任意整理の弁護士報酬の相場はどのようになっているのでしょうか?という質問を先日いただいていたので、このページでまとめてみたいと思います

任意整理でかかる弁護士報酬の種類について

任意整理でかかる弁護士・司法書士の報酬の種類についてはどのような内訳になるか整理しておきましょう。

法律相談料

任意整理や自己破産・個人再生をはじめとする法律相談を行ったときに発生する費用のことをいいます。

通常弁護士・司法書士その他の国家資格で運営している士業といわれる人に相談をする際には30分5000円の相談料が発生するのが大体の相場です。

しかし、債務整理をしなければならない状況の人がどのような状況かということを考えれば、この5000円すら出せない状態の方でしょう。

そこで、債務整理に慣れた弁護士・司法書士事務所では相談の敷居を低くするために相談料をとらないところ(=無料)とするところが非常に多くなっています。

弁護士会・法テラスや市区町村でも無料相談をやっていますが、どうせなら専門性高くやっている事務所の無料相談がいいですね。

着手金

次に弁護士・司法書士が事件に着手するだけで成功しようが、失敗しようがもらう金額のことを着手金と呼んでおります。

通常弁護士・司法書士に依頼をするときには、着手金を一括でお支払いくださいという事になるのですが、前述もしたようにその支払いすらできない人が通常なので、後払いの分割にしてくれる事務所が非常に増えてます。

こちらのページの任意整理を専門としている弁護士・司法書士は分割に応じてくれる場所になりますので、ぜひ相談をしてみてください。

解決報酬金

任意整理が成立して業者と和解したときに発生する報酬の事をいいます。後述の減額報酬金と一緒に業者への支払いをしながらいっしょに分割で納めていくのが通常になるようです。

減額報酬金

任意整理で債権者が当初主張していた金額よりも減額に成功した場合の金額の事をいいます。前述の成功報酬金と一緒に分割して支払っていくようになります。

過払金報酬金

過払い金請求ができるくらいに利息が払いすぎていた場合に弁護士・司法書士がもらえる報酬のことをいいます。

弁済代行手数料

債権者への支払いのために弁護士事務所がお金を預かり、そのお金を債権者に払う場合に収受する手数料があります。

任意整理でもらえる報酬は弁護士会が決めている

任意整理でもらえる報酬は日弁連が決めています。具体的には次の通りです。

相談料・着手金について

規定はないので自由に設定できます。

解決報酬金

原則として2万までという風に規定をして決められています。例外的に商工ローンの担保貸付などの解決報酬金5万まで可能なようです。

減額報酬金

解決した額の10%を限度にするように規定をして決められています。

過払金報酬金

過払い金の取り戻しに訴訟をしなかった場合には25%まで収受することが認められています。

Aさんの場合で弁護士・司法書士の報酬をみてみましょう。

次のAさんの場合で、弁護士・司法書士はいくらまで請求できるようになるのか見てみましょう

Aさんの場合

Aさんは消費者金融1社に200万の借入をしていたところ、債務整理専門の事務所に任意整理を依頼した結果、40万の過払い金が生じており、訴訟外で和解をして返還してもらいました。

相談料

債務整理専門の事務所に依頼をしているので、無料であると考えられます。

着手金

弁護士が自由に決められますが、5万くらいまでが限度です、本件では5万としておきます。

解決報酬金

とくに難しい案件ではなかった本件の場合2万が限度ですね

減額報酬金

本件では200万の債務がまず0になるところまでは減額しました。10%を基準にすると20万の減額報酬が発生しています。

過払金報酬金

本件では40万の過払い金が発生して、訴訟外で取り戻しているので、25%を上限とすると10万の過払金報酬金が発生しています。

本件の場合の支払い方法

では、Aさんの事例の場合にはどうやって支払うのでしょうか?

Aさんの事例では着手金5万円、解決報酬金2万円、減額報酬金20万円、過払金報酬金10万円の合計37万円が発生しています。

依頼者の心情としては、過払い金40万をいったん手元にもらい、払わなければならない37万円は分割で…といいたくなるところでしょう。

しかし、この場合には過払い金40万円と37万円は差し引き計算され、3万円が手元に戻ってくることになります。

どうしても入用がある場合には相談に乗ってくれる事務所をあるかもしれないので、相談をしてみましょう。

弁護士・司法書士の任意整理費用の相場はどうなっているのか

では実際の弁護士・司法書士費用の相場はどうなっているのでしょうか?何か所か渡り歩いてきたのでお伝えできる生の感覚は次のとおりです。

相談料

こちらは冒頭でもお伝えさせていただいた通り、無料となっているところがほとんどです。

着手金

事務所によって異なるのですが、2万~5万で差があります。

解決報酬金

こちらは2万めいっぱい程度まで取るところが多いです。

減額報酬金

こちらも10%の上限までとるところが多いですが、最近では取らないところも見かけます。

過払金報酬金

こちらは20%とするところが多いように感じます。

実際に見てみよう。お勧めの法律事務所4つの報酬体系

では当サイトでお勧めしている法律事務所の報酬体系を見てみたいと思います。

天音法律事務所

公式ホームページはこちらから

相談料

無料となっております。

着手金

39,800円となっております。分割可となっております。

解決報酬金

19,800円となっております。

減額報酬金

10%となっております。

過払い報酬金

訴訟によらない場合には20%、訴訟による場合には25%がかかってきます。

総評

着手金が上限相場よりも1万円くらい低く、過払金報酬金も20%と上限相場よりも低いので比較的お得なのではないでしょうか。

ふづき法律事務所

公式ホームページはこちらから

相談料

無料となっています。

着手金

39,800円となっております、分割も可能なようです。

解決報酬金

19,800円となっております。

減額報酬

10%となっております。

過払金報酬金

20%となっております。

総評

上記天音法律事務所と同じですね。着手金が比較的安いので利用しやすいでしょう。

弁護士法人サルート法律事務所

公式ホームページはこちらから

相談料

無料となっております。

着手金

49,800円となっております。

解決報酬金

19,800円となっております。

減額報酬金

10%となっております。

過払金報酬金

20%となっております。

総評

着手金が上記2事務所より1万円高く設定されております。

上限ギリギリといえるでしょう。それだけ成功への自信があるのだと思われます。

まとめ

このページでは、弁護士費用の相場がどうやって決められているかという観点から、上限がどうなっていて、相場がどのようになっていて、実際の弁護士事務所の費用をみていただきました。

相場は着手金のところで自由化されているので、きちんと確認をして相談してみるのが良いと思います。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい