Q:

1年前に司法書士に依頼をして任意整理をしました。

任意整理に基づく和解金を月々がんばって払ってきましたが、これが数年つづくと思うと限界です。

なにか良い方法はありませんでしょうか?

A:

再度の任意整理をして支払いを更に軽くしたり、自己破産・民事再生手続きに移行する事を検討しましょう。

任意整理の返済が辛い場合の対処法

任意整理がうまくいかなくなった場合にはそれで終わりではなく次の手段をとるようにしましょう。以下のような方法が考えられます。

再度の任意整理をする

任意整理は1度したら終わりかというとそういうわけではありません。

交渉次第では、一定程度支払った額を総額としてもういちど和解をすることも可能なのです。

たとえば400万円の3年分割払いを1年して、残額が300万程度になったなら、その300万円から5年の分割にすれば月々の支払い額はぐんと落ちることになります。

1回目の任意整理であった元本の減額という効果はありませんし、信用情報機関に載る期間も長くなりますが、再度の任意整理で乗り切ることも検討に入れましょう。

民事再生・自己破産手続きに移行する。

再度の任意整理はあくまで任意整理で支払い続けることが前提になります。

支払いつづける事自体はできるが、額を大幅に下げたいような場合には、支払い総額が約1/5程度になる民事再生手続きを選択する事も一つの手です。

失業などで収入が途絶えてしまい、債務を大幅圧縮しても支払えないような場合には、自己破産手続きを利用して借金を免除してもらう手続きにうつる必要があります。

専門の弁護士・司法書士に頼もう

そもそも任意整理は借金の支払い額が軽くなる手続きなのです。しかしこのページをごらんのあなたはそれが「辛い」と感じているわけです。

手続き選択や和解のための力量不足でうまくいかなかったことが十分に考えられるのです。

借金の問題は借金に専門特化した弁護士・司法書士に依頼するべきです。こちらから借金問題に専門特化した弁護士・司法書士を探していただけますので、いますぐに相談をするようにしましょう。

任意整理の返済が辛いと感じる原因

そもそも任意整理の返済が辛いということになった原因を考えてみましょう。

ケース1:もともとの任意整理案に無理があった

たとえば、月々債務整理に支払える額が5万だと弁護士・司法書士に申告していたものの、実際に使える金額はもっと少なかった場合が想定されます。

任意整理の相談に至るようになると、自分の家計についてきちんと把握していないことがほとんどです。

弁護士・司法書士に相談する際には、家計についての簡単なヒアリングはするものの、ヒアリングされる金額に対してきちんとした回答をもっていないため、実際に使える金額が少ないということはよくあります。

消費者金融との和解をする前に弁護士・司法書士があなたにもう一度確認してくれれば、そもそもの任意整理が無理だったということは防げるでしょうが、スピードのみを重視するような弁護士・司法書士に依頼をしてしまうと、相談当初にヒアリングした額のまま和解をしてしまい、実際に使える額が足りておらず、支払い苦に陥ることがあります。

ケース2:任意整理後に事情が変わった

たとえば、残業が多い職場に働いていた人がヒアリング当初に月10万支払いが可能であると申告していたような場合、急に残業がなくなり、月4万程度が支払いが可能な額になってしまう…ということはよくあります。

このような場合には任意整理が辛いどころか支払いが遅れてしまうことが大いにありえますので、すぐに借金を専門とする弁護士・司法書士にすぐに相談しましょう。

まとめ

任意整理が辛いとなる場合はあります。どのような原因に基づくものであれ、すぐに手当てをしないと、再度の和解や、すぐの破産申し立てなどをしなければならなくなってしまいます。

以下のリンク先に借金専門の弁護士をピックアップしておきましたので、すぐに相談するようにしてください。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る