任意整理をすると今はらっている金利はどれくらい下がるのでしょうか?など金利についての話題をまとめてみましたのでご参照ください。

任意整理をすると借金が圧縮される金利のしくみ

その昔、金利に関する規制は2種類の法律がありました。。

一つは利息制限法という法律と、もう一つは出資法という法律になります。

前者の法律は10万円未満の場合には2割、10万円以上100万円未満の場合には1割8分、100万円以上になった場合には1割5分までの利息の収受を認めるものです。

しかし、この法律については罰則がありませんでしたので、この利率を超える利息を取る業者がたくさん存在しました。

ところが、次に出資法という法律があり、そこでも利息の受け取りについての上限が定められており、それを超えると罰則があったのです。

出資法で認められた金利については時期によりばらつきがあるので、ここでの言及は控えます。

利息についての制限について二つの法律があることで、

  • 出資法違反の違法金利
  • 出資法には違反していないが、利息制限法に反する金利(グレーゾーン金利)といいます
  • 利息制限法に反しない金利

以上の3つの金利がある状態がある時期がありました(現在はありません)。

そして、最高裁判所はグレーゾーン金利について、真ん中の出資法には違反していないが、利息制限法に反する金利について、違法であると判断しました。

これによって任意整理をする場合には利息制限法の範囲で払っていたらいくらになったかという引き直し計算という作業をして、違法にとられたいた利息分計算、残額と差し引きすることによって債務の圧縮をはかることができる…という仕組みで任意整理では債務の圧縮をします。

違法に払いすぎていた金利のほうが多い場合には過払い金請求として返してもらえることもあるので注意が必要です。

任意整理した後の金利の支払いはどうなる

任意整理をすると金利は何パーセントくらいに圧縮されるのでしょうか。

任意整理をすると金利を払う必要は原則ありません。

任意整理で業者と弁護士・司法書士が和解する際には原則として金利なしの元本だけを返していくという暗黙のルールがあります。

そのため、ほとんどのケースで金利を払う必要がなくなります。

任意整理をすると、完済までぐっと近づくというわけですね。

任意整理をしても金利を払わなければならないパターン

以上はほとんどのケースで…と申し上げました。例外的に金利を払わなければならない場合があります。

貸金業者が金利なしの任意整理に応じない

貸金業者の方針として金利なしの任意整理に応じないパターンです。弁護士・司法書士にが介入してもダメな場合があります。

借入期間が短すぎる任意整理

通常の任意整理ができる貸金業者でも借り入れ期間が短すぎるなどして金利をつけるように要求してくるパターンがあります。

まとめ

このページでは任意整理と金利について、減額の仕組みと、任意整理で金利はどうなるかについてお伝えしました。

任意整理の基本的な仕組みをしっていただいた上で、金利をつけずに和解ができる…そう覚えていただければ幸いです。