任意整理や自己破産・個人再生など債務整理手続きを利用するにあたっては必ず着手金というものの支払いが必須になります。着手金はどのようなものなのか、その相場は?後払いはしてくれるの?という事についてお伝えしたいと思います。

着手金ってどんなお金?

着手金というものがどんなお金なのかについて整理をしましょう。

事件に着手をするのに必要なお金が着手金

ほとんど見たままのものなのですが、弁護士・司法書士には案件が終わる終わらないかかわらず、事件に着手をするだけで支払わなければならない金額がでてきます。

それが今回問題になっている着手金です。

着手金は弁護士・司法書士に案件を依頼する上で必ず支払う金額だと思ってください。

念のため、他に支払わなければならない費用について以下おさらいします。

着手金の他に支払うべき費用には次のようなものがある。

相談料

いまでは無料で相談に乗っているところが多いのですが、本来は弁護士・司法書士に依頼の相談をするには30分5000円程度の相談料が必要になってきます。

解決報酬金

任意整理が解決した場合に払わなければならない報酬金で、次に説明する減額報酬金と異なり、定額です。

減額報酬金

任意整理が解決した際に貸金業者の主張額から減額に成功した場合に払わなければならない報酬金です。

過払金報酬金

債務の調査の結果払いすぎていた金利のほうが多かった場合には取り戻すことができ、取り戻した額に応じてパーセンテージで払わなければならない報酬です。

着手金は後払い分割も可能

任意整理をするにあたって、いきなり何社分で10何万とかいう支払いができる場合はほぼないでしょう。

したがって着手金の支払いにあたっては後払いの分割をすることも債務整理の専門家であれば認めてもらえることが多いです。

着手金の分割払いと任意整理着手時期との関係

着手金の分割払いを認めているところでは、任意整理で和解案をまとめる時期との関係が問題になりますね。

こちら、ほとんどの事務所が、着手金の分割払いが終わってから任意整理を始める形になります。

任意整理がまとまると、上記のような金額が別途かかってきますので、任意整理に基づく弁済と着手金の受け取りを一緒にやってしまうと、支払いが困難になることが無いようにするためです。

着手金はキャンセルするとかえってくる?

よく任意整理を頼んだが、親族が払ってくれることになったのでキャンセルしたいという場合があります。

契約書でどのような契約を結んでいるかによるのですが、着手金は基本的に「着手したら支払う」金額であることから、戻ってくることはないと考えるのが順当です。

着手金の分割払い遅れたらどうなる

着手金の分割払いがおくれた場合には、任意整理をまかせてある弁護士・司法書士の事務所の事務員さんから督促がくるでしょう。

すこしくらいなら待ってくれると思いますが、その分任意整理への和解が遅れることになり、和解案の内容が厳しくなる可能性が高まるだけだということを認識しましょう。

開始して1年や2年も支払わないでいるような場合には、弁護士・司法書士が辞任をすることもあります。

その場合には弁護士・司法書士にまかせていた期間の分も含めた遅延損害金が載った金額を督促されることを忘れないようにしておいてください。

着手金についての規定はあるのか?

報酬についてはあまりにも高額な請求をする弁護士・司法書士がいたため、いまでは弁護士会が規制をしています。

しかし着手金については規定がないので自由に請求することが可能になっているようです。

他の報酬については以下のような制限があります。

解決報酬金

上限は2万までとされています。

減額報酬金

上限を10%までとされています。

過払金報酬金

上限を25%までとされています。

相談料

規定はありませんので着手金と一緒で自由です。

着手金の相場は?

任意整理の着手金の相場を見ていると、だいたいのところが4万~5万のところが多いです。

以下お勧めの事務所について見てみましょう

天音法律事務所の場合

こちらの法律事務所では1社あたり39,800円の着手金が後払いの分割でできるようです。

ふづき法律事務所の場合

こちらの法律事務所でも1社あたり39,800円の着手金が後払いの分割でできるようです。

弁護士法人サルート法律事務所の場合

こちらの法律事務所は1社あたり49,800円の着手金の支払いとなります。

アヴァンス法務事務所の場合

こちらの司法書士事務所では、リンク先のホームページには記載がなく、事務所にお伺いしたところ、お客様の事情によってとのことなので、不明です。

着手金の後払い分割は何回まで可能か

こちらは完全にその法律事務所・司法書士事務所が何回までの分割を認めているかによりますので、一概にはいえません。

まとめ

このページでは、任意整理における着手金についてのまとめを他の費用とくらべてみながらまとめてみました。

着手金を単純に抑えたいということであれば、弁護士よりも司法書士のほうが安い傾向にありますので、上記の司法書士さんに相談をされる事をお勧めしますが、見積もりをそれぞれ取り寄せてからの方がいい場合もあります。

まずは上記の事務所に問い合わせをしてみるところからしてみてもらえればとおもいます。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る