任意整理をするにあたって、どれくらいの費用が相場として正しいのだろう…という事がわからないと不安になりますよね。

このページでは、任意整理にまつわる費用の相場についてお伝えしたいと思います。

任意整理の報酬の相場

任意整理をするにあたって弁護士・司法書士に支払う報酬については、費目ごとに考える必要があります。

相談料

弁護士・司法書士は借金問題などの法律相談を受けるにあたって相談料を相談者から受け取ることが認められています。

その相場は、30分5000円というものが一番多くみられます。

相談内容は、自己破産のものでも任意整理のものでも個人再生のものでも過払い金請求のものでもかまいません。

相談料については、無料としているとこも多くあります。任意整理に詳しい弁護士・司法書士であれば、相談者がおかれている状況を把握しているので、相談にあたっては無料として、相談料でハードルにならないように工夫しているのが特徴です。

着手金

弁護士・司法書士は事件が解決する・しないにかかわらず、案件に着手をした段階で依頼者に報酬を請求することができます。

このような費目での報酬を着手金と呼んでいます。

任意整理の場合は、ローン会社やカード会社など交渉をすることを請け負った社数に基本料金を掛け合わせた額を請求することがほとんどです。

相場としては1社あたり2万円~5万円となっています。

4社ある場合には4×2=8万円~4×5=20万円ということになります。

任意整理を依頼すると、債権者への支払いをストップすることができますが、とはいえ生活が苦しいことには変わりない人も大勢いるでしょう。

ですので、任意整理に理解のある弁護士・司法書士の事務所では、この金額を分割にして支払うようにしてくれるところもあります。

解決報酬金

弁護士・司法書士は案件が解決したら、解決報酬金という形で報酬を請求することがあります。

任意整理における解決とは、支払い総額や方法・利息等についての和解契約を締結することをいいます。

1社あたり2万円が相場となるようで、支払いが苦しい場合には、分割をして支払いをすることができます。

減額報酬

解決報酬金とは別に、債務の総額が減額した場合には、減額に成功した額に対して一定の割合で報酬を請求することがあります。

この相場としては10%が目安とされます。

借金が減額するのは次の2つのケースが考えられます。

一つは、支払いが滞っていたため、遅延損害金がついている場合に、この遅延損害金をカットしてもらった場合です。

もう一つは、利息制限法以上の違法な貸し付けがあった場合、払いすぎていた利息が発生しており、その払いすぎていた利息は残った残金と差し引き計算をすることができます。

その結果、借金の減額に成功することがあります。

過払い報酬金

前述の利息制限法以上の違法な貸し付けがあった場合の差し引き計算をした場合に、払いすぎていた利息のほうが多くある場合には、依頼者は貸金業者に返してくれという事ができます。これを過払い金と呼んでいます。

弁護士・司法書士はこの過払い金の取り戻しに成功した場合には、返してもらった金額に対して、報酬を請求することがあります。

ほとんどのケースで取り戻した額の20%が相場となっているようです。

なお、裁判を利用して取り戻した場合にはこのパーセントが25%程度に上がるようです。

減額報酬よりも倍くらいする理由は、消費者金融から取り戻すことの困難性によるものです。

あれ?相場よりもかけはなれた請求がされているぞ?という場合

実は、弁護士・司法書士の任意整理を含んだ債務整理に関する案件については、報酬の相場が弁護士会・司法書士会で決められています。

しかしその相場よりも多くの額で請求をしている場合もまれにみられます。

そのような場合には、その弁護士・司法書士が所属している弁護士会・司法書士会に相談をするようにしましょう。

調べ方は、「(名前)+(弁護士会or司法書士会)」で調べるとよいでしょう。

まとめ

このページでは弁護士の報酬の相場について御伝えしてきました。

細かい費目があり、それぞれに相場があるのでわかりづらいと思うのですが、多すぎる請求がされないためにも、きちんと確認をして弁護士・司法書士と契約するようにしましょう。