債務整理手続きの一つとして「任意整理」と「過払い金請求」というものがよく宣伝されているのですが、その違いは何なのでしょうか?という質問もよく受けますので知っておいてください。

任意整理と過払い金請求は何が違うのか?

弁護士・司法書士は、任意整理・過払い金請求の受任をすると何をするのか?という観点からお伝えしようと思います。

両手続きともに、債権者に対して受任通知という、依頼をうけた旨の通知を発送します。

この書面には、取引履歴をすみやかに開示することが内容として含まれています。

ですので、貸金業者はこの書面を受け取ったことにより取引履歴の開示を書面でします。

その書面の内容は、何年・何月・何日にいくら借りた・返したという事実が取引の最初から最後まで記載されたものを送ります。

取引が古いものになると残っていない場合もあります。

この取引履歴をもとに、利息制限法で払っていた場合には、今債権債務関係はどのようになっているのか?ということを確定します。

この結果債務が残っていれば、残った債務の支払いについて貸金業者と交渉をし、和解をして支払いをします。この手続きのことを任意整理と呼んでいます。

これに対して、利息制限法以上の利息を受け取っていたために計算をすると払いすぎていた利息のほうが多い場合には、払いすぎていた利息について交渉し、和解あるいは裁判をおこしたりします。

この手続きのことを「過払い金請求」と呼んでいます。

つまりは、やってることはほぼかわらず、取引履歴の計算の結果として残高があるのか、払いすぎていたのか?という結果によって手続きの名前が変わります。

実例を見てみましょう

文字ばかりで頭が痛くなってしまった方も多いと思いますので、ここで3つの実例でその違いを見てみたいと思います。

ケース1:任意整理

甲さんは3社にそれぞれA社100万・B社50万・C社30万の借入を15年にもわたってしていました。

返済が苦しくなったAさんは債務整理を弁護士・司法書士に依頼をしたとします。

開示された取引履歴の計算の結果、A社に40万円、B社に30万円、C社に20万円の残額が残っていた計算になりました。

この場合の手続きは任意整理となります。

ケース2:任意整理の調査の結果過払い金請求になる場合

乙さんは、消費者金融A社に200万円の借入を25年にわたってつづけていました。

過払い金請求について知った乙さんは、早速弁護士・司法書士に相談して依頼します。

その結果、乙さんは払いすぎていた利息のほうが多く、150万円を返してもらえることが判明しました。

この場合には、なんと呼ぶかは別として、依頼時には任意整理で受任をして、結果過払い金請求をすることになったということになりますね。

ケース3:完済後の過払い金請求をする場合

丙さんは、消費者金融D社に20年前から借り入れをしてきましたが、子供が独立して返済できる金額が増えたので頑張って支払ってしまって完済しました。

テレビやラジオで過払い金のことを耳にした丙さんは、弁護士・司法書士に相談をしてみようと思い相談すると、お金を返してもらえる可能性があるとのことで過払い金請求を依頼します。

この場合の丙さんの債務整理は「過払い金請求」といいます。

任意整理になるか過払い金請求になるかは計算してみないとわからない

たとえば借り入れ期間が15年あります!という人の債務整理をしてみたところ、途中で3年間取引をしていなかった時期があったということが判明しました。

この場合、3年の分断前の過払い金請求については発生から10年が経過しているような場合には時効の主張がされてしまいます。

結局、任意整理になるか、過払い金請求になるかは、計算してみないとわからないという事が正しいようです。

とりあえず払いすぎていた利息だけ返してくれというのはダメ

たまに頭が回る人が質問してくるのですが、払いすぎていた過払い金部分と、今残っている残高とを分けて、払いすぎていた過払い金の部分だけを返してもらって、残高についてはおいおい払っていくなりなんとかしていきたい!という主張をされる方がいらっしゃいますが、それはできないので気を付けましょう。

まとめ

このページにたどりついてきてくれた方は、「任意整理」と「過払い金請求」って何が違うんだろうか?という形でたどり着いてきてくれていると推察します。

結局なのですが、どっちであろうと、あなたが何をしたいか?ということと何ができるのか?という事は専門家である弁護士・司法書士と相談するのが一番なのです。

下記リンク先では債務整理の得意な弁護士司法書士がお待ちしておりますので、ぜひ相談をなさってください。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい