Q:

任意整理を依頼しようと考えていますが、弁護士に「積立金をしましょう」といわれています。これはどのような制度なのでしょうか?どのように使われるのでしょうか。

A:

弁護士・司法書士は任意整理をするにあたって「積立金をしましょう」ということはあります。目的はさまざまあるのでこのページで解説しますが、基本的には弁護士費用や債務者への弁済に利用されます。

任意整理の際の積立金はなんのために使われるか?

任意整理を弁護士・司法書士に相談をして依頼をすると、報酬としての支払いの他に、「積立金」という名目で弁護士にお金を預けることがありますが、これはどのように使われるのでしょうか。

積立金の使い道1:弁護士費用

「弁護士費用なら毎月積立金の他に入れているのに?」とお思いの方も多いと思います。

弁護士報酬にもさまざま種類がありますが、ここでは着手金と成功報酬にかかわりがあります。

着手金への充当は積立金とはちょっと違う

任意整理における着手金は弁護士が依頼に着手した際に依頼者からもらえるお金の事をいいます。

任意整理では1社につき4万~5万の着手金を払う必要が出てしまいます。4社もあれば20万を払わなければならないのです。

これを一括で支払えといわれてもそれは難しいというのが実情でしょう。そこで多くの弁護士・司法書士は着手金を分割にしていることが多いです。

これは通常どおりお支払いすることになります。分割の金額や回数は弁護士と個別に交渉する事になります。

本当は一括して払うものなのですが、分割になっているものを月々払うものになります。積立とはすこし違うものになります。

積立金は成功報酬の支払いに対応する

では着手金の分割以上に積立金をする事にはどんな意味があるかというと、解決報酬や成功報酬が発生した際に充当するために使われることが多いのです。

たとえば100万円の債務が50万円に減った…としましょう。

その和解が成立した際に成功報酬が発生するのですが、50万円の分割金を月々2万程度支払いながら、和解に伴って発生した報酬の分割払いをすると、月々の支払いが苦しくなってしまうことが想定されます。

したがって依頼の段階では弁護士がもらえないものを積立金として預かっておき、和解の成立した際にこれに充当するために充てるような形にします。

積立金の使い道2:業者への弁済

たとえば複数の業者の任意整理をすることになった際にその中に分割払いを認めない、認めても短期間の分割しか認めないことになった、という事態が発生することもあります。

このような場合、弁護士が任意整理で介入をしても事案が解決せず、自己破産や民事再生手続きに頼らなければならないような事態に陥ることも想定されるのです。

このようなときのために、一括弁済や頭金を入れることができれば、業者の態度が緩むことがあります。そのための資本作りとして積立金をしておくことが考えられます。

積立金の思わぬ作用

実は任意整理はみなさんギリギリの条件で組むことが多く、最後まで支払える人の割合は、全体の半数くらいしかいないといわれております。

なぜなら、任意整理するかどうかというある種極限状態で生活をしていた場合に、相談をして支払いがストップしたことによって、今まで節約していた生活から生活レベルを上げてしまってしまうような事が非常に多いのです。

いままで1日2食で我慢していたものを、1日3色おやつ付きにしてみたり、我慢していた旅行をしたり、服や家電などを買い変えたり等で、月々の余剰金がなくなってしまうケースは多々有ります。

任意整理を開始する前に余剰金が10万あった人が、上記のようにして生活のレベルを上げてしまった結果、5万程度になり、任意整理で想定される額月々7万の支払いが出来なくなり手続きがとまってしまうようなことは、まれではなく本当によくある事なのです。

積立金をすることは、急に生活レベルを上げてしまうことを抑制してくれる作用があります。

つまり、今まで消費者金融に払ってきた分を弁護士に預けるようになる結果、生活レベルを上げてしまったり、金銭感覚を失わせることを防止することにつながります。

まとめ

任意整理における積立金の制度は、弁護士側としては、報酬のとりっぱぐれを防ぐ制度であり、裏で債務者の生活レベルを維持し、金銭感覚を守りつつ、依頼者に有利な和解ができるための原資にもなります。

積立金の協力を求められた場合は積極的に協力するようにして、任意整理を最後まで終わらせるように心掛けましょう

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る