Q:

任意整理の相談に行ったのですが、不明なので質問します。

月々の返済額についてなのですが、どのようにして計算しているのでしょうか?

A:

弁護士・司法書士の方針にもよりますが、面談の段階では債務額の総額を3年~5年で分割した金額を示しているのではないでしょうか。

実際の月々の返済額は、業者との和解交渉の結果により異なります。

任意整理の月々の返済額について

任意整理の月々の返済額については、相談の段階でどの程度で見積もりをするかという問題と、実際に返済するのはいくらになるかという事に分かれて問題になります。

相談時では概算して出さざるを得ない

任意整理の相談段階では概算の金額しか出せません。

なぜなら債務は調査をしてみると、実は実際の債務よりも少ない場合があります。

任意整理において借入が長い場合には、昔の借入について、利息制限法以上での金利の支払いをしていた場合には、利息制限法以上にとられていた利息を差し引き計算をすることができることになっています。

つまり、100万の借入があった場合に計算をした結果20万円分利息制限法以上の金利の取りすぎがあった場合には、残額100万円と差し引き計算をして、80万円の支払いで済む場合もあるのです。

しかしながら、あなたにとって都合の良い事態ばかりを想定すると、いざ任意整理をしようとした場合に、月々の返済額が足りず、任意整理ができないことになりかねません。

この場合には、自己破産や個人再生に手続きの変更をする必要が出てきてしまいます。

ですので最初の段階では、今ある債務を3年で支払えるかどうかが大体の目安になります。

この計算については弁護士・司法書士のやり方にもよりますので、「任意整理をするには月々の返済額は〇〇万円以上必要だ」といわれた場合には、その計算根拠を確認してみましょう。

実際の月々の返済額について

実際の月々の返済額については、業者との和解がどのように進むかによって変わってきます。

任意整理をする場合に、1社への総額が24万円だった場合、5年60回の分割を認めてもらおうと思うと4000円になります。

実際和解をする場合にこの月々4000円の返済額での呈示をした場合に、一定の確率で、月々5000円の分割にしてくださいという反応が返ってきます。

任意整理の月々の返済額はどうもこの5000円を基準にしているところが多くありますので、それ以下に値切れない弁護士・司法書士が交渉をすると、月々の返済額はどうしても高くなる傾向がありますね。

任意整理の月々の返済額は長いほうがいい?

たとえば、360万円の借入になって3年の36回分割にしてもらい月々10万円の返済にしてもらうのと、5年の60回分割で6万円の長期の支払いにしてもらうのではどちらのほうが有利でしょうか?

「早く返済が終わる分、前者のほうが有利?」という意見もあるでしょうが、個人的には後者だと思います。

3年の分割でもかなりの長期です。月々に支払える額が12~13万程度の人を想定して考えますと、前者の場合、月々の返済額を返済してしまうと、手元で持っておけるお金は2~3万円程度になります。

5年の分割ならば、6万円の支払いなので、手元で置いておけるお金は6万~7万円程度になりますね。そうすると一か月身内の結婚式や葬儀など急な入用があった場合に備えておいておける額が違うからです。

任意整理の返済中はできる限り手元においておけるお金はおいておいて、1社分まるごと返済できるならば一括返済をしてしまえばよいと個人的には考えています。

まとめ

このページでは、月々の返済額をどのように考えるべきかについて、相談時・実際に決める時、についてお伝えした上で、返済額な長いのと短いのではどちらがよいかをお伝えさせていただきました。

こういう事については実は考えていると良い計算ばかりしてしまいがちで、現実の数字が見えなくなってしまうことがあります。

下記のリンク先の弁護士・司法書士は弁済額の計算にも手慣れているので、手元で計算をつづけるのではなく、一度相談だけでもしてみるとよいでしょう。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る