Q:

弁護士費用について教えてください。

任意整理の和解が済んだところで、弁護士費用の成功報酬というものを請求されています。

1社あたり4万円ときいていたのですが、100万円を30万まで減らした成功報酬と、解決金として合計9万も請求されています。

これは妥当なラインですか?ぼったくりにあっているのでしょうか

A:

おそらく1社あたり4万円は「着手金」で、別に解決報酬2万円、減額報酬10%という取決めがあったと思われます。

通常の弁護士の報酬からしても逸脱している点はなく妥当なラインと考えます。

Contents

任意整理における弁護士・司法書士に払う報酬をおさらい

弁護士・司法書士に払う報酬をまずここで簡単に確認したいと思います。

相談料

通常国家資格をもった士業に相談するにあたっては30分5000円程度の相談料が報酬として発生します。

ただし、最近では任意整理等の債務整理においては相談料が発生しないのが通常です。

着手金

案件に着手する場合に支払う費用です。

事件がどのように終結しようが必ず弁護士・司法書士がもらう金額になっています。

これに関しては5万を超えない範囲でという風に弁護士会の規則で定められています。

任意整理に詳しい事務所であるならば後払い分割にしてくれるところが通常です。

成功報酬

後述します

任意整理における成功報酬について

任意整理における成功報酬については以下の2つがありますので確認をしておいてください

解決報酬金

事件が解決したことによる報酬金です。弁護士会では規則で2万を超えないように規制がされています。

減額報酬金

減額に成功した場合の報酬金です。こちらも弁護士会の規則では10%を超えないように規制がされています。

冒頭のケースは妥当なのか

冒頭のケースで金額が妥当なのかどうか検証をしてみようと思います。

「1社あたり4万円と聞いていた」

これはおそらく、着手金のことだと思われます。着手金は5万まで弁護士・司法書士はもらってよいことになっているので、こちらは妥当な金額といえます。

「9万円も請求されています」

こちら具体的な事情が読めないのですが、おそらく解決報酬の2万と減額報酬の7万と読めば、下記のように計算することになるでしょう。

解決報酬として2万の請求

まず成功報酬は2万までなら請求してよいという事になっているので、上記の計算のもとでは妥当なラインといえるでしょう。

減額報酬としての10%

70万円の減額に成功した本事例では、その10%の7万(税抜き)まで報酬を請求できることになっています。こちらも妥当なラインにおさまっているといえると考えます。

まとめ

任意整理のつもりで受けて過払い金請求になった場合の成功報酬の数え方

私が法律事務所でつとめていたときに、報酬でよくクレームになっていたのが、任意整理のつもりで依頼をしたら、債務の調査をすると利息の払い過ぎで過払い金請求ができたような場合に、計算方法に誤解が生じてクレームになることが多々ありました。例をみてください。

Aさんのケース

Aさんは消費者金融1社から100万の借入を多年にわたってしていました。

弁護士がこれを受けたところ、10万円の過払い金が存在することが判明しました。

過払い金も無事満額受け取ったところで、弁護士報酬に全額充てて、弁護士は残りの4万円の報酬の請求をしたところ、「どうして過払い金なのに2万を請求されるのか?逆に私にお金が入ってこないのはなぜか?弁護士会に訴えでる」となりました。

報酬の規定について丁寧にお話しさせていただくとしぶしぶ納得をされて、その場はおさまりました。

なぜ過払い金が出たのに弁護士費用を請求されるのか

わずかながら過払い金が出たことでAさんは自分の手元にお金が来ることを期待されたのだと思います。しかしながら報酬の請求をうけてクレームになってしまいました。本件では何が起こったのか、上記の費目ごとに見てみましょう

着手金について

こちら本件私の記憶なのですが、4万円(税別)で、Aさんは着手した後に後払いの分割で支払ったことになります。

解決報酬金

ここから先がややこしくなるのですが、まず解決報酬金ですが2万円の請求をします。

減額報酬金

残高が残っている場合にはまず100万円が0になったところまでの減額報酬金が発生しますね。本件ですと10万円です。

過払い請求の報酬金

過払い金請求については、取り戻した金額の20%の請求をできることが弁護士会の規則にのっています。本件の場合2万円ですね。

計算

取り戻した過払い金は10万、未払いの弁護士費用は、解決報酬金の2万と減額報酬の10万、過払い金請求の報酬金2万となり、合計で14万円となりました。

弁護士は取り戻した10万円をこの14万円の請求と差し引き計算をして4万円の請求をしたのです。

過払い金請求した場合でも減額報酬金が出ることを忘れない

Aさんが勘違いしたのは、過払い金請求になったので、過払い金請求の20%しか請求されず、解決報酬金と減額報酬金の存在を理解していなかったためでした。

現実に過払いなのだから、過払い報酬だけだろう!とクレームになることはかなりある事なので、なぜこんなに請求されているんだろう?と不思議に思う方はよく契約書をチェックしておいてください。

まとめ

任意整理における成功報酬についてはわかりにくいものです。過払い金請求として返還してもらえる場合には、手元にお金がくるという期待があるため余計にわかりにくいことに対するクレームが多発します。

下記のリンク先の弁護士は私が見たところ問題のない料金の取り方をしているので相談には使っていただいて構わないです。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい