Q:

父は借金を残したまま死んでしまいました。子である私たちは相続人としてこの借金を支払わなければなりませんか?支払うとして任意整理は利用できますか?

A:

状況によりますが、基本的には相続放棄をするのが望ましいでしょう。

しかし、自宅など相続したいものがある場合には相続をして相続人が任意整理をすることはできます。

借金の相続の場合の基本は相続放棄

冒頭の例のように、借金を相続してしまった場合には借金を相続することになります。

生前借金が払えておらず、遅延損害金が凄い額になっているなどした事例では、任意整理で圧縮して払ってしまえばよいのではないか?という考えも沸くのですが、ここは任意整理ではなく相続放棄を選択してください。

相続放棄とは

相続開始の時(被相続人、冒頭での例でいうと父が亡くなったとき)から、相続人ではなかったと取り扱ってくれる民法に基づく手続きになります。

相続の開始を知ったときから3か月以内に、管轄をする家庭裁判所に申し立てをして行う手続きになります。

裁判所からの書類のやりとり2往復程度で済むので、弁護士はもちろん裁判所に提出する書面の作成が仕事である司法書士でも作成できます。行政書士は裁判所への書類の作成権限はないので無理だとおもってください。

相続放棄をすることによって相続人ではなかったことになるので、借金も相続しなかったことになり、任意整理をする必要がなくなります。

相続放棄を使えない場合

ただこの相続放棄ですが、「借金は相続しないけど、家は相続する」というような事ができません。Aさんの事例をご覧ください。

Aさんの事例

Aさんは父親が住宅ローンを組んでいた家に住んでいました。父親は住宅ローンのほかにも債務をかかえていたのですが、父が病気で亡くなってしまいました。

Aさんは、自宅に住んだまま債務を処理したいと考え、弁護士に相談にいきました。相続放棄を考えていたようですが、自宅を手放すことになる相続放棄は利用できないと知ったAさんは相続放棄を諦めます。

債務の内容が明らかではなかったので、父の遺品の中から債権者を特定し、債務の調査をおこなったところ、借金は500万円ほど請求されていた借金は半分の250万円ほどに減ることが判明しました。

親類からの援助を得て、任意整理で減額してもらったものを一括返済したAさんは引き続き自宅で暮らすこととなりました。

住宅ローンは、団信で完済扱いになる。

住宅ローンの支払いはどこへいったの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、こちら団信と呼ばれる団体信用生命保険と呼ばれる仕組みを住宅ローンを組むときに入るので、病気で亡くなったような場合にはこの保険で生命保険をカバーするため、支払いはありませんんでした。

残った債務の支払い義務は残る

住宅をそのまま自分が住み続けると決めたAさんは、住宅を維持しつづけるために相続放棄をせずに、そのまま相続をすることになります。

結果、借金が払えない場合には、任意整理か個人再生を選ぶことになります。

自己破産は住宅ローンが完済された住宅がある以上、住宅の価値によりますが利用できないとみるべきでしょう。

個人再生も清算価値保証のため、価格によりますが借金減額の効果が見られるかどうかわかりません。

つまりAさんは住宅という資産を売れば、債務は完済できるじゃないか、という状態で債務整理をさせられるのです。

このような場合にはやはり、任意整理を選んでどうにか返済をする、という事になります。

まとめ

相続と絡んで任意整理が必要な場合について御伝えしてきました。

住宅ローンを抱えたまま被相続人が亡くなったような場合には、自己破産・個人再生手続きが逆についえないという状態にもなりかねないことから、任意整理の出番となることもあります。

慎重な行動が必要となるため、相続が起こったときに借金をどうにかしたいと思ったときには必ず弁護士・司法書士に相談をするようにしてください。