借金の返済が苦しくなって任意整理をする場合に、注意をするべき点にはどのようなものがあるか、という事について、始める前・最中・後に分けてお伝えします。

任意整理を依頼する前の注意点

まずは、任意整理を依頼するところまでに行いたい注意点についてお伝えします。

相談直前の借入はしない

極端な例かと思いきや、よくある例なのですが、任意整理の相談をする日の朝に全額枠があるだけ貸金業者から借り入れをして、任意整理の相談に行くような場合です。

多重債務生活に慣れてしまった場合には慢性的に手持ちの金額が少なくなってしまっているため、キャッシング枠が自分の預金であるかのような錯覚に陥りがちなのですが、借入れをするという行為にほかなりません

このような場合には、任意整理をした場合に貸金業者から「詐欺ではないのか?」という主張をされて、いざ支払いについての和解をする場合に不利な条件をつきつけられる場合もあります。

相談の時にウソをつかずにすべてを申告する

相談をする際に、連帯保証人に迷惑をかけたくない・クレジットカードはそのままつかいたい等の理由から、借り入れ先のすべてを申告しない人がいます。また、家計の状況をごまかす人もいます。

たしかに、自己破産や個人再生などの手続きは利用したくない…という気持ちはわからなくもありません。

しかしながら、任意整理を利用できるかは、支払える金額があるという判断のもとで行います。

もしあなたが客観的に払えない状況にもかかわらず、任意整理をしてしまうと、結局任意整理をした借金の支払いが再びできなくなり、最後にはもう一度弁護士に依頼をして自己破産を利用するという事態になりかねません。

ですので、きちんと全部申告をした上で任意整理を利用したいという流れで相談をするようにしましょう。

クレジットカード現金化の利用

クレジットカード現金化といって、クレジットカード枠で買い物をし、それを転売することで現金を手にする仕組みがあります。

クレジットカード会社との会員規約では利用はしてはいけないとされており、任意整理の交渉に影響するおそれがありますので、苦しいからといって安易な利用はしないようにしましょう。

引き落としにしている債権者

クレジットカードの利用をしている場合など信販会社によくあるのですが、引き落としを口座振替でやっている場合がありますね。

このような場合には口座からの引き落としがされないように注意が必要です。

口座の中を空にしておくなどして対応しましょう。具体的な指示は任意整理をする際に弁護士・司法書士が教えてくれます。

銀行が債権者の場合

預金口座を空にする

銀行が債権者の場合に、その銀行に預金口座がある場合には移してしまうようにしておきましょう。

給与振り込み口座になっているような場合には、口座の変更をお願いするようにしないとなりません。

これも任意整理の際に弁護士・司法書士が指示をしてくれるので、指示どおりにするようにしてください。

保証会社も一緒に債務整理をする

これは、依頼者よりかは弁護士・司法書士やその事務員さんが知っておくべき知識なのですが、銀行からの借入で系列の消費者金融やカード会社が借り入れの保証をしている会社がある場合があります。

影響が出ることをきちんと伝えておくべき必要があります。

連帯保証人・担保の利用

連帯保証人の設定や担保の利用がある場合には必ず申告するようにしましょう。

連帯保証人がいる場合には、任意整理をすることによって連帯保証人に一括請求がいくようになります。

そのため任意整理をせずに自力で完済するか、連帯保証人も一緒に任意整理をするかという判断をしなければならないためです。

また担保(特に不動産担保)を入れている場合には競売になってしまうので、注意が必要です。

債務整理手続き中の注意点

債務整理手続き中にはどのような事に注意する必要があるのでしょうか。

弁護士費用・司法書士費用はきちんと払う

当然の事といえば当然の事なのですが、債務整理を依頼した弁護士・司法書士への報酬はきちんと支払うようにしましょう。

依頼をしたとたんに、督促がぱたりとやむため、弁護士・司法書士への報酬も支払わなくなってしまう方もいらっしゃるのですが、入用があって少し待ってもらうくらいなら大丈夫なのですが、最悪の場合は辞任をされてしまい、ストップしていた貸金業者からの督促が一斉にはいってくるようになってしまいます。

また、一度債務整理を依頼したのですが、辞任をされてしまったような場合には、2度目の債務整理を依頼を受け入れてくれる弁護士・司法書士も少なくなってしまうので気を付けましょう。

弁護士・司法書士と連絡がとれるようにする

次に多いのが、お金はきちんと払っているものの、連絡がまったくとれない方です。

たとえば仕事を2つ掛け持ちをしていて忙しい…ということもあるでしょうが、とはいえ休み時間にちょっと折り返すなどはできるはずです。

たとえば、貸金業者が訴訟の姿勢を示しているので、早期に和解したいというような連絡が入れられないで、裁判になってしまって秘密にしていた家族い知られてしまうなどという場合もありえます。

また、長期間の音信不通状態を理由とした辞任という場合もありえます。この場合上記にも書いたとおり一斉に請求がやってきますので気を付けましょう

家計の変動などがあった場合の申告

たとえば、最初に弁護士には月5万くらい債務整理のためにお金が使えるということを前提に任意整理手続きをしている最中に、残業代カットなど家計に大きな変動があった場合には、すぐに弁護士・司法書士に相談をするようにしましょう。

よくあるのが、なんの申告もなくそのまま進めて、和解が決まってから「払える金額が少なくなってしまったんです」というような場合には、再度和解計画案を練り直したり、場合によっては自己破産や民事再生に切り替えをしなければならない場合がでてくるからです。

いわゆるブラックリスト

債務整理をした場合、信用情報に事故情報・異動情報として名前が載ってしまい、いわゆるブラックリストという状態になってしまいます。

あらたなクレジットカードの発行や借入は基本的にはできません。

クレジットカードを使いたい

日常的に車で有料道路を利用するような場合や、インターネットで買い物をせざるを得ない方にとっては、クレジットカードの利用は必須ともいえます。

クレジットカードは任意整理を利用したならばその時から、任意整理を利用しなかった時も次のクレジットカード更新のタイミングで使えなくなります。

このような場合、ETCの利用にはETCパーソナルカードの利用が、クレジットカードの利用にはVizaデビットの利用で代替できますので、そちらの利用をするようにしましょう。

どうしても入用がある

結婚式や葬儀への参列、その他どうしても入用がある場合もあるでしょう。

市区町村に生活困難者のための緊急の貸付制度があるところがあります。そのような制度を利用することで、当座を乗り切るようにしてください。

実際の貸付には一か月以上の期間が必要になるので、余裕をもって申し込みをすることが必要です。

引き上げ物がある場合の保管

クレジットカードで高価な買い物をした場合や、車などがある場合には、引き上げの対象になります。

あなたの財産が引き上げの対象になった場合には、弁護士・司法書士が教えてくれるので、その現物はかならず管理するようにしてください。

家族に内緒の場合の郵送物の管理

債務整理を一緒に住んでいる家族に内緒でやるのであれば郵送物の管理に注意が必要です。

弁護士・司法書士の事務所の封筒を使わず無地の封筒を使う、弁護士・司法書士の名前はださないで個人名や事務員さんの個人名にしてもらう、自宅に届けずに職場に届けてもらう、などの工夫が必要になるでしょう。

任意整理後の注意点

任意整理をした後の注意点にはどのようなものがあるでしょうか。

いうまでもなく、弁済はきちんとすること

任意整理は弁済をつづけていく手続きなので、言うまでもないことですが、弁済をきちんと続けていくことです。

大体のケースで2回以上支払いが遅延すると一括請求となるので注意が必要です。

手元で使えるお金を増やす

早く任意整理で和解した債務から逃れたいというきもちで、ついつい繰り上げ返済をしてしまう人がいます。

繰り上げ返済は金利がかかっている時には有効なのですが、金利がかかっていない場合には、繰り上げ返済には意味がありません。

急な入用や病気・ケガで払えなくならないように、手元で使えるお金を増やしておいて、それがたくさんたまったら一括返済をしてしまうのがよいでしょう。

払えない場合には弁護士にすぐに相談をする

どうしても払えない場合には、それはそれで任意整理を再度やりなおすであったり、自己破産や個人再生に切り替えるなど術はいくらでもあるので、できれば返済ができなくなる前に弁護士・司法書士に相談をすべきでしょう。

まとめ

このページでは、任意整理において相談者目線での注意点についてお伝えさせていただきました。

これらの注意点を認識しておくことだけでも任意整理の成功率が上がることも考えられますが、本当に注意すべきなのはどのような事なのかは人によりけりということにもなります。

どのような注意点があるかだけでも、弁護士・司法書士に確認をしてから、依頼するかどうかを決める…のでもよいかもしれませんので、下記リンク先より相談をしてみてください。

おすすめの任意整理専門の弁護士・司法書士事務所はこちら【あなたの地域担当】

このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る