Q:

私は専業主婦ですが、クレジットカードで買い物をしすぎて、家計の中ではやりくりできなくなってしまいました。夫には内緒で債務整理をすることは不可能でしょうか?

A:

可能といえば可能ですが、できればご主人にお話しをされたほうがいいと思います。

夫に内緒で任意整理をしたいならば相当な作戦を債務整理専門の弁護士・司法書士と一緒に行うほうがよいでしょう

専業主婦でも任意整理をすることができるのか

専業主婦でも任意整理をすることができるのでしょうか

おさらいとしての任意整理とは

任意整理とは、債権者とあなた(の代理人の弁護士・司法書士)が支払いの総額・支払い方法・支払い額その他条件について相互にあゆみよって返済をするように和解契約を結ぶ手続きのことをいいます。

和解契約とは相互に歩み寄って争いになっている事項に合意をして争いをやめる契約のことをいいます。

支払いが苦しいというあなたは、この先の支払いについてもっと軽くしてほしいという要望をもっています。一方貸金業者は契約どおりの支払いをしてほしいという要望をもっています。相互の要望が対立状態にあるので、相互に歩み寄って和解をするわけですね。

支払いができていないという場合には、あなたは上記と同じく支払いをまってほしいであったり、利息を軽くして、遅延損害金も少なくしてほしいという要望があり、貸金業者としては契約通りの支払いをしてほしいという要望をもっています。この2者の要望の中間をとるわけですね。

この対立を任意整理手続きでは原則、借金の元金を3年~5年の分割払いで、利息・遅延損害金をカットして払っていくという風に弁護士・司法書士に依頼をするとまとめてもらえるのです。

おさらい2、任意整理と自己破産・個人再生との違い

任意整理手続きは債権者との和解の交渉なので1社1社と個別の交渉をする手続きです。

これに対して、裁判所を利用して借金の問題と向き合うのが自己破産・個人再生の手続きとなります。

任意整理は元金は支払っていかなければなりません。借金を0にする自己破産手続き・借金を大幅に減額してくれる個人再生と違います。

個人再生とは借金を払い続ける手続きという意味では共通していますね。

おさらい3、任意整理手続きを利用できる人

任意整理手続きを利用できる人は、端的にいうと、和解契約書の内容を守れる人です。つまり借金の元金を3年~5年をかけて分割弁済ができる人が利用をできます。

アルバイトでもパートでも利用はできますし、無職でも身内がお金を出し続けられるのであれば利用することは可能です。

専業主婦でも任意整理手続きは利用できるのか

一つ前の項目でもお伝えさせていただいたように、専業主婦でも支払いが可能であれば任意整理を利用することができます。

家計をやりくりして捻出できる金額があるならばそれを支払いに充てて、あるいは身内から支払いをしてもらえるような場合には身内に支払いをしてもらって任意整理をしている専業主婦はたくさんいます。

夫に内緒で任意整理をしたい専業主婦のタクティクス

家族に内緒で任意整理をするにも相当な戦略が必要ですが、財源の確保という難しい局面におかれる専業主婦においては、夫に内緒ですすめるためには相当戦略的に事をすすめる必要があります。

財源確保をどうするか

今のあなたの経済状態や、家庭状態によるのですが、あなたがいま考えているのは家計をやりくりしてそこから捻出すると考えていませんか?

この場合、相当家計を節約して、夫が何かにつかっているのではないかとバレないようにするために相当な努力が必要となります。

ライフステージを考えて、住宅ローンを考えているとか、子供の進学資金をどうするとかいうような事情でどうしても夫と話さなければならないような場合には、夫には本当の事を話してしまうのは一つの考え方です。

いざとなったときに、任意整理をしていてお金がないとなった場合に下手をすると離婚話にもなりかねません。話すのであれば傷が浅いうちに話してしまうのは考えておかなければならない事でしょう。

あとはできれば実家や兄弟からの援助ができないか打診してみましょう。

実家から借りたり援助を得られることができれば、今の生活を維持しながら任意整理をすることが可能になります。

情報が夫にもれないように

任意整理に限らず、自己破産・個人再生が夫にバレてしまうパターンとして郵送物を開けられてしまうという事があります。

法律事務所の封筒で弁護士名義での郵送がきていれば、誰だって心配するものです。親展と書いてあっても開けて何がおきているのか、と見てしまうことは十分にあります。そこで以下の方法でわからないようにしましょう。

事務所の封筒ではなく茶封筒を使う

専業主婦宛てに弁護士事務所・司法書士事務所から封筒がきているというだけでも上記のように警戒するものでしょう。

弁護士事務所・司法書士事務所で使っている事務所の封筒ではなく茶封筒などにしてもらって、一般の郵便物と一緒にしてみましょう。

送り主の名前に工夫してもらう

たとえ茶封筒で送ってもらっても、そこに弁護士〇〇〇〇と書いていれば、弁護士から書類がきているのがわかってしまいます。

できれば弁護士や司法書士の肩書をかかないようにしてもらって対処しましょう。

頼んだ弁護士が男性だった場合、異性からの手紙に浮気・不倫を疑われてしまいかねないので、女性事務員の個人名で送ってもらったりすることが可能か、弁護士・司法書士に依頼をするときに頼んでみるのもよいでしょう。

宛先を変えてみる

自宅に封筒が届いているとなんでもかんでも開けてしまう方は開けてしまいますね。

では一緒送り場所を変えてしまってもらうのが一番有効な手です。

たとえば実家に送ってもらうとか、兄弟の家に送ってもらうとか、あるいは局留めにしてもらうという方法は割とオーソドックスな情報管理の手段といえます。

夫や子供、家族に影響は出ませんか?

任意整理を秘密に行う・または協力して行うとしても、任意整理をすることにより家族に影響が出てしまうのではないか?という事が気になりますね。

夫への影響

よくある質問をピックアップしました。

夫の会社にわかってしまうのではないか?

非常によくある質問がこちらになります。夫が勤務している会社に任意整理をした事実がわかってしまい、夫が職場で出世できない・解雇されてしまうのではないか?といった声です。

こちら端的にいうと全く心配ありません。

任意整理は依頼者(あなた)と債権者(消費者金融・信販会社などのあなたが借り入れをしている先)の間に弁護士・司法書士が代理人とした立ち和解をまとめる手続きです。

債権者になる人たちは信用情報機関という個人の信用に関する情報をまとめている会社と情報のやりとりをするために加盟をしております。

債務整理をはじめた場合に、信用情報に事故情報として登録されるのですが(いわゆるブラックリスト)(これはあくまで個人のものであり、夫に情報が紐づけられてしまうような事はありません。

ですので、信用情報への事故情報の登録が起点となって、夫の会社に知れてしまうような事はありません。

また、自己破産や個人再生の場合には官報という国の新聞に手続き開始などの情報が載ってしまうのですが、任意整理は裁判所を通じてする手続きではないので、このような心配もありません。

夫に影響が及ばないように離婚をしたほうがいいのか

ご質問の中には、「私が払えなくなったり、裁判をされた場合に備えて離婚をしておいた方がいいですか?」という質問もあります。

なぜそのような事を聞くのですか?と聞いてみたところ「夫の給与や財産が差押を受けたりしないですか?」というのが心配にあるよですが、原則はそのような事にはなりません。

ただし夫が連帯保証人になっている場合には、夫への請求・給与ざ財産を差し押さえることができてしまいます。

通常のよく名前が知られた債権者では連帯保証人になることはないのですが、中小規模の消費者金融や、商工ローンと呼ばれる債務については特に注意が必要です。

夫も一緒に債務整理をしなくてはならないか

なかには夫婦で借入をしていて、夫・もしくは妻のみ任意整理で借り入れを減らしたいという要望もよく聞く話です。

どうしてそのような事をご希望ですか?と聞いてみたところ「将来住宅ローンを借りられるようにしておきたい」「何かあったときのためにどちらかは借りられるようにしておきたい」といったことが多いのです。

法律上、夫婦で借り入れをしている場合に任意整理を一緒にしなければならないとする法律はありません。

しかしながら、できれば夫婦一緒に債務整理をしてしまうほうが望ましいと思います。

というのも、このような状況で夫婦の一方のみが債務整理をしても、うまくいかないことのほうが多いからです。

将来の住宅ローンに備えてというのであれば、苦境で支払いを続けるよりも、債務整理をして借金を早々に無くしてしまうほうが可能性が広がります。

子への影響

夫への影響を心配する次に多いのが、子に影響するか?ということです。

子の進学・就職について

子がまだ独立していない人に多い質問です。結論から言うと任意整理をはじめとした債務整理をしたからといって子の進学・就職について影響する事はありません。

なぜなら、子の進学・就職にあたって親の信用情報等を見ることはほぼ皆無だからです。

子の借入・カード作成

親が債務整理をしたからといって子が住宅ローンなどの借入ができない・カードを持てないということがあるのでしょうか?という質問も多いのですが、結論としてはそのような心配をする必要はありません。

なぜなら、信用情報は債務整理をした親個人に対してだけ記載されているので、子は関係がないのです。

ただし、例えば住宅ローン借り入れをする際に、子の連帯保証人になるというような場合には、連帯保証人になる審査をするのに信用情報が見られるため、連帯保証はできないという点だけ考慮が必要です。

まとめ

このページでは冒頭ですこし任意整理のお話しをさせていただいて、専業主婦でも任意整理ができるのかということをお伝えさせていただいた上で、後半では夫に内緒で任意整理を勧めるための戦略についてお伝えさせていただきました。

家族に内緒で債務整理をするというのは結構難易度の高いことだという自覚をもっていただいて、案件が豊富で内緒にすることも得意な債務整理専門の弁護士・司法書士に依頼をすると成功率がぐっと上がります。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る