任意整理に関しては詐欺ではないのか?と疑ってしまうものもいくつかあり、実際に依頼者から「あなたの法律事務所詐欺をしてるのではないのか?」というような事で補助として勤務していた私も言われたことがあります。

主にトラブルになるパターンは決まっているので、いくつかご紹介させていただきたいと思います

任意整理依頼者が詐欺ではないか?と言われるケース

まず任意整理を依頼する人が詐欺ではないか?と言われるケースについてお伝えします。

一度も返済しないで任意整理をすること

よくあるのが、一度も返済をしないで債務整理をする場合には詐欺ではないか?といわれます。

この場合貸金業者からも指摘されることがありますし、とくに債務整理でも自己破産をするような場合の個人からの借入について、一度も返済しないで弁護士・司法書士が介入すると、詐欺で訴えてくるケースもあります。

この場合には弁護士・司法書士も、何回かは返そうという提案をすることがあるようです。

ただしヤミ金融に関しては返す必要が法律上もありませんので気にしなくてよいようです。

一度も返済しないで返せない債権者が居るような場合には、そのことを正直に弁護士・司法書士に話すようにしましょう。

任意整理当日・翌日に引き出しがある

貸金業者から指摘される事が多いのが、任意整理介入当日に引き出しをしているようなケースです。

もう弁護士・司法書士に依頼をすることが確定して、返済をしないことを確定しているのに消費者金融から引き出すようなケースです。

多重債務に慣れてしまっていると、給料日に給料が入る→返済をする→借りられる枠でまた借りるという繰り返しをしているので、借りられる枠が預金の額のような感覚に陥っているためによく起こる現象です。

このサイトの管理人も何度も「もう借りられないっていうことは、枠いっぱいまで引き出しておいた方がいいですか?」という質問を何度もされたことがあります。

任意整理の場合には返済をするのでそこまで厳しくは言われないですが、自己破産や個人再生の場合には、詐欺ではないか?と言ってくる債権者がいます。

一番悪いのは、弁護士・司法書士に依頼したそのあとに引き出しをする場合です。これは任意整理手続きをややこしくするだけなので絶対にやめましょう。

弁護士が詐欺ではないのか?と疑われる例

次に弁護士が詐欺をしているのではないのか?という例についてお伝えしたいと思います

報酬が高い

報酬が異様に高い場合には、弁護士・司法書士が詐欺をしているのではないか?と疑われることがあります。

1件の債務整理の着手金に10万以上かかることは、相手が商工ローンやヤミ金融といった特殊な債権者でない場合以外はありません。

契約書の報酬が高い場合には、ほかの弁護士・司法書士の見積もりをとって比べてみましょう。

債務整理で依頼した場合に過払い金請求ができた場合

たとえば、100万の債務の任意整理を依頼して10万の過払い金が出ましたという場合に、回収したけれども弁護士・司法書士費用に充てますというと、「詐欺ではないのか?」という声をよくききます。

上記の例で、着手金が4万・減額の報酬が10%・過払い金の回収の成功報酬が20%だとした場合、10万の中から着手金の4万と100万を0にしたところまでの減額の成功報酬が10万、過払い金10万の回収をした成功報酬が2万で弁護士費用は、16万となります。

過払い金が返ってくると勘違いした人がよく詐欺だとクレームにする傾向があるので、気になった場合は費用の内訳を聞いてみるようにしましょう。

仕事をしない

債務整理を受けるだけ受けておいて、なにもしてくれないという事でクレームから弁護士会や司法書士会から懲戒処分になっている例もありました。

弁護士による詐欺の被害にあった場合には

もし弁護士による詐欺の被害にあったのではないか?と思う場合には、その弁護士が所属している弁護士会に相談をして懲戒請求をしてもらうようにするとよいでしょう。

整理屋による詐欺行為

債務整理で一番気を付けなければならないのは整理屋と呼ばれる人による詐欺行為です。

整理屋とは、借金整理をする権限である弁護士資格・司法書士資格がないにも関わらず、借金の整理を行おうとするもの全部をいいます。

過去にあった事案では、懲戒処分を受けて業務停止中の弁護士事務所が、自らの名前でお客様を集められないために、社団法人を設立して、そこで無料で債務整理相談を受け、その懲戒処分中の弁護士を紹介して、業務停止中にもかかわらず業務をおこなって報酬を請求するような事案がありました。

このような整理屋にひっかかってしまった場合には、いちはやく弁護士に相談をするようにして、適切な債務整理をしてもらうとともに被害をできるだけ食い止めましょう。

弁護士による詐欺行為が発覚したときの対処はどのようにすればよいか?

もし任意整理を受任したにもかかわらず、仕事をしないなどで「詐欺」ではないかと思ったときには、所属する弁護士会に懲戒をしてもらうことを依頼します。

弁護士会のホームページからその弁護士がどの弁護士会に所属しているかをしらべて、代表電話に電話をして、「弁護士を懲戒してほしいので、部署につないでほしい」と言ってみましょう。

まとめ

任意整理をしなければならない場合には債務者の追い詰められた心情を踏みにじるかのような詐欺が横行することもあります。

また追い詰めれたあなたの行動が、場合によっては詐欺にあたると評価される場合もあります。

慎重に行動するためにも、下記のリンク先の債務整理専門の弁護士・司法書士に依頼をしてみてください。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい