任意整理が始まってからおわるまでの期間はどのくらいでしょうか?流れに沿ってみてみたいとおもいます。

相談までの期間

任意整理の相談には即日〜一週間程度の期間がかかります。

任意整理に慣れている事務所だと相談体制がしっかりしているので、早ければ即日相談が可能なところがあります。

公的な機関ですと相談日が限られているので遅いと一週間くらいかかることもあります。

この場合もう任意整理をする事を決めているなら、貸金業者からの督促に対しては「任意整理の予約をしているので待ってほしい」ということを伝えればよいでしょう。

相談から受任

相談をしてから受任をするまでは即日〜一週間くらいの期間で依頼するかどうか、どこに依頼するかを決めることになります。

ゆっくり弁護士司法書士を探すのもよし、相談した弁護士司法書士にそのまま任せるのもよし、といったところでしょうか。

弁護士・司法書士の受任通知の発送

弁護士司法書士が貸金業者に対して受任通知を発送します。

債務整理に慣れている弁護士であれば即日、翌日のやるべく早くに行ってくれるので早くて翌日、翌々日の期間内には届くでしょう。

取引履歴の開示

貸金業者は弁護士司法書士からの受任通知に付随して書かれてある取引き履歴の開示に応じて履歴の開示を行います。

通常は一週間もあれば届くのですが、大手でも大変に履歴が古くからあったり、零細企業などは時間がかかることがあります。遅いと三ヶ月くらいの期間がかかるところもあります。

債務額の確定

提出してきた取引履歴は直ちに利息制限法に基づいて払っていたならばいまいくらか?という計算がされ、債務額を確定します。

早ければ即日で終わります。

任意整理の準備

弁護士司法書士費用の分割をしているときには、この期間に分割して着手金を払います。これが終わるまで和解をしない弁護士司法書士がほとんどでしょう。

もしこの間に無職になってしまったような場合や、収支から債務額の支払いが無理な場合には他の債務整理手続(自己破産、個人再生)を検討するのことになります。

貸金業者との和解交渉

最初は弁護士司法書士側から書面で打診することがほとんどです。

その提案にたいして、貸金業者は債務額、月々の返済額、その他の支払い条件などに賛成できるなら和解に応じます。

案に賛同できない場合には担当弁護士、司法書士はこれと交渉することになります。

順当にいけば和解案の提出から一ヶ月以内には和解となります。

任意整理の履行

和解契約で定められた期日から毎月の弁済を開始します。

場合によっては弁護士、司法書士に総額を払い、弁護士司法書士から貸金業者に払ってくれる弁済代行という制度もあります。

任意整理終了

任意整理は和解で減額に成功した成功報酬の支払いをすれば終わりです。

あとは依頼者は完済に向けて支払いをしてゆきます。

その期間は成功報酬の額と、分割支払い額によります。

債務をすべて完済する

順当に支払いすれば、すべての債務を完済します。

期間は和解案によって異なります。

信用情報の事故登録の抹消

支払いが終わって5〜7年の期間がたつと、信用情報機関に保有されている事故登録は抹消されます。

任意整理の期間の例

ここでは2人のケースをみてみましょう

Aさんの場合

Aさんは、インターネットで見たサイトに予約をして、翌日には法律相談をしてそのまま債務整理を依頼します。

債務の調査、債務額の確定と同時に6回の分割となった着手金を遅れず支払います。

最後の支払いの前に、支払いが遅れることはないと踏んだ弁護士、司法書士は和解案を早めに提出します。

和解はすんなり終わり、次の月には業者への支払いができる状態になります。

念のため、次の月のぶんは債務中に何かあった時用のお金として手元に持っておくことにし、次の次の月のから支払うように和解をします。

3年の分割弁済をきちんとしたaさんは、任意整理期間は約9ヶ月の期間で、返済期間3年期間での、あわせて3年9ヶ月の期間でで支払いを終えます。

Bさんの場合

任意整理を依頼を検討したbさんは、区の市民相談を利用。30分の時間内では解決できず、インターネットでみた法律相談を受け、実際に依頼をするまで二週間の期間がかかりました。

弁護士は債務の調査をおこないますがbさんは決められた着手金の分割スケジュールを守らず、着手金の完済まで1年半の期間がかかりました。

和解案を提示した弁護士がほぼ和解をまとめますが、再度の弁済に足踏みしたbさんは2ヶ月和解を遅らせてもらいます。

しぶしぶ5年の分割弁済を時折遅れながらも、bさんは完済するに至りました。

相談から完済まで6年半以上の期間を費やしてしまいました

まとめ

このページでは、任意整理の相談から終わりまでの期間についての情報をお伝えしました。

任意整理がどれくらいの期間でおわるかについては、一律に決められているわけではありません。

自分の場合どのくらいかかるか?というのは、どこから借りているか?弁護士費用何回分割にするかなど、細かい事情が折り重なるものです。

下記リンク先の弁護士司法書士に事情を話せば整理をして伝えてくれるでしょうから、一度相談をしてみましょう



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい