債務整理のご相談をいただくにあたって、言葉に対する考え方からか、自己破産の手続きを取ることへの抵抗感が強くあり、任意整理か個人再生を選ばれる方が多くいらっしゃいます。

このページでは、任意整理と個人再生の手続きの概要と、手続きを弁護士・司法書士がどのように選択しているか、自分はどっちが良いか?ということを考えることができるようになります。

前提として任意整理とは

まず前提として任意整理とはどのようなものかおさらいしましょう

任意整理とは債権者と和解して支払いを緩和するもの

任意整理とは、借金の支払いが困難になっているときに、債権者と債権の総額・支払い方法・支払い回数などの条件について、相互に譲り合って支払いの条件を緩和する和解契約のことをいいます。

すこし難しい言葉がつづいてきましたが、要はこちらもきちんと一定額(通常は残った元本)を支払うので、利息とか遅延損害金とかを免除して支払いの条件を緩和してくださいね、という手続きのことをいいます。

任意整理で譲ってもらえる借金とは

通常の借金の場合には、借金の元金・利息・支払いが遅延した場合には遅延損害金の支払いを、契約時に定められた約定の金額で支払わなければなりませんね

弁護士・司法書士が任意整理をすれば、だいたいの貸金業者は元金だけの3年~5年の分割の支払いに応じてもらうことができるのです。

つまり、任意整理後の利息や遅延損害金については譲ってもらえるのです。

個人再生とは

次に個人再生とはどのような手続きだったかもおさらいをしましょう

個人再生とは裁判所が強制的に債務を減額するもの

個人再生とは、借金の支払いが困難になっている場合に、裁判所に申し立てをして借金を一定額減額したものを分割して払っていく手続きのことをいいます。

こちらもすこし難しい言葉での表現になりますので、説明をすると、裁判所が借金を強制的に減額するので、残った額の支払いはしなさい、という手続きと考えていただければよいと思います。

民事再生で減額される借金は

弁護士・司法書士が民事再生手続きをすると、借金の残額がいくらになるかによるのですが、1/5程度に減った金額を3年に分けて支払っていく形になります。

つまりのこった金額は支払いしなくてもよいという風になるのです。

二つの手続きのメリットデメリット

どちらの手続きのほうがよいのか?ということを考えるにあたってはメリット・デメリットを考えなければなりませんので見てみましょう。

2つの手続きに共通するメリット

二つの手続きに共通するメリットとしては、住宅ローンがある場合に残せるということです。

自己破産手続きは住宅ローン債権者が居る場合でも手続きの対象に含まれますので、住宅ローン債権者としては競売にかけて回収したり、任意売却という手法で回収したりせざるを得ません。

任意整理の場合には住宅ローン債権者を外して任意整理をすることができるので、住宅ローンをそのまま払い続けることができるようになります。

また個人再生でも住宅ローン特約というものを利用すれば、住宅ローンはそのまま払い続けながらほかの借金の整理をできるので、住宅を残すことができます。

2つの手続きに共通するデメリット

2つの手続きに共通するデメリットは2つあります。

信用情報への登録

信用情報機関に事故情報として登録をされます(いわゆるブラックリスト)任意整理と個人再生ではその期間に違いがあるものの、その期間における新たな借入、クレジットカードを作ること、携帯電話を分割で買うことなどができなくなるというデメリットがあります。

支払いを免除されるわけではない

いずれの手続きも支払いを免除されるわけではないので、任意整理の場合は元金額、個人再生の場合はその1/5の金額を分割ながらも払い続けなければなりません。この点は自己破産のように原則免除というものよりデメリットになりますね。

任意整理のほうが優れている点

2つの手続きを比べるにあたって任意整理のほうが優れている点については以下の通りです。

信用情報に登録される期間が短い

信用情報機関に登録されている機関が任意整理では5年~7年で個人再生の場合は7年~10年とされているので、任意整理のほうが早くブラックリストから消えるいわゆる「喪明け」となりますね。

弁護士・司法書士費用が安い

債権者の数にもよるのですが、債権者が5社くらいまでであれば、任意整理のほうが弁護士・司法書士費用が安いと思われます。

自動車のローンを手続きから外すことができる

自動車のローンがある場合、個人再生の場合は手続きに含めなければいけないので、場合によっては車を引き揚げられてしまう可能性があります。

これに対して任意整理の場合には、たとえば住宅ローンと自動車ローンを外した全部みたいな選び方も自由なので、この点はメリットになりえます。

官報にはのらない

個人再生については官報という国の発行する新聞に載せられることになっております。任意整理ではそのようなことがないので、プライバシーの点からは任意整理のほうが有利です。ただしこの官報という国の新聞、みている人のほうが稀なので、あまりデメリットにはならないという指摘もあります。

手続きが楽

個人再生手続きにおいては、手続きにあたって申立書類の作成という極めて面倒な手続きがあります。

だいたいの場合、まず依頼者に資産の状況、収支の状況、申立に至った事情、それを証明する書類、これらを記入、揃えてもらった上で弁護士・司法書士側でそれを提出用に調整。足りない書類があれば取り寄せてもらい、たりない陳述があれば聞き取りをして…などということが行われることになります。

任意整理の場合債権者と単純に和解するだけですので、このような面倒な手続きは一切ありません。

民事再生手続きが優れている点

これに対して民事再生手続きが優れている点は次の1点に尽くされるかもしれません。

支払い額が大幅に減る

個人再生手続きを利用すると、借金が借入総額によりますが約1/5にまで減ります。

任意整理手続きはどんなに弁護士・司法書士が頑張っても、元金以上減ることはありません。

面倒で手間がかかり、弁護士・司法書士に渡す費用も高額である分、借金が大幅に減るという大きなメリットがあります。

任意整理と個人再生どちらの手続きが向いている?

では任意整理と個人再生どちらの手続きが向いているのか?ということについて、ケース別に見てみたいと思います。

支払いのための資金が乏しい場合

収入から支出を引いた額を債務整理の支払いに使える金額として使っていくわけですが、もしこの金額が極端に少ないようであれば、任意整理がそもそも厳しくなります。

だいたいの目安は、元金がどれくらいかを計算してそれを3年(36回)で分割して支払えるかどうかが目安になります。

この金額が支払えないような場合には任意整理はそもそも手続きの候補にはあがってこず、むしろ自己破産が第一選択肢になり、あとは住宅をもったまま借金を整理したい、資格制限で仕事ができなくなるといった事情がある場合に民事再生手続きを利用するというのが通常の弁護士・司法書士の思考方法になります。

借金を整理して早く住宅ローンを組みたい

借金整理をする人の動機として結構多いのがこちらです。自己破産や民事再生をすると、信用情報が長く残ってしまうため、早く住宅ローンを組むために任意整理をしたいというものです。

この意見についてこのページの管理人はファイナンシャルプランナーも持っているので考え方を変えてみることをおすすめします。

住宅ローンは信用情報がブラックでなければ絶対組めるというものではありません

頭金をどれだけ積めるか、今の収支の状況がいくらくらいあるのか、などの住宅ローン返済に対する総合考慮できまります。

たとえば任意整理で3年かけて借金を支払いきったとしましょう。その後5年経過後に信用情報が戻りました。その時に頭金はいくら溜まっていますか?借金返済と日々の生活をどれだけ切り詰めましたか?

たとえば、自己破産をしてしまって、そこから7年頭金を貯め続けるのと、任意整理が終了した8年後に申請するのとどちらのほうが住宅ローンが組みやすいでしょうか?

このような事を考えて、債務整理の相談では弁護士・司法書士とよく協議をしてみてください。

まとめ

このページでは、任意整理と民事再生の違いとどちらの手続きのほうがよいのか?という事を、自己破産とも比較をしながらお伝えさせていただきました。

実際に今の収支の状況、債務の状況を専門家に見てもらわないと、適切な手続き選択はなかなか難しいです。下記リンクでは債務整理に精通した弁護士・司法書士をご紹介していますので、ぜひ相談をなさってください。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る