任意整理は自分ですることは銀行が拒んでくるので弁護士・司法書士に依頼をすることが通常です。

その際、いろんな名目の手数料がかかってきますので、どんな名目でいつのタイミングでどのようなお金をあなたが払わなければならないかについてお伝えします。

弁護士・司法書士に支払うお金

弁護士・司法書士は任意整理を請け負うにあたって報酬をうけとります。

支払うほうからいうと手数料ととられるのですが、どんなお金を支払わなければならないか、細かくお伝えします。

相談料

弁護士・司法書士に法律問題を相談するにあたっては相談料が必要となってきます。

これは相談をするにあたってかかる費用で、通常は30分5000円くらいの手数料がかかってきます。

債務整理の一番最初の相談にあたっては、弁護士・司法書士によりますが、約1時間の相談くらいになることがほとんどのケースで予想されます。

ですので、相談をするだけで1万円くらいはかかることになります。

しかし、お金がない中で相談するのに1万円を支払うこともできないのがほとんどのケースではないでしょうか。

そこで、債務整理に力を入れている弁護士・司法書士は初期の相談料を無料として依頼者に相談しやすい環境をつくっています。

相談料がかかる事務所はあまり債務整理・借金の問題に積極的ではない事務所であることが推測されますので、相談は控えるようにしましょう。

相談料をとっていない事務所をご紹介しておきますので、参照にまずは相談をしてみてください。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


着手金

弁護士・司法書士が受け取る手数料の名目として着手金というものがあげられえます。

こちらは、弁護士・司法書士が、案件に着手する際に支払わなければならないものになっており、安いところだと2万円。ほとんどの事務所で5万円程度の着手金を受け取っている事があります。

そしてこのお金は貸金業者が何社あるかという観点から支払いを求められるものになります。4社からの借り入れをしている場合には、1社5万円だとして20万円になりますね。

こちらも一括して払わなければ債務整理には応じないという事務所がありますが、債務整理をしなければならない状況の方はそのお金の支払いが難しい場合も多いでしょう。

上記で紹介させていただいた事務所では、この着手金も後払いの分割にしてくれるところなので、ぜひ相談をしてみてください。

解決報酬

弁護士・司法書士が受け取る手数料の名目として解決報酬というものがあります。

これは、任意整理をはじめて、消費者金融や銀行等の業者と和解がととのった時に一律してしはらう金額になります。

1万~2万くらいの金額になり、任意整理にあたって積立金をしている場合にはそこから充当したり、そうでない場合には和解が終わったあとに一括ないし分割して支払っていくことになります。

減額報酬

利息制限法以上の利息で借りていた時期があったり、多大な遅延損害金が請求されていたものをカットしたような場合には、減額しての和解をしてくれることになります。

それに対しても成功報酬のような形で弁護士・司法書士は報酬を設定していることがありますので注意が必要です。

標準的なパーセンテージは10%です。たとえば100万の借金が50万円に減ったような場合は、減額した50万円の10パーセントの5万円が減額報酬になります。

弁済代行手数料

事務所によっては、弁護士・司法書士が依頼者から一括して金銭を受け取り、消費者金融・銀行等に弁済を代行してくれるところがあります。

この場合には、その弁済を代行してもらうにあたっての手数料が1000円程度1件につきかかってくることになります。

経費

たとえば和解契約書を発送するのにかかった切手代など、こういったものは通常の昔からある弁護士・司法書士事務所に依頼をすると、依頼者負担となって、任意整理終了時に負担を求めてくることがあります。

たとえば利息制限法以上の支払いをしていた結果借金はなくなっており過払い金の請求をできるような場合で訴訟をおこしたような場合には訴訟の提起にあたって切手・印紙を裁判所に収めなければならないので、これは負担してもらうことになります。

それ以外の細かな負担については、債務整理に慣れている事務所であれば、事務所負担としてくれる事が多いです。

どんな場合にもかかってくる手数料

任意整理後はカードでの返済や、引き落としをしての返済をできるところはなく、銀行に対する振込みという形をとります。

そこで、銀行の振込みを利用する場合の手数料がかかってくることはどうしてもやむをえないといえるでしょう。

まとめ

任意整理にあたってはさまざまな名目の報酬・手数料が発生します。契約の際には上記の金額を大幅に上回っていることがないように契約書の内容をよく読んでおくことにしましょう。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る