このサイトの管理者に「任意整理を考えているのですが、消費者金融に詳しい弁護士を見分けるコツみたいなものを教えてください」という質問がありましたので回答したいと思います。

消費者金融に詳しい弁護士は依頼前にわかる

消費者金融に詳しい弁護士は実は依頼前に見分けることが可能なのをご存知ですか?そのコツをお伝えします。

消費者金融に詳しい弁護士を見分けるコツ1:相談時のメモ

まず一つ目は、「相談時のメモ」についてです。

任意整理を含む債務整理を専門に取り扱っている事務所であれば、債務整理専用のヒアリングシートを用意しています。

つまり氏名・住所・家計の状況・返済可能金額・借入先・金額・その他特記事項のような形の用紙を用意してあり、依頼者の情報を一覧できるシートを作成して相談に臨みます。

これに対して消費者金融に詳しくない弁護士は、普通のメモノートに1から書いていくことが多いです。

相談時に自分の情報が一目でわかるように奇麗にまとめられているかをチェックしてみましょう

消費者金融に詳しい弁護士を見分けるコツ2:事務員さんの活躍ぶり

任意整理を含む債務整理案件は、実は弁護士が一人で最初から最後までやるには割りに合わず、通常の訴訟案件を受任できない弁護士が法テラスや弁護士会・市区町村の無料相談で受けている…ということがよくあります。

そのため債務整理に詳しい事務員を雇う余裕もなく、債権者との途中の事務連絡等も弁護士自らがこなしています。

しかし、消費者金融に詳しい弁護士はたくさんの案件をもっているので、それを処理するために債務整理に特化した事務員であるパラリーガルという人を雇っています。

そうすると、弁護士は重要なことのみ記憶していればよく、その他の些末な事はタッグを組むパラリーガルがいつも整理をしているので、たくさんの案件の中にいてもよい案件処理を受けることが可能です。

相談に行ったときに、担当をしてくれる事務員さんはどのような方でしたか?チェックしてみてください。

消費者金融に詳しい弁護士を見分けるコツ3:きちんと広告宣伝しているか

上記のように、消費者金融に詳しい弁護士は普通の事務をこなしてくれる事務員ではなく、任意整理や自己破産・民事再生に特化した事務職員であるパラリーガルを場合によっては複数名雇用し、その維持をしなければなりません。

そのため、適切に広告宣伝をして新規の依頼者獲得をきちんとできなければ事務所を維持できないので、このような事務所は広告宣伝活動も積極的です。

広告宣伝をして最新の案件をたくさん処理しつづけることで、専門性が自然と磨かれているといえるでしょう。

その点もしっかりとした見極めの対象になるでしょう。

まとめ

このページでは、消費者金融に詳しい弁護士を見分けるコツについてお伝えさせていただきました。

どういった専門性をもった先生なのか?ということを見分けるのはけっこう難しいものです。

下記リンク先の弁護士・司法書士は、広告宣伝にも力を入れて、専門性をもった事務所で相談も無料なので気軽に相談をしてみましょう。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る