任意整理をするにあたって信用情報への登録がされるのか、されるとしたらいつからか、何年登録されていつ回復するのか?といったことではないでしょうか?このページではそれぞれについて詳しく検討したいと思います。

Contents

任意整理をすると信用情報に登録されるのか

信用情報とは?

信用情報とは、あなたの借入に関する情報のことをいいます。どこにいくらくらいどのくらい借りていて、きちんと支払っているかという事が記録をされています。

仮に延滞や債務整理をすると、あなたの信用情報にその事が登録されます。

それによって貸金業者のほとんどが、貸付をしなくなります。このことをもって信用情報に傷がついたとか、ブラックリストに入ったとかいうことが多いですね。

信用情報機関には3社がある

この信用情報機関には全銀協、CIC、JICCという3社があります。

銀行・消費者金融・信販会社等がこれらの信用情報機関から必要な情報を取り出し、そして登録します。

この3社はCRINというネットワークを利用して、情報を共有しているとのことです。

信用情報に載ったらどうなるの?

例えば延滞や債務整理の開始は信用情報には事故情報や異動情報という形で掲載がされます。

それにより、新しい借り入れをしようとすると、貸金業者は信用情報をまず参照します。

その信用情報に事故情報や異動情報がのっていると判断して貸し付けをしないという判断をほとんどの業者でします。

任意整理をしても信用情報に登録される

よく官報への掲載は任意整理はされないという記載をもって、任意整理では信用情報に登録されない、という勘違いをしている方が多いのですが、官報への掲載と信用情報の登録は関係ありません。

任意整理をしてもその情報は、事故情報や異動情報として信用情報機関に記載がされます。

任意整理をしたらいつから信用情報に登録されるのか

任意整理をするといつから信用情報に登録されるのでしょうか

これは上記の信用情報各社によって異なってくるのですが、それを細かくお伝えしても意味がないと思うので、基本的には任意整理をした時に事故情報として登録をすると考えてください

信用情報機関によっては、任意整理をしたこと自体は情報に載せないところもあるようですが、任意整理をすれば通常そのまま支払いはストップするので、延滞として乗るのです。

つまりは任意整理をしたことにより信用情報に載るのはいつからか?と聞かれると任意整理後3ヶ月以内には記載が完了すると考えましょう

信用情報機関は何年間登録されるの?

信用情報機関に登録される際には5年が基本的です。ごくまれに処理の仕方によっては7年間の登録になるらしいのですが、ほとんどのケースで5年なのであなたも基本的に5年だと思ってみてください。

信用情報機関への登録はいつから?

基本的には完済をしてから

これも信用情報機関によって「いつから」が微妙に違うのですが、基本的には任意整理を完済してから5年だと思っていただいたほうがいいです。

信用情報機関によっては債務整理を始めたときから5年なのですが、それを基準にあなたが動こうとすると、3年かかって債務を完済した場合に3年のズレがでてしまいます。

「最も長い信用情報機関を参照している会社を外して審査の申し込みをしよう」と思ったときに、もしあなたが借りられなければ、「借り入れをしようとして、申し込みを断られた」という事実も実は載っているので、完全に信用情報がまっさらになったときに、借りたら借りられたなんてことにもなりかねません。

この5年の間に貸す貸金業者も存在はする

実は現役で債務整理をやっていた時に、月に1度はあったのですが、「自己破産を1年前にしまして、また借りようと思ったら借りられちゃったんですが、やっぱり支払い苦しくなってきました」…というような場合があります。

債権者を見ると、「ああまたあなたたちね…」というような債権者が並んでいたりします。

信用情報に登録されていても、実は貸す貸金業者は存在しています。しかし、言っておきますと、その貸し付けをする業者の任意整理ははっきり言うと困難きわまるものがほとんどです。

任意整理をすると訴訟をして給与を差押にかかってくるところ、絶対に連帯保証人をとっているところ、そもそも任意整理に応じないところ、などばかりです。

もし、あなたが「また任意整理すればいいや」と思いながら借りるのであれば、それはとても危険な事なのでやめましょう。

当然ながら、ヤミ金融もあなたの情報をつかんだときには貸し付けにまいりますので、絶対に手を出さないでください。

信用情報から異動情報・事故情報が回復するとどうなる

信用情報からあなたの異動情報・事故情報が消えるとどうなるのでしょうか。

債務整理をしていた記録は残らない

まず、「この人は任意整理を利用して完済をしました」という記録は残りません。

その点はご安心ください。

Aさんの信用情報とBさんの信用情報

ここで同じ40代のAさんの信用情報と、任意整理を終えたばかりのBさんの信用情報を比べてみましょう

Aさん

Aさんは任意整理をしておりません。そのため、学生時代に百貨店がお得に利用できるカードに付随したクレジットカードと、社会人になってから利用したクレジットカードの使用と、住宅ローンの借入をしているためその利用くらいの情報が残っています。

Bさん

任意整理を完済しきったBさんの信用情報は、すべてが消えて真っ白という状態です。

スーパーホワイト

このような信用情報の状態をもってスーパーホワイトともいうようです。40代にもなるとAさんのようにクレジットカードをもつことはよくあります。百貨店の会員になるにあたって一緒にクレジット機能をつけてくる会社が今ではほとんどなのではないでしょうか。

そういったものもない信用情報については、「過去に債務整理をしたことがあるのではないか」という警戒をすることもあるようです。申込時にそういった過去について聞いてくる貸金業者もあるようなので、聞かれたら素直に完済した経済力があることを伝えるのがよいでしょう。

どうして信用情報を気にされていますか?

任意整理をして信用情報を気にされている人のパターンの半分程度は、「再度のローンが組めるのはいつからか?」そしてそのローンは「住宅ローン」か「自動車ローン」ではないですか?

そんな人のためにC・D・Fさんの事例を見てみてもらえますか?

住宅ローンを組みたいCさんの事例

Cさんは住宅ローンを組みたいという希望から任意整理を選択されました。

債務の調査の結果・自己破産や個人再生を利用できる状態でしたが、それはしないということだったので長期の5年60回の分割で任意整理を実行。

5年かけて完済し、その後の10年後に住宅ローンを利用しようと思ったのですが、Aさんはそのときもう42歳でしたので、23年のローンしか利用できませんでした。

任意整理後ためた頭金では足りないと判断され、やむなく親から頭金を積み増してもらってなんとか住宅ローンを組む事ができました。

自動車ローンを組みたいDさんの事例

Dさんは交通の不便な地域に住んでいらっしゃいました。

車のローンを4年前に借りたので、あと10年は使えるとふんだDさんは、任意整理をするにあたって車のローンを除いてすべての債務を任意整理をすることにして、次の車の買い替えに備えました。

しかし任意整理中に車で事故を起こしてしまい、幸いDさんに大きなケガはありませんでしたが、車は廃車となり、通勤の足がなくなったDさんはやむなく、原付バイクを友人に譲ってもらって生活をしています。

自己破産をしたEさんの事例

Eさんは、借り入れが膨らんでしまい、債務整理のために弁護士に相談にきました。

交通の不便な地域に住んでおり自動車が必要で、かつ住宅ローンを組みたいという希望もありましたが、任意整理にするにはギリギリのEさんに弁護士は、「自己破産をしてお金をためましょう。動車も一括で買えばいいのだし、住宅ローンもしっかり頭金をためておけばよい。」というアドバイスをしたところ、Eさんは自己破産に同意

すみやかに自己破産手続きをおこない、借金がなくなったEさんは滞納していた税金を次のボーナスで完済、ちゃくちゃくと住宅ローンに向けて貯金をして、自動車の買い替え時には現金の一括払いで購入、信用情報がなくなった時には、かなりの額の頭金ができており、住宅ローンの審査も無事通過しました。

自動車は現金で買い、住宅ローンを組みたいならば自己破産のほうが有利?

ちょっと極端なケースを3例みていただいたのですが、任意整理は元金をしっかり返していく手続きになります。

5年かけて支払いをして信用情報から事故情報・異動情報が消えるのに5年かかったら10年ですね。

自己破産や個人再生の場合は7年といわれているので、支払いがない自己破産の場合は7年。しかも支払い義務もありません。

車のローンもそうなのですが、任意整理中に壊れてしまうと、どうしようもなくなる事も多々あります。壊れてしまったときに車のローンを任意整理するとなったら、そこからまた5年が始まるのです。

再度ローンを組むために今は任意整理というのであれば、自己破産も積極的に検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

このページでは、信用情報について軽くご説明させていただいた上で、信用情報って何?いつから信用情報にのるの?いつ回復するの?といった情報についてお伝えしてまいりました。

この情報を気にしてらっしゃる人はまた借りる予定を考えている人かと、しかもほとんどが住宅ローン・自動車ローンだと思います。

文中にあったC・D・Eさんのケースを参考になさって、あなたにはどの手続きが一番いいか、ぜひ任意整理専門の弁護士・司法書士に聞いてみてください。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい