任意整理をする…なんてことを人にはなかなか言えませんよね。ましてや勤務先なんかには絶対に内緒にしたい事実です。このページでは勤務先に内緒にするための完全知識をお伝えします。

任意整理はまず勤務先にわかることはない

最初から結論ですが、任意整理が勤務先にわかることはほとんどありません。

自己破産や民事再生のように官報にのるわけでもありません(そもそも官報を見ている人がそんなにいないので、官報から勤務先に債務整理がバレることはほぼないのですが)。

勤務先に借り入れがあったとしても自己破産や民事再生と違って任意整理は手続きをする相手を選ぶことができるので、借入先を相手に任意整理をしなければわかりません。

注意が必要な場合はある

とはいえ、注意が必要な場合はどうしてもでてきます。どんな場合でしょうか。

自宅に郵送物が届くのが嫌で勤務先に送ってもらうようにしている

家族にも内緒にしているので勤務先に郵送物を設定しているような場合には、弁護士から郵送物が届いているということで、「何かあったのか?」と探られる可能性があります。

勤務先に送ってもらう場合でも、弁護士や事務員さんの個人名で送ってもらうようにするのが無難です。

任意整理に特化しているような事務所ではどのようにするか必ず確認してくれますが、そうでない弁護士・司法書士はそのような手があることも知らずに郵送物を送ってくる場合があるので気を付けましょう。

会社でカードをつくっている場合

ごくまれに、会社でクレジットカードを作っているような場合があります。

このような場合、そのクレジットカード会社と任意整理をすると、勤務先にもわかってしまう可能性はでてきます。

その会社と任意整理をしなくても、カードの更新などで信用情報を見られた時にクレジットカードが止まってしまいますね

しかしこのような場合でも会社で知る人はごく一部で外に漏らすようなことはほぼありませんのであまり気にしなくてもよいでしょう。

まとめ

債務整理の中でも任意整理は勤務先にバレにくいものになるので、基本的には安心してよいでしょう。

バレてしまうようなタイミングについても債務整理に慣れているような弁護士・司法書士であればきちんと指摘してくれますので、下記リンク先の債務整理に長けた弁護士・司法書士に相談するようにしてみてください。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る