Q:

現在消費者金融に2社クレジット1社の借金があります。

インターネットショッピングをよくするので、クレジットカードは外して任意整理をしたいです。

手続きの対象にしなかった他のカードはこのまま使い続けられますか?

A:

当分は任意整理の対象にしなかった他のカードは使えます。

しかし、クレジットカード更新の際に信用情報を見られてしまったら、使えなくなる可能性が高いです。

Contents

任意整理しなかった他のカードはどうなる

冒頭の質問者のようにクレジットカードを残したいという希望をされる方はたくさんいらっしゃいます。

たとえば田舎に住んでいて、買い物が不便なのでインターネットでの買い物をしている、であったり、ドライバーさんに多いのですが、ETCカードを使っているという理由から任意整理の対象にしないことがよくあります。

この場合、対象にしなかった他のカードはどうなるのでしょうか?

介入しないので当面は使える

任意整理の対象として介入するような場合には、クレジットカードも使えなくなるのは当然の感覚としてもっていただけると思うのですが、対象にしなかった場合には当面はそのカードは利用可能な状態が続きます。

ですのでこの期間、インターネットの買い物やETCでの利用もできるということになります。

カードの期限がきて更新したら使えない可能性大

カードには通常使える期限があります。解約をしなければそのまま更新の作業になるのですが、この更新の作業の際に利用ができなくなる可能性があります。

なぜなら、カードの更新をするにあたって審査をしなおすようで、その審査にあたっては信用情報を参照するため、債務整理をしなかったとしてもこの状態の人に与信はできないということになるでしょう。

ですので、任意整理の対象にしなかった他のカードは更新時に使えなくなると考えてください。

あとから追加で他のカードを任意整理することはできる

では使えなくなったらそのカード会社と任意整理することはできるのでしょうか?またやってメリットがあるのでしょうか?

まず任意整理ができるかですが、こちらは任意整理をすることができるので、追加で弁護士・司法書士に依頼をするとよいと思います。

クレジットカードへの介入に意味があるか?という質問ですが、キャッシングのように払いすぎていた利息があって差し引き計算の対象になる部分というのがないため、意味がないとおもっていらっしゃる方もいます。

しかし、クレジットカード会社も利息の請求はしてくるので、これをカットできる任意整理をすることで、完済がぐっと早まるでしょう。

カードは生活に必須!任意整理しても使いたい方のために

クレジットカードは現在では生活をするのに必須のアイテムともいえるでしょう。インターネットでの買い物をするにあたってはなければ決済ができませんし、生活圏で高速を含めた有料道路の利用にあたってETCがなければ不便極まりないといえるでしょう。

そこで以下のようなアイテムを利用して、クレジットカードの利用に替えてみてはいかがでしょうか。

ETCパーソナルカード

まず紹介するのが、お車を利用される方のためのETCパーソナルカードです。

簡単に言うと前金でお金を入れるて利用するETC専用のカードで、これでもETCを利用することができます。

前金でお金を入れるシステムになっているので、信用情報が関係なく任意整理をしていても使えるカードになります。

Vizaデビット

次に、インターネットの買い物等の利用にあたってどはVizaデビットの利用で買い物ができます。

こちらは銀行の預金残高に合わせて、Vizaの利用ができるシステムになるので信用情報が関係ないので、任意整理をしていても使えるカードになります。

まとめ

任意整理をしたときに他のカードの利用はすぐにはとまりませんが、更新の際に利用ができなくなるので、追加で任意整理に加えるとよいということと、クレジットカードに代替するシステムについてお伝えをしてきました。

変わりのETCパーソナルカードやVizaデビットがあるので、実はそんなに不便することはなく生活をしていけるので、クレジットカードも初めから任意整理の対象に加えてしまってもよいかもしれません。

その他クレジットカードがないと困る場合には弁護士・司法書士に申し出ると、いい解決策をもらえると思いますので、債務整理を専門とする弁護士・司法書士に依頼をするようにしてください。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る