任意整理のメリットとしては、「利息が0になる」という説明がよくされます。

この「利息が0になる」というのはどういう意味なのでしょうか。

このページでは利息の中身と、何がどうカットしてもらえるのかについてお伝えいたします。

任意整理でカットしてもらえる「経過利息」とは

任意整理でカットしてもらえる利息について「経過利息」とよばれるものがあります。

経過利息とは、その字の通りなのですが、支払期日が経過しているのも関わらず、支払いをしていない利息の事をいいます。

経過=過去の利息ですね。

金銭の借入をするときには元本と利息の両方を同時に払わなければならないのが原則です。

支払いをしていない場合には支払い期日が経過した利息も請求として乗ってくる形になります。

任意整理でカットしてもらえれる「将来利息」とは

任意整理でカットしてもらえる利息のもう一つに「将来利息」というものがあります。

こちらもその字の通りなのですが、将来発生する利息の事をいいます。

ようするにこれから先発生するはずの利息についてもカットしてもらえるという事になります。

経過利息将来利息はどこを基準にするか

ちなみにこの「過去」であるとか「将来」を決めるにあたっては、どこかの時間が基準になるはずです。

それは「貸金業者との和解が成立した日」がこれにあたります。

任意整理は遅延損害金もカットしてくれる

経過利息が発生しているという事は基本的には支払いに遅れが生じている…という状態ですね。

このような場合には経過利息のほかに「遅延損害金」というものも請求される事になります。

こちらも任意整理をするするとカットをしてくれる対象となります。

長い間支払いができていないような場合には元本額の何倍にもなっている遅延損害金が発生している可能性があります。

任意整理はこのような場合にものすごい威力を発揮してくれる事になります。

利息がカットできない場合

今までの話はあくまで原則論です。

たとえば、返済を一度も行っていない・借入期間が短い・裁判をおこされて勝訴の判決を取られた、といった事情がある場合には貸金業者も強気の姿勢になります。

その結果、「本件の和解では経過利息の一部は主張させてほしい」「将来利息は今回は譲れない」というような和解交渉になる事がしばしばあります。

債務整理に長けた弁護士司法書士に依頼をしましょう

貸金業者は、どこの弁護士司法書士債務整理についての専門性をもっているか、ということをデータベースとして持っています。

その結果、滅多に債務整理をしないような弁護士司法書士相手には少々請求を強める傾向にあります。

ですので「経過利息」「将来利息」あるいは「遅延損害金」が発生しているような場合には、

債務整理が得意な弁護士司法書士に依頼すべきでしょう。



あなたの近くの任意整理に強い弁護士・司法書士を探す


北海道・東北
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

関東地方
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県群馬県栃木県

北陸・甲信越
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県

東海
岐阜県愛知県三重県

近畿
大阪府京都府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

中国・四国
鳥取県岡山県広島県山口県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄
福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県


このサイトのお勧めの任意整理に強い弁護士・司法書士はこちら

ウイズユー司法書士事務所
相談無料で着手金も安いので、当サイトが一番お勧めしているサイトです


東京ロータス法律事務所
弁護士 岡田優仕


弁護士法人サルート法律事務所


クレアティオ法律事務所
弁護士多田浩章


アヴァンス法務事務所
※司法書士


任意整理についてもっと知る

任意整理に関する知識よくある質問体験談が含まれているページ業者別の対応

最新情報が載っている他サイトも見る