Q:

任意整理返済期間が10年になる可能性はありますか?

債務の総額を考えると、60回(5年)での任意整理は無理そうです。

これが10年くらい返済期間で分割してくれるとなんとか払えると思うのですが…。

どうにか任意整理返済期間を10年にする方法はないでしょうか?

A:

基本的には任意整理返済期間60回(5年)が基本です。

ちかごろはその返済期間を36回(3年)までしか認めてくれない場合もあります。

しかし、場合によっては返済期間を10年にしてくれる例もあるようなので解説します。

任意整理返済期間の考え方

任意整理ができるかどうかは基本

「総債務額」/「36回(3年)or60回/5年」

で検討をします。

相談当初の方針の決め方として、債務総額はいったん

弁護士司法書士事務所に相談した際に

自己申告した情報としての債務の総額で考えますが、

過払い金などの存在がある場合にはこの「総債務額」は

利息制限法に基づく引き直し計算をする事で減ることもあります。

ただ、いずれの場合にしても任意整理自己破産個人再生

いずれの方向に向かって手続きをするかは、

依頼の時に決めておかなければなりません。

なぜ36回(3年)or60回(5年)なの?

任意整理

借金があることをしっかり認めた上で、

・長期間にわたって金融期間に交渉して

・基本的には利息なしの支払いをお願いする

ということが基本になります。

36回(3年)あるいは60回(5年)は、

その借金の支払いができる限度、と見られており、

もし総債務額がこれを超える場合には、

支払い自体が無理である、と考えるのが通常です。

上記はあくまで原則!他にも判断要素がある

長期分割には以下のような消費者金融・信販会社の社内規定があります。

最低返済金額

月々3,000円~月々5,000円の支払いを下回る場合には、

消費者金融等は和解に応じてくれないことが多いです。

例えば10万円を36回分割するとすると、月々の支払いは2,700円前後で、

となると消費者金融等はほとんどのケースでこれを拒否します。

ですのでこのような場合には36回を下回ることがあります。

借入期間

たとえば借り入れ期間が1年を切っている場合に

返済期間10年かかっても払うって言っているんだからいいんじゃないの?

金融機関は次のように考えています。

36回(3年)・60回(5年)でも払えないものは払えない

実は任意整理を最後まで払う人って、極めて少数なのが現状なようです。

そのため、従来60回(5年)での和解を認めていた金融機関も、

払わないのであれば自己破産してほしい…という判断をします。

なぜ、自己破産してほしいの?

金融機関は債権について区分がされており、

いわゆる「不良債権」に区分される債権が増えると

国から行政指導を受けることになります。

任意整理に応じた支払い」は金融機関にとっては、

この債権区分の悪い債権になるのです。

ですので、そのような債権が増えるくらいだったら、

さっさと自己破産してもらって、

債権は無くなったたとして、会計処理したい

というのが金融実務の実情です。

では、任意整理返済期間が10年になることは絶対にないのですね

といわれると、

「可能性はある」というのが実情です。

どのような場合でしょうか。

金融機関の中には、破産する前に債権を処理してしまう場合がある。

金融機関の中には、自己破産をしなくても債権を処理(貸し倒れといいます)処理をすることがあります。

この場合金融機関はすでにこの債権について返還してもらうように交渉する必要がなくなります。

ただ、業務フローとして、何ヶ月に1度かは現状を確認しなければならないようです。

その時に「もし任意整理に応じてくれるなら返済期間が10年になってもかまわないよ」

という返答をする事があります。

なぜなら、返してもらえたら、すでに処理した中から帰ってくるだけで銀行としては、

何の危険もないという事になるからです。

任意整理返済期間を10年にするための作戦を組んでくれるのは?

以上のような金融機関の債権処理の区分について知っていて、

どの金融機関がそれに応じてくれるか?という事を知っている

債務整理専門」の弁護士司法書士以外にはありえません。

まとめ

このページでは、

債務整理返済期間は基本的には36回(3年)が限度、

長くても60回(5年)が限度で、

基本的にはそれ以上の返済の和解は、

金融機関の法律システム上のシステムから認められないのが原則

という事を知っていただいた上で、

ごくまれに、このシステムをかいくぐれば返済期間が10年になる

ということもあるという事があるので、

まずは専門の弁護士司法書士に相談してみましょう。



このページの情報は

役に立った役にたたない※専門家・同業者に耳よりなニュース

任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい