Q:

任意整理をすることになったのですが、そのうちの1社に信販会社のショッピングローンがあります。銀行の口座からの引き落とし(口座振替)になっているのですが、同じ銀行で給料が入ってきたり、生活に必要な電気・ガス等の引き落としもしています。任意整理をすると支払いを止めると聞いたのですが、この引き落としもすぐに止まりますか?

A:

口座振替になっている場合はすぐには止まらないので、口座をいったん全部空にして引き落としをされないようにして、電気・ガス等の引き落としは別の口座にしてください。給料が入る口座も別にしてもらってください。

任意整理の相手が口座振替で支払いをしている時の注意点

特に信販会社のカード払いにしている場合によくある事なのですが、支払いのために口座振替にしてあるものを一緒にしている場合がよくあります。

この場合には、入ってくるもの(給料や年金など)や今現在残高がある場合には空にしておく必要があります。

なぜなら、口座振替を利用して自動的に引き落としをしていたサービスを利用していると、それを止めるためには2ヶ月程度の期間が必要になるのが通常なので、残高がある場合には引き落としがかかってしまう可能性があるからです。

そうすると、債務整理をするのに弁済をするというもったいないという状態であるばかりではなく、任意整理をするにあたって必要な債務額の確定がいつまでたってもできないという場合があります。

余談ですが自己破産や個人再生では、受任後の1社だけへの返済という扱いがされてしまい、これだけで手続きが使えなくなるという状態にはならないですが、そのことを裁判所に申告をしなければならなくなります。

給与の振込口座は変更してもらう

口座振替を利用して引き落としている口座に給与が振り込まれているような場合には、その口座に給料が入ってこないように別の口座に給料の振込先をうつしてもらいましょう。

とはいえ、従業員の振込口座を指定してくる会社もあるので、引き落とし日までには引き出すなどして空に出来ていれば大丈夫です。

他の口座振替と重複している場合

たとえば、信販会社への返済をしている口座が、電気・ガス・水道などの引き落としになっている場合はどうすればよいでしょうかという質問もよくあるものです。

端的に言うと、別に口座を作ってそちらに動かしていただくのが早いのですが、こちらも処理の都合上すぐに引き落とし口座を変えるということができません。

その場合には、やむなく引き落としを一度できない状態にしてコンビニ払いにしていただき、別の口座での引き落としが始まるまで待ってもらうのがよいでしょう。

家族に内緒なので口座振替を動かせない

たとえば、Aさんは家族に内緒で債務整理をしているため、妻がいままでどおり口座に入金をしてくる状態でした。

給料が入ってくるのが20日、信販会社への口座振替が23日、各種引き落としを25日に設定していたので、この日時のずれを活かして、口座を制御することで乗り切ることを弁護士が提案をしました。

まずは給料が入ってくる20日に全額給料を引き出してしまいます。

その次に信販会社への口座振替の日時を待ちます。つまり24日まで待つということになります。23日の当日中に入金してしまうと引き落とされてしまいますので気を付けてください。

24日、遅くても25日には電気・ガスなどの口座振替をしているものを落とすために、その銀行口座に入金をします。

以上のような作業をしていただき、なんとか債務整理初期の混乱をAさんは無事家族に内緒で行うことができました。

このように日時がずれている場合には、そのずれている時に口座の残高をコントロールする事で何とか乗り切ることもできます。

しかし、口座振替の日が被ってしまっているような場合にはこの技も使えませんのでご注意ください。

ちなみに、任意整理後の弁済って口座振替にできる?

余談ですが、債務整理後には通常、和解書に記載されている通りに振込入金をするのが通常なのですが、はっきり言うと大変に手間だと思います。

債権者によっては口座振替に対応してくれているところもあるので、聞いてみましょう

まとめ

このページでは、任意整理をするときに口座振替にしている債権者が居る場合の特別な措置についてお伝えしてきました。

他の債務整理手段である自己破産や民事再生の場合にも同じく問題になるものになりますが、通常弁護士・司法書士に任せるとこれらの措置はきちんと指摘してくれますし、文中のAさんに対する弁護士からの指示があったようにイレギュラーであっても慣れている弁護士・司法書士なら操作をきちんと指示してくれます。

ただ、この辺の指示は法律だけを勉強してきただけではわからない部分もありますので、実務になれている弁護士・司法書士にきちんと相談するようにしてください。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る