だれだって家族や会社に内緒にしながら債務整理ができればよいですね。そこでよくある質問として「私は会社員なのですが任意整理をすると家族や会社にバレますか?」という質問に対して、他の手続きもあわせてお伝えしましょう。

結論から言うと任意整理は家族・会社にバレにくい

家族にバレるか

後述のように自己破産・個人再生という手続きをつかうとどうしても自宅に裁判所からの書面がいくことがあります。会社に行っている間に留守を預かっている家族がこれを受け取り中をあけてしまったような場合には家族にバレる可能性がありますね。

これに対して任意整理手続きは裁判所を利用しない、債務者(代理人の弁護士・司法書士)と債権者の和解契約をするのが手続きのメインです。

相談、郵送物のやりとり、を会社にしておけば家族にはばれないでしょう。

会社にバレるか

「郵送物が会社に届くっていくことは、会社に弁護士や司法書士から郵送物が届くってことでそれって会社にバレるんじゃないですか??」

鋭い方ならそんな風に思ってしまうのではないでしょうか。

しかしこのような場合に備えて、弁護士や司法書士が個人の名前で送ってくれるようにしてもらえば、会社に「弁護士・司法書士から書類がきてる!」と思われる必要もありません。

任意整理が家族や会社にバレるのはこんなとき

任意整理がバレました!どうしてくれるんですか!と債務整理の事務員をやっているときに何度もクレームを受けたことはあります。どんな場合にバレるのでしょうか。

家族にバレたケース

家族が勝手に郵送物を開けた

たとえば郵送物を自宅あてに名前を弁護士・司法書士や担当事務員の個人名で送っても、中身を勝手に家族が開けてしまい、これによりバレましたというケースはたくさん報告があります。

これは会社に郵送物を送付してもらったり、郵便局留めにしてもらうようにしてもらうことで回避は可能です。

貸金業者に訴訟を起こされた

任意整理をまかせてから実際の和解までに時間がかかっているような場合(依頼者が無職になってしまって、職を得るのを待っているような場合が典型)や、一部の強硬的な貸金業者の行動によって裁判を起こされたような場合には、自宅に特別送達郵便という裁判所からの郵送物が届くので、この場合にもバレてしまうような場合もありますね。

強硬的な態度を取る貸金業者がいる場合には慣れている弁護士・司法書士であれば任意整理時に戦略をたててくれるでしょう。前者のように任意整理に時間がかかっているのが依頼者のせいであるとちょっとどうしようもないとしか言えないです。

任意整理が成立後に支払えなくなって自宅に督促がきた

和解が成立した後には弁護士・司法書士はたとえば支払いが遅れたような場合には、「委任契約はもう終わっているので本人に督促をしてください」というのが一般的です。

これは…バレるのは仕方がないとしかいえないので、和解が支払えなくなったことがわかった段階で弁護士・司法書士に連絡をし、再度の任意整理を組むことができればなんとかバレない可能性もあります。

会社にバレたケース

給料の差し押さえ

貸金業者が裁判をした場合なのですが、負けるのは仕方ないとして、不利な条件であっても早急に和解をして支払い条件を整えないと、貸金業者が勤務している会社を知っている場合、給与をさしおさえるケースは往々にしてあります。

これを防ぐには、上述した通りですが、態度が強硬であるとか訴訟が予想されることを察知して戦略を組んでくれる弁護士・司法書士にきちんと依頼をするしかありません。

他の手続きでは家族や会社にバレないのか

手続きに共通していえること

個人再生でも自己破産でも申立書類の作成にあたって、退職金に関する書面を出さなければなりません。この場合会社に退職金がないことを書面でもらうか、退職金規定についてのコピーが必要で、人事の人が怪しむことはあるのですが、「ファイナンシャルプランナー」に家計の相談をしているなどしてごまかすことは可能です。

会社に積み立てをしている場合には、その額について聞かれますので証明する書面が必要です。

両方の手続きに共通して、官報という国が発行している新聞に載りますが、これを見ている人はほとんどいないので、ここからバレるということはないと考えてよいと思います。

個人再生について

裁判所からの書面が届くのをきちんと受け取れれば良いのですが、これを家族が見る・開けるなどする場合にはバレてしまうことがあります。

自己破産の場合

上記の会社積み立てが資産にあたって処分しなければならないとすると、会社にバレる可能性は十分にあります。

また、自己破産が正式な破産管財人がつく管財手続きになると本人宛の郵送物が一度破産管財人のもとに郵送され、本人に送られるというシステムになりますので、これはさすがに家族にバレます。

当サイト管理人からのお勧め…できれば家族にはバらしてしまったほうが楽です。

任意整理は3年~5年程度、債務を払っていく手続きになります。

信用情報にも載っていることから、通常と同じ生活…というわけにはいきません。会社にはバレないにしても家族にはバレてしまう可能性が高いでしょう。

きちんと話すことによって、任意整理にあたって助けてもらえたりする可能性もあります。できれば正直にお話ししてみてはいかがでしょうか?

まとめ

任意整理は個人再生や自己破産に比べて会社や家族にバレずに手続きできる可能性が高いですが、バレずに手続きをするためにはきちんとした戦略が必要なので債務整理に慣れている専門家に依頼をしましょう。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る