任意整理後にもお金の工面の必要があり新たな借入を考える場合があると思います。可能なのでしょうか?もし可能だとしていつから可能なのでしょうか?

任意整理後の返済期間中の借入

任意整理後、和解案にそって支払いをしている最中の新たな借入はできるでしょうか?

これは無理だと思ったほうがいいでしょう。なぜなら、返済がおわるまで任意整理中であることを記載する信用情報機関があるため、また常識的に考えて借金が払えなくなって返している最中の人に貸す業者はないからです。

任意整理後完済後の借入

いくつかの業者でできたという経験があります。

任意整理後完済をしても5年~7年は信用情報機関に情報がのこっています。

しかし、信用情報機関に事故情報があるのは(いわゆるブラックリスト)あくまで判断材料の1つにすぎません(かなり大きな要素ではありますが)

収入や勤続年数、支出の状況などで自己判断で貸す業者を多少見たことがあります。

ブラックリスト中にもかかわらず、借り入れをして再度債務整理に訪れた方を事務員として見たことがあるのです。

とはいえ、ほとんどの場合には貸してくれませんので、まず新たな借入はできないと考えておきましょう。

信用情報に登録されている期間経過後の新たな借入

この場合、信用情報がない以上借りることはできる状態にはなっているでしょう。

しかし、信用情報が真っ白という状態なのは、債務整理をしたからではないか?と与信の担当者が判断することもあるようです。

つまり、大人になればクレジットカードや住宅ローン、自動車ローンなどで多少の信用情報の登録があるはずなのに、それが一件もないのはかえってあやしいと感じる与信の担当にあたってしまうと、新たな借入が難しい場合があります。

また、その時の収入・支出・勤務先などの状態次第では普通に与信に落ちることも考えられます。

債務整理後の新たな借入についてのまとめ

債務整理後の新たな借入についてお伝えいたしました。貸すかどうかの判断は貸金業者の裁量になります。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい