借金をしていたが、実家に戻っていたので督促等何も受けずに長年が経過したとします。

この時に住民票の住所が旧住所に残っていると、貸金業者は旧住所にしか請求できません。

(※なお、住民票の異動を知らせるのは法律できめられており、罰金が科せられる可能性があります)

安心してあたらしい住所に住民票をうつした瞬間に債権者から通知がくる事になります。

そういった場合に「時効」という制度があるのはごぞんじでしょうか。

このページではどうやったら時効になるのか?という事とその方法についてお伝えします。

時効とは

時効とは、ある状態が長時間続いた場合に、その状態にしてしまおうという法律の規定です。

取得時効と消滅時効に分かれます。

取得時効

自分のものではないのですが、手元にあるものは時効で自分のものにすることができます。

借金の消滅とは関係ないのでこういうものがあると知っておいてください。

消滅時効

たとえば債権のような請求権だと、長期間請求をしない事は「ないのと同じ」という事が起き、

権利が消滅してしまう事をいいます。

借金は貸金業者からすると債権なので、消滅する可能性があるのですね。

借金が事項になるための要件

借金が事項になるためには以下の3つの要件を満たさないといけません。

法律で定められた期間の経過

法律で定められた期間の経過が必要です。

債権については原則10年とされています。

ただし貸金業者等の商行為に基づく債権には商法の時効に関する条文が適用されて(商法522条)

商売でやっている貸金債権についての時効は5年となっています。

時効が中断されていないこと

借金時効について、時効が中断されていない事の必要があります。

時効は絶対に5年ないし10年で終わるわけではありません。

きちんとした手続きを踏めば、カウントをしなおしてくれる制度があります。

これを時効の中断といいます。

借金の場合の時効の中断は以下の2種類が想定されます。

訴訟を実は起こされていた

相手方が逃げてしまっていない場合でも、

「公示送達」という手段を使って訴訟を行う事自体はできます。

裁判を起こされてしまうと時効は中断します。

債務がある事を認めますという書類にサインをした

時効の期間が過ぎたあとでも、貸金業者と話し合って、

債務がある事について認めるような処理をした場合には、

時効が中断することになっています。

「援用」をする事

時効は時間の経過だけでは成立するものではありません。

そのため、「援用」をする必要があります。

時効の「援用」というと何をすればよいの?

となると思いますが、基本的には相手に通知をすることです。

借金時効が成立したら内容証明で貸金業者に送る!

時効の仕組みはわかったとして、「援用」とはどうやってやるのか、

という事が次の問題になりますね。

お知らせをするにあたっては「内容証明」を使う

では、手紙を書いて相手に知らせればいいのか?

というとそういう事でもないのです。

もし相手が裁判をしてきた場合に、あなたが「あの時借金時効の援用通知を送った」と証明する必要があります。

貸金業者は「受け取っていない」とも言えますし「手紙は来たけど、債務の承認をした」とも言えます。

相手に「借金時効の援用をしました」という事の証明には内容証明郵便を使います。

内容証明郵便は、記載した内容を国が証明してくれる郵便物です。

どんな内容の手紙を送ったか?という事を証明してくれます。

併せて「配達証明」というものもオプションとしてつけます。

これがあると「いつ相手に届いたか」という事がわかります。

内容証明+配達証明で「借金時効援用の通知がいつ届いたか」という事証明できます。

借金時効援用の内容証明は自分でやってもいいの?

はい、全然大丈夫です。

本人がやってはいけない、という法律はありません。

ただ、債務整理の専門家に依頼をしているのと違う窓口に行く可能性があるのと、

記載事項に誤りがあると、受け付けてもらえないので、できれば専門家に相談しましょう。

借金時効援用の内容証明には何をかけばいいの?

借金の事項の援用には何を内容証明に書けばよいのでしょうか。

日付・差出人・受取人

日付は内容証明を出す日の日付を記載します。

差出人の事を内容証明では「通知人」という言い方をし、

受取人の事を「被通知人」という言い方をします。

題名

「通知書」というタイトルで書面を記載します。

債務の内容についてわかること

ただ単に「借金の事項を援用します!」というものですと、

内容が不明確なのでわかりませんという返事をされる可能性があります。

債務の内容がはっきりと特定できる情報を記載します。

契約書が手元にあるとき

契約書面にある事項を記載しましょう。

特に契約日についてと、契約にあたって顧客番号のようなものがついていれば、

それを記載します。

請求書が手元にあるとき

請求書が手元にあるときには、その請求書にある事項を記載して、

どの債権かを特定しましょう。

特に請求日、会員番号、請求額を記載すれば相手は認識可能になります。

時効を援用する」という事項

かならず文中に「商法522条に基づいて消滅時効を援用します」といった、

この書面が借金時効の援用の書面であることを必ず記載します。

内容証明はフォーマットが決まっている

内容証明の書き方が分かったら、次は内容証明のフォーマットに落とし込みます。

通常はWordで作成をしております。

文字の大きさは標準では10.5なので、12になおします。

1行の文字数・行数・禁則処理といった事の設定をします。

よく使われるフォーマットは1行26文字以内で、20行での設定です。

内容証明のフォーマット

例えば次のようになります。


平成◯◯年◯◯月◯◯日
(通知人)
東京都◯◯区◯◯町1-2-3
時効太郎 
(会員番号 1234-5678)

(被通知人)
東京都◯◯区◯◯町2-3-4
借金ファイナンス株式会社

時効援用通知書

被通知人が平成30年1月21日付け書面ををもってした

請求内容については、商法522条に定める期間の経過を

経過しております。

そこで、本通知をもって消滅時効の援用をいたします。

以上


日付と以上は右寄せ。通知書のタイトルは真ん中よせにすると見栄えはよさそうですね。

借金時効の内容証明を出す方法

作成した借金の事項の内容証明はどうやってもってゆけば良いでしょうか?

3部作る

同じ内容のものを3部つくります。

1通は郵便局が保管してくれるもの、もう1通は相手に届くもの、もう1通は自分の控えになります。

相手に届ける用の封筒を作る

相手に届ける用の封筒もつくらなければなりません。

これは、内容証明の記載事項と同一にしてください。

内容証明を取り扱っている郵便局を探す

内容証明郵便は郵便局であればどこでも取り扱っているわけではありません。

ですので、内容証明郵便を取り扱っている郵便局(大きなところ)に問い合わせましょう。

窓口に赴く

窓口に赴き、内容証明郵便を提出してください。

この時に絶対に、「配達証明つけてください」という事を忘れないようにしましょう。

借金時効相談するならどの士業?

やっぱり一人でやるのは不安なので、専門家にまかせたい…

という場合にはどの士業に頼めばよいでしょうか。

弁護士

弁護士は法律に関する取り扱い時効であればなんでも扱うことができます。

司法書士

司法書士債務整理の一環として受任をする事ができます。

行政書士

内容証明は行政書士の管轄でもありますので、行政書士に相談する事もできます。



あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る