任意整理の弁護士・司法書士費用について後払いとすることができるのでしょうか?

[

まずは任意整理の費用について知る

まずは任意整理の費用について知ってください。

相談料

弁護士・司法書士に相談をすると相談料として30分5000円程度の費用がかかってくるのが通常です。

しかしながら、債務整理など任意整理や自己破産・個人再生の状況に陥っている債務者にとって、この金額も重くのしかかってくることを弁護士・司法書士は知っています。

手続きに慣れている弁護士・司法書士であれば相談料はとらないです。こちらに照会している弁護士・司法書士はこの相談料は後払いどころかとらないです。

着手金

一番問題になるのは、この着手金を後払いや分割払いにしてもらえるかです。

弁護士・司法書士に何かを依頼する場合に事件に着手してもらうだけで着手金という費用の発生があります。

通常これも一括して払うことが従来の慣例でしたが、任意整理に慣れている弁護士・司法書士であれば、この金額を払うことも難しいことは知っています。

分割払いや後払いにしてくれるかどうか交渉の余地があるのでぜひこちらのページから相談をしてみてください。

成功報酬

任意整理では、請求されていた額から減額に成功した場合、減額した額により10%程度の成功報酬が発生するところが多いです(ないところもあります。)

これを任意整理が終わった後払いとすると、3年後とかになるのでさすがにこれは厳しいでしょう。任意整理と並行して支払うことになります。

その他の金銭について

通常の弁護士であれば、連絡のための郵送切手代、内容証明を利用したような場合は内容証明費用などを後払いですが請求します。

債務整理・任意整理に慣れている事務所であればかえって事務が煩雑になるだけなので請求しないところのほうがおおいです。

任整理費用後払いのまとめ

どうしても弁護士・司法書士に支払う費用については気になるところです。

このサイトでご紹介している弁護士・司法書士に関しては、費用について柔軟に対応してくれるので、相談してみましょう。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る