Q:

私はうつ病で仕事ができなくなってしまい、生活保護を受けて暮らしています。自己破産はしたくないので任意整理をしようと思っていますが、できますか?

A:

法律上それを規制する法律は存在しませんが、ほとんどのケースで自己破産手続きをすることが望ましいといえます。

生活保護を受けながら任意整理をすることができるか

生活保護を受けながら任意整理をすることなどできるのでしょうか。

任意整理は支払っていくことが前提の手続き

任意整理は支払っていくことが前提の手続きになります。

つまり、生活保護を受けながら任意整理をするということは、受け取る保護費の中から弁済をしていくということになります。

法律上は規制をしていない

確かに生活保護を受給している場合にはその保護費の使い道には何らの制限もありません。

ですので、極端な話そのままパチンコに使ってしまおうが、キャバクラに使ってしまおうが自由といえば自由なのです(本人が生活できなくなりますが)

それと同じ原理でいうなれば、借金の返済に生活保護費を充てるのはできるということになります。

最悪の場合には至急されない恐れも

とはいえ、昨今生活保護に対する目も厳しくなってきました。

あまりにも生活保護の趣旨を逸脱するような使い方をしている場合には、要保護性がないとして支給を制限することもあるようです。

借りたものを返すのは当たり前という感覚はあるかもしれませんが、法律は返済ができない場合には自己破産という手続きを用意している以上、借金がある場合に生活保護費の中から返済をすることは、生活保護の趣旨に反するお金の使い方という評価がされるようです。

したがって、自治体の中には、生活保護の支給を停止する措置を取っているところもあるとのことです。

生活保護をうけなければならない場合には自己破産を

生活保護を受けなければならない場合には自己破産を基本的に選ぶことになります。

弁護士費用が高くて、自己破産手続きを選べないという方には、民事扶助という手続きを通して弁護士費用を立て替えてくれる制度を利用することができます。

民事扶助の利用ができる場合、低収入を原因とする場合には月々5,000円程度の支払いをしなければなりませんが、生活保護を受けている場合にはそもそも立て替えてもらった弁護士費用を返す必要もなくなります。

ですので、自己破産手続きの利用が第一選択肢になります。

生活保護を受けていても任意整理ができる場合

生活保護を受けていても任意整理ができる場合については以下のような事が考えられます

一括返済をしてくれる親族等がいる

一括返済をしてくれる人が親族等にいる場合には任意整理を利用しましょう。

一括返済してくれるのだから任意整理はいらないだろうという意見も出てきそうですがそうではないのです。

任意整理をすると遅延損害金をカットできるので支払える額が少なくて済むのです。

毎月任意整理分を払ってもらう…は注意!

分割で任意整理をして、その債務については親族等、とくに扶養義務のある家族に払ってもらうのは絶対に避けましょう

インターネットを見ていると、このやり方で任意整理をしようみたいな書き込みを発見したのですが、こちら役所にわかってしまった時にはおそらく保護費が削られます。

というのも、生活保護を受けるにあたって、扶養義務のある家族からの扶養ができないことを前提に生活保護費は満額支給されています。

毎月だせるのであれば、「扶養義務の履行が可能」と判断し、生活保護をその部分だけ削られてしまう可能性があります。

まとめ

生活保護をもらって任意整理をするということは、「一括弁済」を前提とした場合以外は無理ということをご承知いただいた上で、どのように債務に対する手当をすすめていけばよいかは下記リンク先にある専門家に問い合わせをして適切にすすめていくようにしましょう。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る