒引当金というものを入れていて、損失のためにお金をプールしているのです)。

さらに、あなた一人に嫌がらせをしたところで、貸金業者には営業停止や刑罰を受けるリスクをおかしたりしません。

任意整理をすれば淡々と事務処理をするにとどまるのです。

ですので、嫌がらせなどはまずないと考えてください。

ただし、ヤミ金融との任意整理は話が別

もし債権者の中にヤミ金融が居るような場合は話が別になってきます。

彼らは貸金業法の枠にとらわれずに嫌がらせをすることで精神的に追い詰めて返済を迫るものです。

ヤミ金融には1円も払う必要がない

ちなみに出資法を超える利息を取っている業者は違法であるので、利息はもちろん元金も返済しなくてよいという最高裁判例があります。

とはいえ、それは法律の枠の話であって、法律など関係ないヤミ金融は次のような嫌がらせをしてきます。

ヤミ金融は任意整理をするとこんな嫌がらせをしてくる

ヤミ金融は任意整理をすると次のような嫌がらせに出ます。

  • ピザ・寿司・デリバリーヘルスなどを呼ぶこと
  • 警察や消防に通報する
  • 勤務先や親兄弟など知れている連絡先に督促をする
  • 延々とFAXを送りつづける

とはいえ、ヤミ金融も逮捕されては終わりですので、やる事といえば上記のように違法に手に入れた携帯電話でできることに限られてきます。

ですので下記のような事はありません。

  • 家に乗り込んでくる
  • 職場に直接乗り込んでくる
  • 暴力を振るわれる
  • 刃物をもって脅される

ヤミ金融からの督促についてはヤミ金融に強い事務所に依頼する

ヤミ金融からの督促についてはヤミ金融の督促の仕方、それの止め方を知っている必要があり、通常の任意整理とは異なるものです。また、個人では嫌がらせを止めるのはほぼ無理といっても過言ではありません。

彼らには彼らで、違法営業をするために必要な口座や携帯を止めらるることを恐れて、ヤミ金融専門の弁護士・司法書士はその事を逆手にとって嫌がらせをさせないように巧みに任意整理の交渉をすすめます。

ですので、この場合には通常の債務整理ではなく、ヤミ金融に強い任意整理をしている事務所に依頼をする必要があります。

こちらに相談をすることをお勧めいたします。

まとめ

任意整理に対して嫌がらせがあるのか?という事についてお伝えしました。

ヤミ金融でない限り任意整理をしても嫌がらせはないことについて知識をつけていただいた上で、もしヤミ金融かどうかわからない場合には、ヤミ金融にも強い上記のサルート法律事務所に依頼するのがよいでしょう。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る