任意整理をするにあたって、気になるのは「家族に影響があるか?」という事と「家族にバレてしまわないか?」という家族との関係についての悩みをよく伺います。

このページではこの2つの問題について掘り下げてみますのでお付き合いください。

任意整理をすることによって家族にバレてしまわないか

まず一番多い質問なのですが、任意整理をすることによって家族にバレてしまわないか?という質問にお答えします。

この質問に対して言えるのは、「100%の保証はないが、個人再生や自己破産の裁判所を通した手続きよりかはバレにくい」ということと「債務整理に特化している事務所ではバレない工夫をいくつも持っている」ということです。

個人再生や自己破産ではどうして家族にバレやすいか

個人再生や自己破産はどうして家族にバレやすいのでしょうか?

官報による影響はまずありませんのでこの点は安心したほうがよいようです。官報とは国が発行している新聞で、自己破産や個人再生を利用したことを伝えるものですが、その官報を読んでいる人はほとんどいないからです。

いちばんバレてしまうポイントとしては、やはり裁判所からの郵送物が届くことでしょうか。びっくりした家族が中を開けてみてしまうということが考えられます。

また、自己破産の少額管財の手続き利用になると、手続きの進行期間中郵送物が破産管財人に転送され、その破産管財人から自宅にどっさりと届けられるため、ほぼわかってしまいます。

任意整理では通常裁判所を利用しないのでわからない

任意整理手続きの利用は債権者と債務者(これを代理する弁護士・司法書士)の間の和解です。裁判所から自宅に郵送物が届くことは後述するケースを除いてはありません。ですので、家族にバレない工夫をすれば、バレづらいのです。

どのような工夫をするかというと、弁護士の名前や担当している事務員の個人名で送付することが一つ挙げられます。

私が債務整理事務員をやっていたときに、弁護士の個人名で送付して家族がその名前を検索したところ弁護士であったため中をあけたケースがありました。

私が担当している案件については私個人の名前で郵送していたので、家族にバレたのは、勝手に開けられた1件だけでした。

また郵送を局留め・会社への郵送にする、親元に郵送してもらって妻に内緒にするなどの工夫も弁護士・司法書士にたのめばできる可能性はありますね。

任意整理でも次のような場合には家族にバレてしまうのはこんな場合

以上のような工夫をしていてもどうしてもバレてしまうケースはでてくるものです。

家族が勝手に郵送物を開けてしまう

弁護士・司法書士や担当している事務員の個人名で送付をしても家族が勝手に郵送物を開けてしまうようなケースでは対応のしようがありませんので、会社・局留め等の措置が必要です。

委任契約書や和解契約書を見られた

弁護士・司法書士と結んだ委任契約書や、貸金業者と結んだ和解契約書を見られてしまったような場合にもバレてしまいますね。保管場所をしっかりと検討しましょう。

貸金業者から訴訟を提起される

債務整理を依頼してから長く和解ができない(たとえば依頼者が無職になってしまって支払いができないため手続きをとめている)場合や、貸金業者の債務整理に対する姿勢が強硬的で訴訟を辞さないような場合には裁判所からの特別送達郵便が自宅にいきますので、それを家族が見てわかってしまうケースがあります。

以上のような場合を避ければ、家族にバレることなくできるのですが、できれば支払いに家族の協力が得られるのは心強いので任意整理でも家族に正直に話しておくことはよいことだと、このページの筆者は思っています。

任意整理で家族への影響はあるのか

さて、次は任意整理をすると家族への影響があるのかどうかを検討します。

任意整理によって家族に支払い義務が影響するか

本人が任意整理をすることで、家族が支払いの義務を負うようなことは、連帯保証人になっていない限りありません。

任意整理に失敗したときに家族に影響は及びますか

任意整理に失敗したとき…というのを業者との和解後に月々の支払いが払えなくなったような場合を仮定します。

たとえば自動車や住宅などがある場合に、自己破産手続きや、それに先立つ任意売却手続きなどで売却した場合には車が引き上げられたリ、住宅から転居しなければならないという影響が生じます。

安易な任意整理の選択で失敗をしてしまわないように、専門的な弁護士・司法書士としっかり話し合う必要があるでしょう。

任意整理によって家族の信用情報に影響があるか

任意整理をすると信用情報に債務整理をした旨の記載がされます(通称:ブラックリスト)が、これは本人のみへの影響で、家族には影響は及びません。

ですので、父親が任意整理をしたからと言って、母や子の信用情報に影響するようなことはありませんa

任意整理をしたことによって結婚できなくなる影響はありますか?

任意整理をしたことによって結婚ができないという法律はありません。ただ親が探偵をつけて債務整理をしていないか調べるようなことをするとどうなるかはわかりませんが…。

任意整理をすると資格のある職業に影響はありますか?家族にそれが及びますか?

ありません。自己破産の場合には警備員や宅建のような資格を有している人に影響が及ぶこともありますが、任意整理にはありません。当然家族も資格をもっていても関係なくその職業につくことができます。

住宅ローンを妻を主債務にして組むことに影響はしますか?

任意整理をした場合には主債務者や連帯保証人になることはできませんが、主債務者や連帯保証人になる人が債務整理をしている、延滞をしている等の事情がなければ問題なくできます。

任意整理によって子供が進学できなくなるような影響はありませんか?

子供の進学にあたって、親の信用情報を見ることはありませんので、進学に影響することはありません。

任意整理によって奨学金が受けられないような場合がありますか?

奨学金を受け取るにあたっては連帯保証人が必要になります。このとき、任意整理をしたことによって信用情報にのっているので、連帯保証人にはなれません。ですので他の人が連帯保証人になってもらう必要があります。

任意整理で払っていく債務がある場合、私が無くなったら家族に影響しますか?

家族は資産も相続するかわりに債務も同時に相続します。

たとえば、住宅ローンをまもるために任意整理をしたとして、その方が無くなったと仮定します。

住宅ローンは通常であれば団体信用生命保険に入っていることが想定されるので無くなるのでしょうが、任意整理で残った債務が無くなるということはありません。

この場合、住宅を維持するためには債務も一緒に相続しないとならないという事になります。

しかし、相続するようなプラスの資産がない場合には、相続放棄という手続きを利用することで、債務から逃れることができます。

相続放棄は裁判所を利用してする、「相続人ではなかったことにする」手続きになるので、弁護士や司法書士に依頼したり、比較的簡単な手続きなので自分たちでやってしまうことも多いです。

まとめ

このページでは、任意整理をすることで家族との関係で、1.バレてしまうのか?ということと2.どんな影響があるのか?ということについて、私が事務員であったときにあった質問を思い返しながら、すこしバラバラと雑多に並べてみた形になります。

家族にバレてしまいやすいシチュエーションの債務整理・任意整理なのか?あるいは家族にどんな影響が及ぶのか?ということについては、その人がどんな心配をしているか、どんな家族構成、財産構成をしているか、どんな場所に勤務しているかによって異なります。

ですので、これについては端的にホームページで情報を集めるよりも、さっさと相談をしてしまうことが重要なのです。

下記リンクより専門的に取り扱っている弁護士・司法書士を紹介しておりますので、参考にして相談してください。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る