弁護士に対して「司法書士」という職業があります。

この「司法書士」という職業について詳しく見てみましょう。

これをできるのが司法書士

司法書士とは

司法書士とは、裁判所・法務局に出す「書面の作成の代行」を司法書士法に基づいて行う人です。

弁護士法との関係

裁判所や法務局に提出する書面の作成の代行業務は「法律事務」にあたるため、

弁護士法に違反するのでは?とお思いの方がいらっしゃるかもしれないのですが、

弁護士法は別に法律を作っている時には例外をみとめており、

司法書士法」という例外で認められているのです。

裁判所・法務局に提出する書類って?

たとえば、債務整理の関係で言うと、特定調停書面や自己破産・民事再生書面の作成です。

それ以外で主に司法書士が活躍する分野といえば、法務局に提出する不動産登記書類の作成・商業登記書類の作成です。

「認定司法書士」になる事によって任意整理ができる

司法書士は「認定司法書士」になる事によって、訴額が140万円以下の簡易裁判所で取り扱える件の代理をすることができます。

その結果、借入額が140万円以下の債務整理の受任をすることが可能です。

弁護士に出来て司法書士ができない事

弁護士にできて司法書士に出来ない事は自己破産個人再生で法廷に同行してもらう事です。

ただ、法廷で行う事はそんなに法的な議論を交わすことはなく、

なぜこんなに債務を負うことになったのか?これからどのように生活していくのか?

といった基本的な事しか質問されないため、弁護士についてきてもらう必要性自体があまりない

とも言われています。

ただ、東京地裁に申し立てをする場合には、「即日面接」という手続きがあって、

これによって自己破産手続きで管財人がつくかどうか決まるので、

東京地裁に関しては弁護士の方がいいのかもしれないという所はあります。



あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る