Q:

今支払いが非常に難しくなっているので、任意整理を考えています。

任意整理を行うべきタイミングとか、どんなときにどんな行動をすればいい、という基準はありますか?

A:

一般的に、任意整理を始めたいのであれば、早ければ早いほど良いです。

あまりに遅すぎると自己破産や個人再生くらいしか選択肢がなくなってしまう場合があります。

早ければ早いほどいい任意整理のタイミング

任意整理はどのようなタイミングでしたらよいのか?という質問もたくさん受けることがあります。

基本的に債務整理の判断については、自己破産・個人再生をする場合でも早ければ早いほどよいです。

タイミングを逃すと任意整理ができなくなる可能性がある

一般的に、残っている債務の額を36で割って出た数を毎月支払うことができないのであれば、借金を軽くする選択肢として任意整理は取れないという判断がされます。

なぜなら、任意整理での和解は通常3年の36回分割で和解するのが通常だからです。

残債務額が360万円ある方の場合では、月々10万の支払いができるかどうかがカギとなります。

この場合に、月8万円しか支払いができないということになると、弁護士・司法書士に頑張って交渉をしてもらい5年60回の分割での任意整理案を債権者とまとめてもらうか(これにより、月の支払いは6万円に減りますね)、完済を諦めて自己破産や個人再生の道を選択せざるを得ないのが実情なようです。

任意整理のタイミングに「早すぎる」はない

一方で、任意整理に「早すぎる」という事はありません。

たとえ債務額が100万円を超えないような場合でも、支払いが苦しいという場合には、任意整理手続きをとることが可能です。

財債務額100万円程度ですと、自己破産や個人再生をするには、収入との兼ね合いもありますが、債務額が小さすぎてタイミング的に手続きを勧めることができないといえる場合があります。

任意整理については、債務額が少なすぎるからといってできないわけではないので、いち早く手を付けられるのであれば、早いに越したことはないといえます。

任意整理の相談だけでもしておくべき

とはいえ、「この支払いができなくなったら…」「この貯金に手をつけざるを得なくなったら…」といろいろなタイミングを考えている人は多いのも事実です。

タイミングを見計らうこと自体は100%否定するわけではありませんが、わたしの経験上ほとんどの人が、手遅れになっている場合のほうが多かったのです。

だから、「支払いが苦しいな…」と思う瞬間があるならば、その時に相談だけでもしておくべきなのではないかと考えています。

まとめ

このページでは任意整理のタイミングについての情報をお伝えさせていただきました。

基本的には、残債務額がいくらになったら…とかいう明確な基準はなく、債務額・収支のバランスによるあなたの状況次第ということになります。

今はそのタイミングではないと行動が後手後手に回っている人のほとんどが、相談に来た時には任意整理には不向きな状況になっていた、という私の債務整理事務員の体験談に賛同いただけるのであれば、適切な時期を逃さないためにも、まずは弁護士・司法書士に相談をしておくことが重要だという事に気づいていただければ幸いです。

天音法律事務所
弁護士:人見 勝行


ふづき法律事務所
弁護士:山下重幸


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る