教育ローンを任意整理することはできるの?任意整理後に教育ローンは借りられるの?という質問をときおりいただきますので、こちらでご紹介したいと思います。

教育ローンは任意整理の対象にできるの?

そもそも教育ローンとは

そもそも教育ローンとは金銭の貸付の中で、貸し付けた金銭の使途を教育関係の経費に限って利用することが認められているローンのことをいいます。

借入は銀行などが行っておりますが、一番利用するので多いのが日本政策金融公庫によるものが一番多いのではないでしょうか?

このページでは教育ローンの詳述は避けますので、教育ローンの詳細が知りたいという方は、教育ローンのwikipedia日本政策金融公庫のホームページをご確認ください。

教育ローンは任意整理の対象になるか?

教育ローンも債務なので債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)の対象になります。

もちろん教育ローンの支払が厳しくなった場合には教育ローンに任意整理をすることで支払い条件を緩和することも可能です。

任意整理をした後は教育ローンは組めるのか

任意整理をした後に教育ローンが組めるのか?という質問もまた多い質問です。

おさらい:任意整理後のあらたな借入

ここで任意整理からあらたな借入をするまでの一般論についておさらいしたいと思います。

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報として登録をされてしまうため(いわゆる、ブラックリスト)、その間金融機関からの借入は原則としてできない事が多いです。

その期間は5年~7年で、事故情報がまだ残っているかどうかは、信用情報機関に自分の情報を開示してもらうことで確認ができます。

信用情報から事故登録が消えたからといって必ず借りられるわけではなく、与信には一定の収入等返済能力が見られることに注意をしましょう。

以上が、任意整理後の新たな借入についてのおさらいです。

任意整理後に教育ローンが借りられるの?

では本題に入りましょう。

信用情報に事故情報が登録されている期間は?

信用情報にまだ事故情報が残っている間は教育ローンは借りられないのが現実です。

なぜなら、教育ローンの貸主は信用情報をかならず閲覧するからです。

とすると債務整理をしていることがわかってしまうので、他の条件を満たしていても貸し付けを受けることはできないということになります。

信用情報から事故情報が消えたあとは?

信用情報機関から事故情報が消えた後の教育ローンの借入は、他の審査条件との兼ね合いで可能性は高いでしょう。

信用情報はあくまで審査の中の一つの要素(とはいえ大きな要素ですが)にしかすぎません。

教育ローンで動くお金は相当大きなお金が動くことになるので、消費者金融のようなスピード審査ではありません。

あなたの返済能力をトータルで判断するので、信用情報との関係だけで教育ローンが借りられる借りられないという判断をここでお伝えすることはできないのです。

まとめ

このページでは、教育ローンについて、任意整理できるか?ということと、任意整理後に教育ローンが借りられるか?ということについてお伝えしてまいりました。

任意整理をすることができるのは通常の場合と一緒なので問題ないとして、借り入れについては事故情報が消えたあとでもトータルの返済能力を見られているということを心にとめておくようにしてください。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る