だれだって「任意整理をしている」とバレないで手続きを行いたいものです。

このページでは、どんな瞬間に誰にバレる事が多いのか?

それを回避するにはどのようにするのが良いのか?

ということについて御伝えします。

これから依頼する人のみならず、任意整理に自信のない弁護士司法書士の先生も必見です!

バレない「任意整理」のテクニック集1:家族編

ではまず、家族(夫・妻・子供・両親)にバレないためにはどうすればよいでしょうか。

バレない郵送物の工夫

やはり一番家族にわかってしまう可能性があるのは郵送物です。

書類のやり取りにどのような作業が発生するか見てみましょう。

契約書面・委任状・和解書の送付

たとえば電話で依頼を申し込んだ、あるいは一度相談をして後ほど電話で依頼した。

このような場合には契約書面・委任状の送付

和解書の送付もまた必要になります。

この書類の受け取りを家族がやってしまって中身を開けられてしまいバレるケースがあります。

それではバレないための秘訣は何でしょうか?

弁護士司法書士の事務所名を隠す

まずは「◯◯法律事務所」であったり「◯◯司法書士事務所」という

事務所が作った封筒で送付をすると、

まずそれを見たら「弁護士司法書士からの書類って何!」

となって開けてしまうことが多いようです。

ですので、家族に秘密…という場合には弁護士司法書士個人名で郵送するのが良いでしょう。

できれば「親展」と書いておくことも必要でしょう。

局留めを利用する

家族が日常的に書面を開封する場合には、

このような場合にはもはや「親展」と書いても仕方がないので、

(そもそも「親展」の意味を知っている人も減っているのだとか)

局留めを利用しましょう。

会社に送ってもらう

中には会社に送ってもらうという方法も可能です。

必要に応じて取りに行く

局留めだと「タイミングが合わない」という事もあるので、

タイミングを合わせて取りに行く、渡しにいく

という事もあり得ますね。

郵送元が裁判所からの場合

もしもあなたが支払いが遅れた、差し迫っていた

いろいろな理由から裁判をされてしまうケースがあります。

この場合、裁判所は貸金業者に届け出をしてある、

あなたの住所地に対して「特別送達」という、

書留の形式で送付をしてきます。

「書留」のような形で本人に受け取ってもらうのですが、

宛先が「◯◯裁判所」となっているので、

びっくりして開けてしまうという事があります。

事務所で受け取ってくれればよいではないか?

と思うでしょうが、システムとして受け取れないので、

もし「裁判されるかも」という場合には、

弁護士司法書士に「逆に裁判を起こす」という

アクションをお願いしてもいいと思います。

分割請求を求める裁判を起こしてもらうのです。

請求理由としては、「手元不如意の抗弁」といって、

要は「お金がありません!」と主張するのです。

この間にさっさと任意整理の和解をまとめてもらったり、

支払えない場合には、自己破産や民事再生といった手続きに変更をします。

バレない電話の工夫

次に、弁護士司法書士・その事務員(パラリーガルといわれます)との

連絡手段についてです。

家族に内緒なのであれば、会社や携帯にかけてきてもらえばOKでしょう。

しかし、これ本当に多いのですが、

依頼をしてお金を払わなくてよくなった瞬間に、

連絡がつかなくなる…という方がいらっしゃいます。

この場合には自宅に電話・郵送物で連絡を促す通知

こういったものを送らなければならない、

という事も頭にいれておきましょう。

バレない「任意整理」のテクニック集2:会社編

では次は「会社」にばれないようにするにはどうすればよいか

について考えてみたいと思います。

書類送付について

上述のように自宅への送り先を会社にしている場合、

あなたの職場のポジションとして、

弁護士司法書士との日常的なやりとりがあるなら別ですが、

通常ないですよね。

ですのでこの場合も、できれば個人名でのやりとりが望ましいです。

連絡先について

もちろん職場でこそこそ携帯で電話できない場合もあるので、

職場にかけてきてもらうというのは一つの選択肢です。

この場合もできれば個人名を名乗っていただくのがよいでしょう。

会社から借り入れをしている場合

会社ではないですが、公務員の方なら共済が、

それ以外の方でも会社が独自の貸付制度を敷いていて、

それに応じて借り入れをしているような場合には、

ここを債務整理の対象にすると、会社にバレてしまいます。

ですので、会社からの借入は任意整理の対象から外すという必要があります。

バレない「任意整理」のテクニック集3:近所編

任意整理をして近所にバレることがあるの?

とお思いかもしれませんが、

場合によってはあるのです。

不動産の差し押さえ・競売になったら

裁判をされてしまって、判決が確定すると、

不動産(家・土地)の差し押さえができます。

また、住宅ローン債権者が居るような場合には(銀行や住宅金融支援機構)

その債権を債務整理の対象にして債務整理をすると、

「抵当権」という権利にもとづいて家・土地を差押・競売にかけられます。

その結果立ち退きという事を余技なくされるので、

ご近所さんにバレてしまう可能性があるのです。

回避するには?

普通に任意整理の対象に住宅ローン債権者を含まない。

住宅ローン債権者を含まないで任意整理が難しい場合には、

「任意売却」という方法による方法をとることで、

回避をする事ができます。

通常は任意整理も難しい状況にあると思われるので、

民事再生手続き(住宅ローン条項)を利用するのが良いと思います。

任意整理を上手にするには、回りの協力を得ることも大事

バレないテクニックばかり書いてきましたが、

任意整理は残った債務を36回の3年・60回の5年という

長きに渡って支払っていく手続きです。

しかもその支払いは2回以上遅れると「失敗」になってしまい、

一括請求の対象にされます。

3年・5年の間に、不謹慎な話をあえてしますが、

亡くなりそうな親類はいらっしゃいませんか?

その瞬間に香典等でいっきにお金がかかる事もあるのです。

いっそ、家族や近しい方にはできればお話しして、

何かあった際には協力を得られるほうが、

任意整理を「成功」させるという意味では、

うまくいく事のほうが多いです。

まとめ

このページでは、任意整理をバレないでするための方法を

「なぜバレるのか?」という事を起点にして、

お伝えをさせていただきました。

家族にバレないようにしようと思うと会社にバレたり、

結局内緒にできるケースはそんなに多くないのです。

あなたの状況で上手く債務整理ができるかどうか、

一度専門家にお話ししてみるといいかもしれません。



このページの情報は

役に立った役にたたない※専門家・同業者に耳よりなニュース

任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る

あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


このページの作成者に公平な意見を求めたい