単にお金の借入でしょ?という方も、一度自分がしているこの「借金」というものがどういうものか?

という事を知っておくことは有益だと思います。

借金とは

他人から金銭の借入をする事をいいます。

法律上はどのような扱いをされるのか

金銭の貸し借りの事は「消費貸借契約」といいます。

貸した側は「債権」をもっているので債権者と呼ばれます。

借金をした側は「債務者という言い方をします。」

契約の内容は「元本を返す事」が最低限度の契約で、

利息を付けること」が基本的な契約内容になります。

他人からの借入

自分から自分に貸すことはできないのは何となく想像つきますね。

たとえば親から借入をしていて、一人で相続した場合には、

債権者は親から相続した自分、債務者も自分という事も発生します。

このような場合には原則とし債務は消滅することとなっております。(法律上、混同と呼ばれています)。

金銭の借入

借金は「金銭の借入」になります。

借金をしている人はどんな義務を負っているか

借金をしている人は次のような義務を負っています。

返済をする事

当然ながら返済をする事は基本的な義務です。

これは当然に必要となります。

返済ができない場合の義務

返済ができない場合について書いた義務は法律上はありません。

しかし相手方が貸金業者である場合には、

貸金業者は「貸倒償却」という会計上の処理をしなければなりません。

これに協力する義務は間接的に持っているでしょう。

具体的にいうと、自己破産個人再生手続きを取ることが考えられます。

借金は人に知られるか?

借金は基本的には人に知られる事はありません。

しかし、借金をしている情報は、信用情報機関といわれるところに

データとして保存されています。

探偵はこういうものを見抜く力があるので、

就職にあたって探偵を雇うようなところ、結婚にあたって探偵を雇うような場合には

必ずわかってしまうと考えておいたほうがよいでしょう。



あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る