Q:

任意整理をうっすら考えはじめています。どのようなタイミングで相談に踏み切ればよいかおしえてください。

A:

法律では決められたものではないですが、今がすでにそのタイミングかもしれません。

任意整理の相談をするタイミングは人それぞれ

これを言ってしまうと見も蓋もないとおっしゃられるかもしれませんが、任意整理を相談すべきタイミングは人それぞれです。

ただしいて言うなら、この記事を今みているという事は、あなたは頭のどこかで任意整理を考えているのかもしれませんね。

結構な数の債務整理の相談補助をしてきたので、いくつか実例をみていただきながら、早めのどのタイミングで相談すべきだったのかという事についてお伝えします。

任意整理を相談してくるタイミング3選

いわゆる雪だるま式になった

もう何年も借りていて、消費者金融に返済して、枠があればおろしという状態を常にキープしはじめた頃ですね。

生活をかつかつにしても生活費が追い付かず、枠がどんどん狭くなってきて生活に苦しくなってきた頃です。

このままいくと普通に生活をしているだけで債務額がどんどん増えていくので、雪だるま式に借金が増えていく頃ともいわれます。

このタイミングはやや遅いといえるでしょう。

返済ができない

タイミングとして一番多いのは、給料の引き出しをしてそのまま返済をしようと思ったところ、足りなかった場合ですね。

どこかの時点で自分はもう払えないのではないかと思っていたはずなのですが、支払えると思って毎月すごしているもののある日突然支払えなくなった時です。

持っている消費者金融のカードをひたすら返済してまわっているうちに足りなくなってどうしよう…となった場合ですね。

任意整理の相談に来られても、債務額次第ではすでに任意整理できる範囲を超えていて、自己破産や民事再生を選んでいただかないとならない場合が多くあるので、タイミングとしては遅いということになります。

裁判所から通知がきた

次に相談に来るタイミングとして多いのは、貸金業者から訴訟をされて急いできました!という場合です。

こうなるとその貸金業者との任意整理は多難を極めるため、支払いを延滞した時点ではまだ任意整理でいけたものの、訴訟をされていることによって和解が厳しくなりその結果総合的に見ると任意整理は無理という結果になりかねません。

タイミングとしては遅すぎということになります。

すこしでも苦しいと思ったときがタイミング

債務整理で任意整理を希望されているのであれば、消費者金融への返済と引き出しが日常に組み込まれ始めた時にはすでに任意整理を始めるのに適しているときです。

上記で任意整理の相談のタイミング3選をお伝えしましたが、ほとんどのケースで自己破産を選んでいただくか民事再生を選んでいただくのが妥当ですね…というと、「あと2万なら気合いで払えます!」とバナナのたたき売りのように月に支払える費用が相談時には増えるのですが、実際和解交渉をするという段になると、「やっぱりあと2万は払えません」というのが通常のパターンです。

これが平成20年くらいだったら、任意整理の結果債務が圧縮されるのが通常でしたので、結果次第で…といえたのですが、出資法が改正され、利息制限法以上の違法な利息の受け取りがなくなった今では、債務額が劇的に圧縮するといった状況はあまりなくなってきました。

これに従い、最初から最後まで任意整理で行きましょうと言えるのは、まだ本人に多少の余裕があるような状態の人くらいに変わりつつあります。

タイミングを数字ではかりたいなら

今が任意整理をすべきタイミングかどうか客観的な数字ではかりたい、とおっしゃるなら一つの基準をおつたえします。

自分の今の総額の債務額を36回で割った場合に、収入から支出を引いた支払い可能額で支払い切れるかどうか、が一つの目安になります。

たとえば収入が手取り27万で、月の支出が20万だとすると、借金返済に充てられるのは7万だといえます。

債務総額が300万あると36回分割では8万4千円程度になるので、もうタイミング的には遅いくらいです。60回分割ができる債務整理に強い弁護士・司法書士に依頼をすることでしか任意整理はできないでしょう。

まとめ

このページでは任意整理を相談するタイミングについてお伝えしました。

任意整理を相談しに来てくれる人がほぼほぼ手遅れ気味の人が多く、なんとか任意整理するには弁護士・司法書士が60回の分割を認めさせるしかないという状況になってきています。

もしあなたがタイミングはいつなんだろう?と考えているなら今こそがそのタイミングだという事を肝に銘じて、早めの相談をされることをお勧めいたします。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る