任意整理をしたものを早期返済をしたいというのは、手続きを利用しただれしもが思うのではないでしょうか。このページでは、任意整理を利用した早期返済のコツを伝授したいと思います。

任意整理で早期返済ができる理由をおさらい

まずは、これから任意整理をしようとしている方向けに任意整理で早期返済をすることができるメカニズムについておさらいしたいと思います。ポイントは3つです。

払い過ぎていた利息で債務を圧縮

借入がながい場合には、利息制限法以上出資法未満の範囲の利息で借り入れをしていた場合があります。その場合、利息制限法以上の利息は無効であると最高裁がすでに判断をしており、払ってしまったものは今残っている額と差し引き計算をして圧縮することが可能です。

その結果、借り入れが長い場合には大幅に債務が圧縮され、場合によっては完済・払いすぎていた利息のほうが多くて返してくれという過払い金請求という事もあるのです。

遅延損害金をカット

支払いが遅れているような場合には遅延損害金が発生しています。弁護士・司法書士が介入をして任意整理をすることで、この遅延損害金をカットできるシステムとなっております。

支払いが遅れていて遅延損害金がかさんでしまっているような場合には、支払いをカットすることが可能となります。

将来利息を支払わらなくてよい

任意整理をすることによってこれから発生する将来利息と呼ばれるものを弁護士・司法書士がカットして和解をしてくれます。

その結果返済すればいいものは元金だけになり、早期返済が可能となります。

早期返済のコツ

それではここから任意整理を利用した早期返済のコツをご紹介したいと思います。

和解案はできる限り長く組んでもらうのが鉄則

あれ?早期返済?と思うかもしれませんが、任意整理は3年~5年にわたって支払っていく手続きになります。

たとえば、月7万の支払いができるからといって、総額で7万の支払いを2年で終わらせるような早期返済のプランを組んだとして、その2年のうちに、病気やケガで入院するなどして支払えない状態になったらどうしますか?というのが問題なのです。

月7万の支払いができるのであってもできる限り月3万くらいで5年で分割をしてもらい、月4万を貯蓄にまわして不慮の収益が途絶えることや出費に備えることが重要です。

そしてそのため込んだお金を次のように使うのです。

一括弁済できるまで貯めて、一気に支払ってしまう

緩めに組んだ分割弁済なので手元に貯金が出来てくるはずです。たとえば手元に20万の貯金をつくれたとして、A社に100万を2万5千円づつ支払い、B社に50万を1万5千円づつ、C社に20万を5千円づつ支払っているような場合、手元の20万を利用して、C社20万円の残額をすべて支払ってしまうのです。これによりあなたは月に5千円手元に多くためることになって次にはB社を一括返済してしまいます。最後にA社を一括返済してしまえばよいのです。

繰り上げ返済には意味がないからやめる

住宅ローンの返済などで賢い返済方法として、繰り上げ返済がよく取り上げられていますね。

これは、月々の返済額を約定の金額よりも多く支払ってしまうことにより、金利の発生を抑制して早期返済に役立つ方法です。

しかし、任意整理では意味がないので気を付けましょう。なぜなら任意整理は元本払いをしているだけで利息がついていないからです。

最後に一括して返そうが繰り上げ返済をしようが返済額も期間も一緒です。

それならば、先に申し上げたとおり不慮の事故や出費に備えて1円でも多く手元に留め置くべき、ということになります。

まとめ

このページでは、任意整理を利用しての早期返済のタクティクスについてお伝えさせていただきました。

任意整理は大きく返済額を減らしてくれるものなので早期返済をしたい方にはもってこいの手続きであるとともに、3年~5年は継続して払わなければならないものなので、支払いを必ずできるようにした状態でしっかり手持ち預金を貯めて、支払いができるときに一括返済をしてしまうのが、早期返済へのタクティクスとなります。

そのための、手持ち資金をためられるゆとりある和解をしてもらうために、下記リンク先の債務整理専門の弁護士・司法書士に依頼をするようにしましょう。