「任意整理を利用したいけれどお金がない」場合にはどのような対処法があるのでしょうか?「お金がない」というシチュエーションごとに一緒に考えていきませんか?

今手元に任意整理にまわすためのお金がない場合

まずは、「任意整理をしたいが手元に余剰になるようなお金がない」という場合について考えてみましょう。

手元に相談するためのお金がない場合は無料相談を受ける

まずは、任意整理も相談をするところからはじまりますね。ですのでまずは弁護士・司法書士に対する任意整理の相談費用を工面する必要があり…ません実は。

普通の弁護士・司法書士であれば通常30分5000円程度の相談料がかかってくることが多いのです。

しかし、任意整理や自己破産・民事再生などの債務整理を得意とする弁護士であれば、多重債務に悩む相談者の状況をよく知っています。

そこで、相談費用は無料としているところが通常です。

確かに、法テラス・弁護士会の無料相談・市区町村の無料相談もありますが、最後は「弁護士・司法書士に依頼をしましょう」という結論になるので、最初から任意整理に長けている事務所に相談するのがよいでしょう。

任意整理に長けている弁護士・司法書士はこちらから

着手金の支払いができない

相談料は無料のところが多いことはわかったとしても、着手金としてはらうお金がない場合にはどのようにすればよいでしょうか。

着手金とは、弁護士・司法書士が案件に着手する場合の費用の事をいい、どんな弁護士・司法書士でもかかってくるのが通常です。

しかし、こちらも任意整理を専門としている弁護士・司法書士ならば、払える状況にないことは重々承知しているので、分割をしてくれているのが現状です。

まずは無料の相談の時に手元にお金がないことをしっかり説明をしましょう。

任意整理後の和解金を払っていくお金がない

相談時や依頼後に事故や病気などで無職になったなどして支払うためのお金がない場合にはどのようにしたらよいでしょうか。

任意整理時までに収入が戻る見込みがある場合

任意整理時までに収入が戻る見込みがある場合には、実際の和解までの間弁護士・司法書士に時間を稼いでもらうしかありません。

この場合、貸金業者から訴訟をされる可能性や、遅延損害金の負担を主張される可能性があることに注意をしましょう。

任意整理時までに収入が戻る見込みがない場合

この場合には、任意整理手続きは利用できません。

収入が減っていて、1/5程度に減らした金額だったら負担できそうならば、個人再生手続きの利用を検討しましょう。

収入が減っていて個人再生でも払えそうにない、そもそも収入がなくなってしまったという場合には、自己破産手続きの利用をしていくことになります。

いずれにしてもそれまでの債務の支払いの流れであったり、現状を踏まえた上での対応になるので、弁護士・司法書士とよく相談する必要があります。

まとめ

このページでは任意整理をしたいがお金がないという場合についての対処法をお金がないシチュエーション毎に検討してお伝えしました。

どのようなシチュエーションにおいても任意整理は3年~5年は「支払っていく」という手続きです。

にもかかわらずお金がないという状況にあるのであれば、任意整理は厳しい状況となります。

それでも任意整理できちんと支払いたいというのであれば、任意整理をしっかりしっている弁護士・司法書士の利用は必須です。

下記のリンク先に任意整理に詳しい弁護士・司法書士をご紹介しておりますので、ぜひ相談してください。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る