「私は任意整理をするべきでしょうか…」というそこから悩んでいらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。そんな方のために任意整理をすべきかすべきではないかをお伝えします。

基本的に借金の返済が苦しいなら任意整理をするべき

今このページをみているあなたは借金の返済に苦しんでいるのでしょう。まずは2つのタイプから任意整理をするべきかどうか検討しましょう。

返済ができなくなっているなら今すぐ任意整理の相談をすべき

今借金が返済できなくなって督促をうけているのであれば、間違いなく何らかの手当をうたなければなりません。

家に借金返済の督促が届く、電話に督促の電話がきている状況は精神衛生上よろしいとはいえませんので、いち早く手を打つべきです。

弁護士・司法書士が間にはいってくれると貸金業者は督促ができなくなるので、それだけで気持ちが一気に楽になります。

返済ができているけど苦しいと思っているなら任意整理はすべき

今は返済ができているけど、苦しいなぁと思っているなら任意整理はすべきなのです。

とはいえ、任意整理に気が引ける理由があるのは、債務整理で相談の補助をしてきた身としてはお見通しです。おそらく以下の3つに集約されるのではないでしょうか。

せっかく貸してくれたのに悪い

一つ目は、債務整理をすることに対する罪悪感です。

しかし貸金業者は思ったよりドライです。あなたが任意整理をするといったところで、極めてドライに淡々と事務処理をするだけですし、もともと貸金業者は最悪自己破産のように返ってこなくなるリスクを承知の上で貸しています。

相手も商売なので思い切って任意整理をしてもかまわないでしょう

住宅ローンや車のローンを組めなくなるのは困る

次に多いのが、住宅を持ちたいという希望があり住宅ローンを組みたい、あるいは車を持ちたくて車のローンを組む予定なので、任意整理をすることによる信用情報に掲載される事が困るという価値観です。

たしかに債務整理をすると信用情報に掲載される結果、自己破産・個人再生で7年、任意整理で5年は借り入れができなくなります。

しかしです、現時点で返済に困っていらっしゃるのであれば、まずこれから先与信をしてもらうのは非常に難しくなります。

自己破産や任意整理をして借金を0にするか軽くしてもらって返済し切って、頭金をためるなどして、信用情報に事故情報・異動情報としての記載がなくなった時に備えるほうがよっぽど良いといえます。

連帯保証人に申し訳ない

奨学金や、一部の中小企業や商工ローンが債権者の場合には借り入れ時に連帯保証人を入れている場合がありますね。

この場合債務整理をすると連帯保証人に申し訳ないという理由から債務整理をしないでがんばって払っていこうとしている人がたくさん見受けられます。

自己破産や個人再生の場合には迷惑をかけることになりますが、任意整理の場合には連帯保証がついている債務については外して行うこともできます

また、連帯保証人さんにお願いをして一緒に債務整理をすることで、解決できる場合もあるので、安易にあきらめるのはよくないでしょう。

支払いが苦しくなってから、どうしようもない状態で滞納をしてしまい、連帯保証人に迷惑をかけるよりかはマシだと考えます。

逆に任意整理をしないべきという決断はあるのか

任意整理をしないべきという場合は、もう1点だけです。

任意整理をしても支払えない場合には任意整理をしないべきといえます。

任意整理は長期分割ができても3年~5年は残元本を払っていく手続きになります。

ギリギリ払えるという見通しは大体崩れてしまうものです。

このような場合には、任意整理はしないべきで自己破産・個人再生という手続きをとるべきと言えます。

親戚に相談したら全額弁済してくれるので任意整理はしなくていい?

身内に相談したところ、一括弁済をしたほうがいいか、というのはこれはケースによります。

すでに遅延していて、遅延損害金がのっかっているような場合には、任意整理で遅延損害金をカットしてから一括弁済をしてしまったほうが払う額がすくなくてすみます。

遅延していないようなケースなら一括弁済もアリなのかもしれません。

任意整理をするべきといえる訳は?

すこし話をもどしましょう。任意整理は借金の返済にくるしんでいるならするべきといえるのですがそれには訳があります。

確かに存在する任意整理のデメリット

後述の通りに任意整理は借金を軽くしてくれるものなのですが、先にちょっとデメリットを一つだけお伝えさせてください。

任意整理には、すでにご存知だと思うのですが、信用情報機関に事故情報・異動情報として反映される結果、あらたな借入がほぼできなくなるという、いわゆるブラックリストという状態になります。

すでに支払いを3か月以上延滞している場合には信用情報に同じように登録があるので、デメリットにならないのですが、これからの人にとってはデメリットになりえます。

クレジットカードなどが使えないようになりますが、VizaデビットやETCパーソナルカードの利用で不便は感じなくなるでしょう。

信用情報以上に大きい借金完済につながるメリット

信用情報に登録されるデメリット以上に感じられるのは次のようなメリットになります。

払いすぎた利息がある場合には差し引き計算ができる

最高裁判所は利息制限法以上で貸し付けていた場合の利息の受け取りを無効としています。もしその利息で払っていた場合には今のこってる借金と差し引き計算をする結果、債務額が圧縮される可能性があります。

遅延損害金が原則カットされる

支払いが遅延している場合には遅延損害金という形で請求額がされるようになりますが、任意整理手続きをとるとこの一括請求をカットすることができるので非常にメリットになります。

利息の発生をとめることができる。

借り続けるからには利息制限法の範囲内ですが、利息をとられ続けます。

100万円の借入がある場合には利息制限法では年間15万円の利息が発生しているのです。

これが無くなるだけでも借金完済への道はぐっと近づくのです。

任意整理なら債権者が選べる

たとえば住宅ローンや自動車ローン、連帯保証人がついているような債務を整理してしまうと、対象財産の引き上げや債務整理をしたことを知られてしまうおそれがあります

任意整理なら債権者を選んで影響を小さくできる可能性があります。

プライバシーが守れる

任意整理はきちんとしていれば、自宅に裁判所から郵送物がくるようなことはありません。弁護士・司法書士からの郵送物は工夫をすればわからないようにできますので、プライバシーが債務整理手続きの中で一番守られる手続きになります。

督促がとまる

任意整理だけでなく、自己破産・民事再生などの債務整理をすれば、今きている督促は止まります。ですので、督促がきていて精神衛生上よろしくないというのであれば早めに相談をしてしまいましょう。

まとめ

このページでは、任意整理をするべきかどうか悩んでいらっしゃる方のためにとりあえず弁護士・司法書士に相談をするのがよいという事をお伝えしました。

借金の返済に苦しくなっている場合には早期に何らかの手段を講じるべきであって、そのための手段を情報サイトから探すのもよいのですが、債務整理にある程度の法則性があってもあなたのケースであてはまるかは相談してみないとわかりません。

是非まずは下記リンクの債務整理に強い弁護士・司法書士に相談をして、解決の糸口を探ってみてください。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る