任意整理後にもお金の工面の必要があり新たな借入を考える場合があると思います。可能なのでしょうか?もし可能だとしていつから可能なのでしょうか?

任意整理後の返済期間中の借入

任意整理後、和解案にそって支払いをしている最中の新たな借入はできるでしょうか?

これは無理だと思ったほうがいいでしょう。なぜなら、返済がおわるまで任意整理中であることを記載する信用情報機関があるため、また常識的に考えて借金が払えなくなって返している最中の人に貸す業者はないからです。

任意整理後完済後の借入

いくつかの業者でできたという経験があります。

任意整理後完済をしても5年~7年は信用情報機関に情報がのこっています。

しかし、信用情報機関に事故情報があるのは(いわゆるブラックリスト)あくまで判断材料の1つにすぎません(かなり大きな要素ではありますが)

収入や勤続年数、支出の状況などで自己判断で貸す業者を多少見たことがあります。

ブラックリスト中にもかかわらず、借り入れをして再度債務整理に訪れた方を事務員として見たことがあるのです。

とはいえ、ほとんどの場合には貸してくれませんので、まず新たな借入はできないと考えておきましょう。

信用情報に登録されている期間経過後の新たな借入

この場合、信用情報がない以上借りることはできる状態にはなっているでしょう。

しかし、信用情報が真っ白という状態なのは、債務整理をしたからではないか?と与信の担当者が判断することもあるようです。

つまり、大人になればクレジットカードや住宅ローン、自動車ローンなどで多少の信用情報の登録があるはずなのに、それが一件もないのはかえってあやしいと感じる与信の担当にあたってしまうと、新たな借入が難しい場合があります。

また、その時の収入・支出・勤務先などの状態次第では普通に与信に落ちることも考えられます。

債務整理後の新たな借入についてのまとめ

債務整理後の新たな借入についてお伝えいたしました。貸すかどうかの判断は貸金業者の裁量になります。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る