前回は弁護士・司法書士をとりまくマーケティング会社の事情について少しお話しをさせていただきました。

では、こういったマーケティングを独力ですることは難しいのでしょうか?

実は決してそんな事はないので、コツだけ掴んでいただければなんとかなるのではないかな?と思っています。

このページでは、弁護士・司法書士事務所が顧客を獲得するためにSEO対策・リスティング広告をどのように運用すれば良いか?についてお伝えします。

「任意整理」というキーワードでも地域を絞ればSEO上位表示の可能性は見えてくる

まずはSEO対策についてお伝えします。

まずは基本的な下記の考え方を知っておいてください

googleは検索者の位置に基づいた検索結果を返すようになっている

たとえば、みなさんが「居酒屋」と検索したとします。

スマートフォンでの検索ならば、どのエリアで検索したか複数の方法でgoolgeは特定することができます。

その結果、新宿で「居酒屋」と検索するのと、渋谷で「居酒屋」と検索した場合、表示結果が異なっています。

これはgoogleとしては検索者の利便に資するため、このような検索結果反映をするようにアルゴリズム調整が行われているためです。

だから「任意整理」のお客様をSEOで獲得するなら地域を絞る

これは、弁護士サービスも例外ではありません。

基本的に…このGoogleの「地域密着検索システム」に則った調整をすれば、独力でのSEO上位表示対策は可能であると考えています。

ではその「Googleの「地域密着検索システム」に則った調整」とはどのようなものでしょうか?

Googleマイビジネスへの登録

基本中の基本なのですが、Googleマイビジネスへの登録は必ずしましょう。

Googleがあなたの存在を公に認識するかどうか、についての第一歩だと思っていただければよいと思います。

NAP統一

ローカルビジネスのSEO対策でよく言われるのがこのNAP統一というワードです。

NAPとは「Name」「Address」「Phone」の略です。

つまり名称・住所・電話番号を統一しましょうという事です。

この趣旨は、ひと昔前はA市で営業していながら、B市でも営業しているかのように偽りの電話番号・住所を掲載してB市の住人の検索結果にも反映されるようなSEO対策をする人が居たことに対する対策だと言われています。

名称の統一の例としては、総合法律事務所と綜合法律事務所になっているのをそろえる…などです。

電話番号の統一としては、フリーダイヤルと普通の電話番号がある場合にはどちらかに揃えるという事です。

住所の統一の例としては、番地の書き方(一丁目1番1号と1-1-1)、ビル名の名称などをしっかり揃えるという事です。

揃える基準としてはすべてGoogleマイビジネスに統一してください。すべての判断基準はそこにあると考えます。

定期的な記事投下

Googleは情報量から「任意整理+地名」といったキーワードを調べた人に対する適切な結果かを見ていますので、しっかり情報量を入れてあげましょう。

また、その記事の更新の頻度も見られているようです。

定期的にブログは更新するようにしましょう。

まだまだバカにはできない外部リンク

外部リンクを完全に軽視する事はできません。

なぜなら…みなさん「いいえ」と検索をしてみてください。GoogleでもYahoo!でもかまいません。

なぜか上位にYahoo!JAPANが出てきませんか?

こちら、Yahoo!JAPANが「いいえ」というキーワードで大量にリンクされているためだとみられています。

そう…アダルトサイトの18禁認証の「いいえ」のリンク先がYahoo!JAPANになっている事が…多いですよね?多いんです。

だから「任意整理+地名」で上位に上げてもらいたければ、きちんとテキストで「(地名)の任意整理」と入れてリンクしてくれる所を探しましょう。

このサイトは一通メールいただければ、先生のご紹介もかねてしっかりリンクをさせていただきます。

任意整理顧客獲得のためのリスティング広告の戦略

SEOは上記の事を守ってバンバン記事を投稿すれば良いとして…

リスティング広告は、やるべきかやらざるべきか、やるとしたらどうやるべきか?

やるかやらないかで言えば、やったほうが良い

お客様になりそうなワードがあるかどうかは、実際検索して調べてみましょう。

「任意整理+池袋」とかでしらべてみると、びっしり広告が入っていますね。

広告が入っている=需要がある…と見ていいのではないでしょうか?

ただ、需要がある=競争が激しいでもあるので、しっかり絞りこんだ検索ワードを狙えるかがカギになりそうです。

理解しておく、絞り込み方の基本

検索ワードの絞り込み方には大まかに分けて2つの種類があります。

部分一致は、設定したキーワードが含まれている場合に広告が表示される方法です(例「任意整理」の部分一致=「任意整理 池袋」でも「任意整理 〇〇法律事務所 評判 」でもでてきます)。

完全一致は、設定したキーワードと完全に一致した場合にのみ広告が表示される方法です(例「任意整理 池袋」の完全一致=「池袋 任意整理」では表示されない)

Google・Yahoo!ともに、どの地域の人の検索結果に表示させるか、という設定もできますのでしっかりしておきましょう。

たまに東京の検索結果に鎌倉の法律事務所が出ていたりしますが…盛大なミスです。

路線や地域などで顧客になりそうな地域を絞って、SEO対策で取り切れなかったキーワードへの出稿が良いと思います。

きちんとした運用ができていれば通知簿がつく

きちんと運用が出来ていると、Google・Yahoo!ともに、広告運用に対して通知簿みたいなものをつけてくれます。

Googleでは品質スコアと呼ばれるもので、Yahoo!では品質インデックスといわれています。

実はリスティング広告への出稿は単純なクリック単価の入札制度ではないのです。

「入札単価×品質スコア=広告ランク」という方程式があり(Googleの場合)、

この広告ランクの優劣で広告の順位が変わります。

1クリックあたり500円で設定しているA法律事務所の品質スコアが2だとすると広告ランクは1000ですね。

上手な運用をしているB司法書士事務所が品質スコア6だとすると、200円の入札で広告ランクは1200になり、

半分以下の入札でも上位に表示できるようになります。

初期の値は6です。3を下回るようだと上手に運用できていないとみるべきです。

検索連動型広告以外にも効果があるもの

検索結果画面に連動して表示させる広告の事を「検索連動型広告」といいますが、それ以外にも有効な方法はいくつもあります。

できれば、リターゲティングという、一度ホームページに入ってきてくれた人にバナー広告を配信する方法も設定すると良いと思います。

リターゲティングはfacebookで表示できるようにするのが最もコスパが良いようです。

クリック単価が高すぎて…という場合には、YDNのサーチターゲティングという方法によるのもいいでしょう。

実は最初に手をつけておきたい、ホームページ

いままで「どうやって流入を増やすか?」という点に絞ってお伝えさせていただきましたが、

流入を増やしても、ホームページがいまいちだと結果が振るいません。

一定のデザイン性にも優れてかつきちんと見てくれた人に訴求するホームページ・ランディングページの作成は、

実はすべての対策をする一番最初にやるべきことと考えています。

(といっても、某法律事務所のような法律違反を犯した広告表記は慎みましょう…。)

まとめ

このページでは、どうやったら「債務整理」「任意整理」の顧客を「独力」で獲得するにはどうすればよいか?

という事をお伝えしました。

自信がないようであれば集客コンサルタントにしっかり依頼をする事は必要となります。

私は継続ではなく、スポットで「今から何をやるべきか?」というお手伝いならさせていただいています。

(普段会社員なので、夜間か土日でお願いします。)

是非お問合せください。



任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す

北海道・東北
北海道|青森県|岩手県|秋田県|宮城県|山形県|福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県|群馬県|栃木県

北陸・甲信越
新潟県|山梨県|長野県|富山県|石川県|福井県

東海
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県

近畿
大阪府|京都府|兵庫県|奈良県|滋賀県|和歌山県

中国・四国
鳥取県|島根県|岡山県|広島県|山口県|徳島県|香川県|愛媛県|高知県

九州・沖縄
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県

このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい