Q:

これから任意整理をしようと思っています。携帯電話が古くなっているのでスマホに乗り換えようと思っているのですが、今の携帯キャリア会社への申し込みはもうできなくなりますか?

また、普通携帯やスマホって分割で買うのが普通だと思うのですが、携帯電話会社への分割の申し込みはできなくなりますか?

A:

任意整理をしても、今の携帯会社に債務整理をしなければ、今の会社との契約をそのまま続けることは可能です。

機種変更をした場合の新規機種の分割購入は、残念ながらできなくなります。

任意整理を含む債務整理と携帯電話会社との関係は

債務整理をした際の携帯電話会社と依頼者の関係はどのようになってしまうのでしょうか。

自己破産・個人再生の場合

自己破産や個人再生をした場合、携帯電話会社に未納金がある場合には申立時に申告をして債権者としなければなりません。

その結果手続きに組み入れられてしまうので、携帯電話会社としては契約を解約することになります。

つまりは携帯は使えなくなってしまうのです。

任意整理の場合

任意整理の場合は携帯電話会社を対象に任意整理をするかどうかによります。

携帯電話会社相手に任意整理をする場合

未納金と遅延損害金が大きく、携帯電話会社も任意整理をしなければならないような場合には、自己破産・個人再生の場合と同じく携帯電話会社との契約は解約となってしまい、その後は契約ができなくなってしまいます。

つまりその会社の携帯やスマホは持てなくなってしまうということですね。

未納がなければ携帯は今まで通りもちつづけることができます。

手続き開始後に未納金を払うのは、額次第では偏波弁済といって手続きに支障をきたす恐れがあるので、弁護士・司法書士とよく話し合っておこないましょう。

携帯電話会社相手に任意整理をしない場合

特に未納金などなく、あったとしてもごく少額で他社の任意整理をすれば払っていける程度の未納しかないような場合には、任意整理の手続きから携帯電話会社を外すことが可能です。

この場合には、携帯電話会社との契約はつづくため、今までの契約がつづくことになります。

債務整理をした場合の新規契約について

携帯電話を新しく買う、携帯電話会社を変えるなどの場合には携帯電話会社との新規契約ということになりますね。

携帯電話を新しく買うことができるのでしょうか?

自己破産・個人再生をした場合

結論は対象となる会社への未納金を届け出たかどうかによって変わってきますね

未納金を債権者として処理した場合

自己破産や個人再生をした場合で携帯電話会社への未納金を債権者として処理した場合には、その手続きをした会社との新規契約はできません。

つまりD社と契約をしていて自己破産・個人再生でD社を債権者として届け出て、免責・減額の対象とした場合に、D社は契約を解除しますが、再度D社に申し込もうとおもってもできませんということです。

これは、まぁ当然といえば当然ですね。契約をしておいてその契約を守っていないのに再度新しい契約をしたいといってもダメと言われるのは仕方ありません。

未納金を債権者として処理をしていない場合

あまりあるパターンではないと思うのですが、D社との契約をしている間に自己破産をしてその後D社からS社に機種変更(新規申込)をして、その後にD社に新規申し込みをするような場合なのでしょうね。

これはできます。きちんと未納金を発生させることなく契約を終了させているので問題ないでしょう。

任意整理をした場合

こちらも未納金を任意整理をしたかによって結論がかわってきます。

未納金として債権者として任意整理をした場合

携帯電話会社を債権者として任意整理をしたような場合にはその会社との新規契約はできません。

D社との未納金・遅延損害金の支払いが重く、任意整理の対象としたような場合です。D社としては契約違反によって強制解約するのですが、そのD社に再度新規の契約の申請をしても通りませんね。

未納金として債権者として任意整理をしなかった場合

未納金がなかったあるいはあっても任意整理の対象としなかった場合にはその会社との新規契約できるでしょう。

先ほどの自己破産・個人再生と同じパターンですが、D社と携帯電話の契約期間中に任意整理をして、その後D社を解約、S社のスマホを使っていて再びD社のスマホに契約したいというような場合が想定されます。

任意整理の対象になっていない以上、契約を解約する理由がないため、契約通りの手続き満了となっている以上、再度契約をするとなった際に障害になるものはなにもないから可能ですね。

新規機種の分割の契約について

任意整理をした後に、あらたなローンやクレジットカードの借入は基本的にできなくなってしまいます。

これは携帯電話の分割契約にも及ぶのでしょうか。

携帯電話に関する情報も信用情報に載る

携帯電話の遅延や債務整理に関しても信用情報があってそれに登録をされてしまいます。

それによって、新規申し込みをして、たとえば本体価格が0円の機種を申し込む分には問題ないのですが

新規機種を分割で買うような場合には信用情報を参照されてしまうので分割での購入ができない状況になってしまいます。

携帯・スマホを一括で買う分には問題はない

いままで分割で買う場合のお話しをしていますが、どうしてもその機種がほしい場合にはどうすればよいのでしょうか?

端的に分割ではなく一括で購入をしてしまえばよいだけの話であって、それに関してはどの法律も信用情報もあなたを止めたりいたしません。

信用情報というのはあくまで、分割で買うに際して、この人は支払ができるだけの信用があるのかどうかということの情報の参考として延滞があったり、債務整理をしたことが記載されるだけなのです。

一括で購入する場合には信用情報を参照する必要がそもそもないのはご理解いただけましたか?

まとめ

このページでは任意整理をした場合の携帯電話の契約について、自己破産・個人再生の手続きと合わせてお伝えをさせていただきました。

基本的にはどのような状況にあるか、何をしたいか?というような事によっていろいろな選択肢に分岐するのがお分かりいただけたと思います。

結局自分の場合はどうなるの?という疑問があるようでしたら、ぜひ下記リンクから弁護士・司法書士に相談をしてみましょう。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る