Q:

現在5社から合計約350万の借金をしています。

田舎に住んでいるので車がないとなると不便です。なんとか車を守りながら債務整理をできませんか?

A:

自動車ローンを組んでいるかどうか・自動車の価値がいくらになるかによって結論がことなってきます。

任意整理をするだけの十分な支払い能力がある場合には任意整理を選んで車を維持しましょう

債務整理と車の関係

都市部に住んでいる人以外は、車がなければ生活に不便で通勤もできないという人もいらっしゃるでしょう。

そこで、車を守るということを債務整理の課題にする方も多々いらっしゃいます。

車は債務整理の各種手続きにおいては「財産」として扱われると基本的に思っていただいて結構です。

そして債務整理手続きにおいてローンで車をかってのこっている場合なのかそうでない場合なのかということも影響します。

では以下場合を分けながらお伝えしたいと思います。

車のローンが残っている場合

車のローンが残っている場合の債務整理手続きについては以下のように取り扱われます

前提として債務と車の関係

前提としてしっておいて欲しいのが債務と車がどのような関係にあるのかということです。

車は実はローンが完済されるまで所有権はあなたではなく信販会社の持ち物になっているのです、法律用語では所有権留保という言い方をします。

ですのでこのローンが支払えない場合には、信販会社は車をあなたから引き揚げて売ってしまいその代金を債務の残額にあてることができるということをまず頭にいれてください。

自己破産

自己破産手続きにおいてはすべての債権者に対する支払いをストップして手続きをするとそのまま免責されます。

自動車のローンが残っている場合には、信販会社は自動車に価値があると思った時には引き上げられてしまいます。

もっとも自動車の引き上げにあたってもお金がかかることになりますので、自動車に価値がないと判断されるような事がある場合には信販会社も引き上げはしません。

価値があるかどうかは中古車販売業者の見積もり額によるので、自分の車が引き上げられるかどうかは一度債務整理に強い弁護士・司法書士に聞いてもらうのがよいでしょう。

個人再生

個人再生についてもすべての債権者(住宅ローン特則をつかう場合には住宅ローン債権者以外)を平等に借金減額の対象となりますので、車に価値がある場合には引き上げの対象になります。

任意整理

任意整理においてはどの債権者と交渉するか選んで和解をすることができます。なので例えば住宅ローンと車のローンはそのままにしたいという事も可能です。

もちろん車のローンも任意整理の対象とすることができますが、その時は引き上げられる対象になってしまいます。

車のローン以外の任意整理をするといっても、それが和解案が組めないような支払い能力しかない場合には、払えない以上手続きはとれないので気を付けましょう。

任意整理が厳しい場合に車を残すためには

任意整理が難しい場合に車を残すためには、たとえば親族から自動車ローンだけ第三者からの弁済という形式で支払ってもらうことによって完済をしてしまうことが考えられます。

この場合気を付けなければならないのは、「第三者としてしはらってもらう」という事が肝心です。資金を出してもらって本人が支払ってしまっては自動車ローンだけ特別扱いする「偏波弁済」という自己破産・個人再生で絶対にやってはいけない行為になってしまうので気を付けましょう。

詳しいやり方は債務整理専門の弁護士・司法書士に相談してみてください。

車のローンが残っていない場合

車のローンが残っていない場合の債務整理手続きについてはどうなるでしょうか。

自己破産

自己破産手続きにおいては、車が財産であると評価される場合には売却処分となります。

東京地裁管轄では20万円以下の財産であれば売却処分にならないものの、その他の地裁では財産の合計が20万を超えると売却処分にするようなところもあるので、あなたの場合に売却処分になるのかどうかは、債務整理専門の弁護士に相談してみてください。

個人再生

個人再生では車があって財産と評価されても裁判所が売って処分せよということはありません。

ただし、個人再生では弁済額は保有している財産の額よりも多くなければならないという「清算価値保証」という制度があるので、弁済額に影響する可能性があります。

任意整理

任意整理においては、車があろうがなかろうが関係なく、債務者と交渉をすることができます。

車のローンがあるから絶対に任意整理というのはない

私が経験をしたAさんの事例を見てください。

Aさんの事例

Aさんは消費者金融5社+車のローン+住宅ローンで合計2000万程度の借入を返済していました。

Aさんの住まいは鉄道が走っていないような田舎の地方なので車は必須だということだったので、任意整理を選択しました。

しかし、債務調査の結果消費者金融に対する支払いはあまり減らず、Aさんが月々払える額ではとうてい払える額ではありませんでした。

子供の送り迎えや通勤に使うからとどうしても任意整理でやってくださいというので弁護士もやむなく任意整理を実行。

半年ほどでAさんは延滞をしてしまったため、親類に話をしてもらって自動車ローンについては第三者弁済を行い、住宅を守るために個人再生を再度依頼することになってしまいました。

無理な任意整理で車も住宅も失うところだった

確かに車が大事なのはわかりますが、支払いをストップしている間に格安の中古車を買うであったり、本件のように第三者弁済をしっかりお願いして対応ができた事例なのに、無理な任意整理でAさんはなにもかも失うところでした。

車を維持したい場合にはそれなりの戦略が必要になってくる事がここまでの情報で伝われば幸いです。

まとめ

車のローンがある場合には任意整理で…という情報があまりにも多いのですが、無理をするとこのページの事例のAさんのように何もかも失ってしまうような恐れも発生しかねません。

下記リンクの債務整理専門の弁護士・司法書士に相談をしてみてください。