債務額が200万くらいある…。さてどのように債務整理をするべきか?とお悩みの方も多いですよね。

このページでは債務額が200万円程度の方がどのような債務整理方法を取ればよいか?について考察したいとおもいます。

債務額200万シチュエーションに分けてみる

単純に債務額が200万…といっても様々なパターンの方がいらっしゃいます。

ここでは、住宅ローンの有り無し・収入別などで考えてみたいと思います。

債務額200万円住宅ローン有の場合

まずは、住宅ローンありの場合を考えてみましょう。

収入がまったくない:自己破産・任意売却

病気や事故で収入が全くないような場合には、自己破産を検討することになります。

確かに「住宅だけはなんとかしたい!生活保護を受けるので任意整理や個人再生でなんとかならないか…」という声もたまに聞かれるのですが…

まず言えるのは住宅を持ったまま生活保護を受ける事はできないのです。

また、任意整理や個人再生は残った債務を弁済する事が前提となる手続きになります。

ですので、払っていける状態ではない「収入のない」状態である場合には自己破産しかない…という事になります。

ただし、住宅については「任意売却」という手続きを検討してください。

住宅ローンの支払いができない場合には自宅は競売にかかるのが一般的ですが、住宅ローン債権者との話し合いにより引っ越し代などを手に入れる事ができる可能性があるのが任意売却手続きになります。

債務整理にも詳しい弁護士が経営している不動産会社がこちらの会社です。

債務整理に回せる額が5万6千円以下である:個人再生

次に、収入はある程度あるものの、債務整理のために回れるお金が5万6千円以下である場合には、個人再生の利用が第一選択肢になります。

こちらの計算は、200万円を標準的な債務整理の回数である36回で割った金額です。

ほとんどの業者は36回(3年)での和解を標準的に希望します。

こちらの金額の支払いが難しい場合には債務額を圧縮して支払う個人再生手続きによるのが、住宅を守る上でも安全ということになります。

債務整理に回せる額が5万6千円以上、8万円以下ある:任意整理・個人再生

次に、債務整理に使える額が5万6千円以上、8万円以下あるような場合には、任意整理・個人再生どちらの手続きも希望することができると考えます。

前項のように5万6千円以上の支払いが可能なら自動的に任意整理になる…というわけではなく、家計の状況をみながら支払いが苦しくなるおそれがあるようであれば、個人再生手続きを利用することも可能なのです。

任意整理は5万6千円を3年にわたってコンスタントに払っていかなければいけない手続きです。

ギリギリのやりくりで任意整理をしたがために、この支払いができなくなってしまって、任意整理手続きが途中で頓挫するということはよくあることです。

あなたはこれから3年の間にどのような事が起きることが予想されますか?

高齢の親が居れば、不幸にも亡くなられてしまった際には葬儀代の捻出が必要になります。

子供が小学校にあがるのが予定されている場合にはいろいろなお祝いが必要でしょう。

このような支払いが何度も続いて、任意整理の支払いができないということは実はよくあることなのです。

200万円の残額をぎりぎりでも払えると考えていると、あっという間に打ち手がなくなるという事がないように、余裕をもった手続き選択を弁護士・司法書士と考えましょう。

債務整理に回せる額が8万以上あるような場合:任意整理

債務整理に回せる金額が8万程度あるような場合は、自己破産や個人再生の要件である「支払い不能(のおそれ)」があると認定してもらえない可能性が出てきます。

こうなると裁判所が自己破産や民事再生の許可を下ろしてくれない可能性があるので、任意整理をすることによって支払いを軽くして借金の完済を目指しましょう。

不動産がない場合

不動産がない場合にはどのような債務整理方法が考えられるでしょうか。

収入がまったくない:自己破産

不動産がある場合と同じなのですが、不動産がまったくないような場合でも、支払いができないような収入がない場合にはやはり自己破産の債務整理方法を取ることが一番望ましいでしょう。

理由は前述もしたとおり、任意整理・個人再生ともに支払っていく手続きになるので、支払えない状況であれば自己破産が適しているのです。

債務整理に回すお金が5万6千円以下:自己破産・個人再生

仮に収入があって、支払います!という意思があったとしても、債務整理に回せるお金が月々5万6千円以下であれば、任意整理ではなく、自己破産をするほうが良いでしょう。

上述もしましたが、この月額5万6千円というのは、任意整理の標準的な期間である36回分割(3年の)で考えた場合の月々必要となる支払い額です。

こちらの支払いができないと、和解をした債務の履行がそもそもできないので、この場合にも自己破産手続きの利用をするのが一番最適という事になります。

ただ、資格制限(警備員・宅建士)がある場合や、車のローンがある場合で車をどうしても手放すことができない、7年以内に自己破産をしたことがあって自己破産ができない、といった事情がある場合には、個人再生手続きによることもできます。

腕の良い弁護士・司法書士であれば、分割回数を60回(5年)で和解案をまとめてくれる場合もありますので、下記の弁護士・司法書士にご相談をしてみる事を提案はします。

債務整理に回すお金が5万6千円以上、8万以下である:任意整理・自己破産・個人再生

上述もしましたが、200万を36回分割すると5万6千円の支払いになるという計算をもとにこの数字を出しています。

家族構成や、人生のライフイベントに応じて出費があるのはやむをえないことになりますので、無理な任意整理をすることによって、支払いが難しくなるケースは十分にあります。

弁護士・司法書士にきちんと相談をしてみて、どのような手段を取るのがよいのかしっかり話し合ってみましょう。

債務整理に回すお金が8万円以上ある:任意整理

こちらも上述のとおりになりますが、8万以上債務整理に回せる状態であれば、自己破産や個人再生の要件である「支払い不能」と認定してくれない可能性があるので任意整理によるのが妥当です。

まとめ

このページでは、借金が200万円程度の人がどのような債務整理戦略を取ることができるかについてお伝えしてきました。

結局は債務が200万円ある…という一事をもって手続きが決まるわけではなく、収入・支出・家族構成・債務者の年齢など様々な事情によって変動するのが債務整理です。

どのような手がいいのか?ということをぜひ下記の債務整理に強い弁護士・司法書士に相談することによって、妥当な解決策を見出してください!

任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい

最新の情報を得る