夫や妻がいる場合に債務整理をするとどのような影響が出るのかなどの質問は必ずおこります。このページではそんなお悩みにお答えしようと思います。

夫や妻に任意整理するとばれますか?

まず、よく聞かれる質問としては、任意整理が夫や妻にばれてしまうのか?という話です。

こちらについては、絶対ではないですが、自己破産や個人再生に比べたら比較的ばれづらいのば任意整理です。

自己破産や個人再生の場合

自己破産や個人再生は、家計の状況を報告する義務があります。

内緒で債務整理をするという人のほとんどが家計の状況を把握しておりません。急に夫や妻に「今の家計の状況教えてほしい…」なんていう事をいうのがハードルになることがあります。

場合によっては、夫や妻の給与明細を出してくれという裁判所も中にはありますし、自己破産手続きが少額管財事件になると、郵送物が転送されるので、この場合にはわかってしまう場合が多いですね。

任意整理は裁判所を使わないからバレにくい

任意整理は自己破産・個人再生と違い債権者である貸金業者等との個別の交渉をするだけで、自己破産・個人再生のように裁判所を利用しない手続きであるため、妻や夫にばれてしまうという可能性は低くなります。

任意整理こんな場合には夫や妻にばれてしまうかも

郵送のやりとりをする中で

任意整理をするにあたって書類のやりとりをする場合があり、この場合には郵送を利用するのが一般的です。

この中身を内緒にしていた妻や夫にみられてしまって任意整理をするのがわかってしまうという危険はどうしてもあります。

郵送の封筒を普通の手紙のようにしてもらったり、弁護士・司法書士の名前は使わずに個人名で送ってもらったりすること、局留めや会社への郵送にしてもらったり、事務所が近いならば取りに行くという事をするようにして危険を最大限回避することは可能です。

住宅ローンを組むシーンで…

債務整理をするデメリットとして、信用情報機関に名前が載ってしまい、新たな貸し付け等がうけられなくなる、いわゆるブラックリストという状態になります。

この場合、たとえば、夫婦のうちのいずれかの単独名義で借り入れするのではなく、連帯債務・連帯保証という形式で住宅ローンを組もうとしたときに、借り入れや保証ができないことになります。

その時にわかってしまうような事はありえるかもしれません。

夫や妻に影響はしますか?

信用情報は人ごとによって違う

たとえば夫が債務整理をしたことによって、妻も一緒にブラックリストの状態になってしまいますか?という質問がありますが、これはありません。

信用情報は人ごとに分けられて管理をされています。

ですので、夫が債務整理をしたからといって、妻の信用情報が連帯的に自己情報として登録されることはありません。妻は妻の信用情報を利用して借り入れやカード利用をすることができます。

家族カードは影響する

ここで気を付けたいのは家族カードを利用しているような場合です。

この場合はその債権者に債務整理をするとその時から、債務整理の手続きの対象としなかった時でも更新時には必ず家族カードは使えなくなってしまいますので、利用には気を付けましょう。

任意整理で夫・妻と離婚になりますか

結構多い質問です。法律上どのような場合に離婚が成立するかは決められているのですが、夫や妻が任意整理をしたからといって即離婚になるという法律はありません(これは裁判所を使う自己破産や個人再生でもそうです)。

ただ、任意整理の原因にもよりますが、お金の使い方に対する認識について価値観が違いすぎる結果、すれ違いを起こすような事になって、離婚に至るという可能性はあります。

そこについては法律の問題というより、夫婦仲の問題…ということになるので、このページでは割愛させていただきます。

任意整理をするならば妻と離婚しておいたほうがよいか

借金の問題というとどうしても家財の差し押さえが頭の片隅にある方が多いようで、離婚をして名義を変えておいたほうがよいか?という質問も多くあります。

特に多いのが、不動産がある場合の名義を変えておいたほうがよいかという問題ですが、名義を変えただけで差し押さえが免れるほど法律は甘くはありません。

住宅ローンが払えない場合には抵当権という権利がほぼついているので、それによって競売にかけられてしまいます。

任意整理をしたものの、名義が違う状態になっていて不動産を差押られなかった場合でも、詳しい法律の仕組みは省きますが、詐害行為取消権という権利を債権者はもっています。

ましてや、任意整理では払いきれないため、自己破産や個人再生になった場合に名義を変えていたのがわかると財産隠しとして、手続きが使えなくなる場合もあります。

任意整理などをするときには財産の移動をどうするかについては慎重に弁護士・司法書士と話し合ったほうがよいのです。

まとめ

このページでは、任意整理の場合に夫や妻との関係でよくある質問についてまとめさせていただきました。

債務整理という極限状態において、あまりにも楽観視する方とあまりにも悲観的になっておられる方が極端にあります。

このページでは基本的な情報を乗せさせていただきましたが、すべてはあなたの状況次第ということになりますので、ぜひ一度弁護士・司法書士に相談してみることがよいでしょう。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る